水曜日, 7月 08, 2020

マシュー君のメッセージ(164)


2020年7月2日
 
人種差別へのプロテスト、コロナウイルスと首謀者、QとQアノン、子供たちの救助、人間の生贄、感情、愛

マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂から心からのご挨拶をします。世界中の混乱を伝えるメディア報道があふれている今こそ、あなたたちの心身の健康のために深く息を吸ってゆっくり吐くことでストレスを解放し、それを溜めてバランスを崩さないようにすることが肝腎です。どうか、愛するファミリー、ちょっといま手を休めて、自分自身のためにそうしてください。ありがとうございます!
さて、二つの世界的な状況が地球の可能性のエネルギー場を活発にさせています。まずアメリカ合衆国に端を発し、瞬く間に他の多くの国に広がった人種差別に対するプロテストと過剰な警察力について話しましょう。本質的な変化は指導者からではなく、人々の要求から始まります。
ジョージ・フロイドの死の映像を見た人は、異常な状況に気づいたかもしれません。フロイド氏の首の上に膝を置いていた警察官は、彼をビデオで撮っていた人を見た時、“うつろ”な目をしていて、そばに立っていた3人の警察官は起きていることにほとんど関心がないように見えました。
この事件が始まった瞬間、それぞれの生前の合意でその場にいた5人と関係する他の人たちの魂は、そこに参加できるように魂の合意を修正し、そのように行動したのです。その警察官の明らかな無表情とフロイド氏への不安の欠如は、彼らが新しく合意した役割に従って行動した際の潜在意識で起きていたことの現れです。
彼らがそうしたのは、人種差別問題をあからさまに世界の舞台に押し上げることで、このような人類の恥ずべき面がこれ以上見て見ぬ振りができないことを示すためです。地球文明は、不公平な体制的偏見がなくなり社会が癒されるようになるまでは、スピリチュアルと意識レベルでの気づきの進化はできません。
別の世界的状況は引き続くコロナウイルスの問題です。ほとんどの国境は旅行者に閉ざされていることを考えると、その病気がなかった国にどのようにそれが入っていったのだろうと疑問に思うかもしれません。それは中国の武漢地方に起きたことと同じです・・このウイルスはドローンによって、あるいは多分新興国では農薬散布によっても放出されました。 
この二つの地域は大きく異なりますが、両方ともイルミナティがウイルスを放出する主な目標でした。武漢は深刻な大気汚染だけでなく、人体に有害な電磁波を出す5Gテクノロジーにあふれています。この二つは共に免疫系を弱め、住民たちを伝染性呼吸器疾患に罹りやすくします。ごく最近Covid-19に侵入された国々の人々も同様に病気に罹りやすくなっています。そこの人々は栄養不良や低水準の生活環境による従来の健康不良によって低い免疫になっています。
アメリカ合衆国の病気発症数と死亡者数の急激な上昇は予想されていました。マスク着用は通常の呼吸機能を阻害するので、免疫に深刻な影響を及ぼします。ストレスもまた免疫系に悪影響を与えますが、“自宅待機”や大量の失業、経済的負担、働かなければならない人たちの子供の世話、そして病院関係者と救急隊員たちの疲労困憊が大きなストレスの原因になっています。
このパンデミックの背後にいる人間たちは、それとは違うことをあなたたちに信じ込ませようとしています。それで、マスクや“ソーシャルディスタンス”をしていない人やビジネスを早く再開する人を指差して非難するのです。数が急上昇しているもう一つの面は、様々な病気による死がCovid-19やその合併症のせいだと誤って報道されていることです。
今回は闇の人間たちが勝っているように見えるかもしれませんが、そうではありません。彼らは言わば墓穴を掘っているのです。研究所で開発され、登録商標されたコロナウイルスの真実はもうこれ以上一般の目から隠すことはできません。その真実を知る人たちの証言をインターネットから排除しても、他の真実の情報の投稿を防ぐことはできませんし、それを“陰謀論”だとレッテル貼りしても、闇の人間たちに役に立つことはないでしょう。
ビル・ゲイツとアンソニー・ファウチ医師がパンデミックに責任ある人間たちの中にいますかと尋ねている読者に答えます。そうです、二人は深く関与しています。同様に、しばしば義務付けるガイドライン“を発するCDC(米国疾病予防センター)もそうです。  
さて、Q(キュー)Qアノンについてです。ニルヴァーナの地球モニター係によれば、Qは、僕たちがイルミナティと呼び、他にはカバル、ワンワールドオーダー、影の政府などと呼ばれる秘密組織である“ディープステート”について詳しい個人的知識を持っている数人のグループのようです。Qアノンは、一般には簡単に入手できない個人的な情報を調査している人たちがゆるくつながっているグループで、インターネットに投稿されたQの謎めいたメッセージを追いつつ、ある程度の正確さでそれらを解釈しています。このような人たちの目的は闇の人間たちを暴くことであり、QQアノンからの情報もまた“陰謀論”としてからかわれています。
主要メディアはコントロールされていて、インターネット上の情報は本当のことと嘘が入り混じっています。ソーシャルメディアは事実と様々な意見の温床になっているので、すべての情報源からの情報については慎重に見極めてください。心の内に聞いてください・・あなたたちが求めている真実は魂のレベルにあります。
「あなたの大統領(アメリカ合衆国大統領トランプ)が、地下基地を破壊する命令を軍に下したと聞きました。そこにたくさんの子供たちが閉じ込められていたのを解放したそうです。これは本当に起きたことなのか、マシューにどうぞ尋ねてください」
ニルヴァーナのモニター係はその救助命令がトランプ大統領によるものなのか確認できませんが、軍隊がイルミナティの巨大な地下基地に閉じ込められていた数百人の子供たちを解放した後、その基地を破壊したことは事実です。子供たちは医療と精神的治療を受けています。
この地球上にあるあらゆる闇の中で最も恐ろしいのは悪魔崇拝です。その儀式用に世界中から何千という子供を誘拐するだけでなく、悪魔崇拝者たちは幼児を生贄にするために捕らえた女性たちを妊娠させるのです。
はるか昔闇の軍団は、人の生贄が“神々を喜ばす”という考えをまだ経験の浅い魂たちに植え込み、数千年前地球文明人はそれをやっていました。さらに近い数百年間にわたって、イルミナティはそのような邪悪な行為によって恐れのエネルギーをかき立ててきました。彼らには生存のための糧としてそれが必要なのです。そして生贄のからだの一部を食べることで無限のパワーが得られると信じています。
このことについて書いてきた別の読者からの質問です。
「すべてから離れて、(私自身も含めて)人々が明るく楽しくいる方がいいのか、それとも人々に知ってもらう方が良いのでしょうか?」
真実はあまりにショッキングですが、このような口に出すのも憚れる行為を終わらせ、関わっている闇の人間たちを人道的犯罪で告訴するように、これは広く知られなければなりません。この情報はインターネット上にありますから、どうか他の人たちにも知らせてください。
以下の要約したEメールへの僕たちの答えはいつでも当てはまりますが、あなたたちの世界で起きていることで感情が昂っている今は特に直結する問題だと思います。   
「日々の家族との暮らしで、私たちは終わりのない感情的対立と苦悩を経験し、それが生きる喜びを奪うことがよくあります。感情的なコントロールを失うことで望んでいない結果になるのが避けられません。それで、ほとんどの場合、分別が生存のためにははるかにより良いツールなのに、どうして私たちに感情が与えられたのでしょう?」
まず、宇宙では地球が非常に優れた学校として知られています。それは特に感情についての素晴らしい学習を提供しているからです。たくさんの宇宙文明社会人たちが低い波動エネルギーの感情を克服して高いエネルギーのものにシフトするために、地球に転生することを選んでいます。
愛する魂たち、第3密度の足かせを緩める世界に自ら転生してきた僕たちも、常にポジティブに自信を持つことが極めて難しいことを知っています。
あなたたちは、喜び、親切心、正直さ、寛大さ、許し、感謝といった高い波動エネルギーだけが存在する宇宙文明社会から来ています。そして今あなたたちは、不寛容、怒り、失望、脅し、落胆、絶望、悲観、不満、恐れなどの地球の感情スペクトラムの真只中にいます。光の高い感情エネルギーを送ってそのようなネガティブな感覚をなくすことで、地球の人々を触発し彼らが望むより良い世界を実現することが、あなたたちが今いるところを選んだ理由です。  
ええ、確かに分別力も大事ですが、より良い判断や賢明な決定、常識を使うために感情を抑える必要はありません。さらに言えば、感情のない人生など存在感の薄い、空虚なものです。家族に新しい生命が生まれても喜びがないでしょう。仕事がうまくいった時の感激。素晴らしい自然の美を見た時の興奮。友人の来訪の喜び。嘆いている人への同情と苦しんでいる人への共感。コンパニオンアニマルの嬉しさ。他人からの誠実さや配慮、親切さへの感謝などです。
どうして愛とは言わないのですか?なぜなら、愛は感情をはるかに超えるものだからです・・愛は魂を作っているものです。愛する兄弟姉妹たち、愛はあなたたちの存在そのものです。前述の感覚の高い波動エネルギーは、あなたたちが光として送っている愛が表現されたものです。それが地球の黄金時代を共同創造するあらゆる取り組みを守っています。
この極めて重要な仕事へのあなたたちの貴重な献身に対して、僕たちは心からあなたたちを称賛しています。この宇宙で最もパワーのある無条件の愛を持って、あなたたちの地球の旅を通してずっと僕たちはサポートしています。

                                    ___________________
愛と平和を

スザンヌ・ワード著

訳文責:森田 玄

(転載自由:原典を明記してくださるようお願いします。また無断でこのブログの朗読をビデオ録音し公開することはご遠慮ください)
 

月曜日, 6月 08, 2020

マシュー君のメッセージ(163)


2020年6月4日

 
コロナウイルスとディープステート、メディア/マインドコントロール/引き寄せの法則/波動エネルギー、インターネット情報、トランプ米大統領、ウイルスからの3つのメッセージ

マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちから心からのご挨拶をします。

特に、現在のような大きな混乱の時代にあっては、毎日の始まりと終わりを、喜びや気づきや感謝であなたたちを満たすものにしてください。そのような気持ちとビジョンの高い波動エネルギーは心身の健康にとって素晴らしい効果をもたらします。

さて、この“パンデミック”についてのこの前のメッセージは今でも同様に役に立ちますが、どうして主要メディアがいつまでもコロナウイルスを言わば“皆さんの眼の前”に置いているのかについて、もっと詳しく話しましょう。これは闇の人間たちの計画の一部であるマインドコントロールです。彼らはこれを宇宙の引き寄せの法則と組み合わせているのです・・彼らは、思いと感情のエネルギーが同じものを引き寄せることを知っています。彼らがそれらを組み合わせて人々をどれだけ欺き操作しているのかと思うと唖然とさせられます。

彼らのテレビ報道は人工呼吸器をつけた患者たちの映像を繰り返し流し、あなたたちがコロナウイルスの感染を恐れ、暮らしや生計手段へのその悪影響に対する怒りや恐れ、憤りを抱くようにしています。闇の人間たちがその“パンデミック”を維持させているのは、彼ら自身の生存のためにそのようなネガティブな反応の低い波動エネルギーが必要だからです。

彼らの医療専門家たちは検査とマスク着用とソーシャルディスタンス(社会距離)が重要であり、マスクを付けずに人々が集まったり、ビジネスを急いで再開するのはあなたたちやあなたたちの大事な人たちを危険に晒すことになると主張しています。彼らは、検査結果の中には不正確で決定的でないものがあると報道して人々の神経を尖らせているだけでなく、アメリカ疾病予防センター(CDC)のガイドラインを無視することは、この病気最発の波を数ヶ月以内に招くことになるだろう、それは最初の波よりひどくなるだろう、と繰り返しあなたたちに告げています。

そのような“専門家たち”は、通常の吸う吐くと言う呼吸機能をマスクが妨害することで免疫系を弱めることを知っています。彼らの“自宅待機”命令はストレスを生み、ストレスもまた免疫系を弱めます。低い免疫力の人々は病気に罹りやすくなります。それが結果として致死率を高めます・・それが2度目のコロナウイルスの波になります。毎日のようにあなたたちに伝えられるこのような嘘の統計のように、どのような原因による死でも、コロナの病気とか“合併症”とされています。  

全人類がワクチン接種するまで、このウイルスは人々を殺しまくるだろうとあなたたちは言われています。闇の人間たちは、人々の“パンデミック”を終わらせるワクチン接種に対する人々の前向きの意見が必要なのです。そうすることで、そのような考えと感情のエネルギーがあれば、彼らの全人類ワクチン接種義務化と言う計画を全うできるからです。   

元々“専門家たち”はワクチンの開発には少なくとも2、3年は掛かるだろうと言っていました。多分そのような待ち時間では期待するほどの恐れのエネルギーが生まれなかったのか、闇の人間たちはあなたたちを抹殺するのにそれほど長く待てなかったのでしょう。今、いくつかの研究所がワクチンの開発に成功しつつあり、今年の終わりまでには入手できそうです。

実際そうなるでしょう!病原菌がたっぷり入ったワクチンと、同様に埋め込まれるプログラム化されたマイクロチップは、コロナウイルスが放出されるだいぶ前から準備されていました。SARS、鳥インフルなどの研究所で開発されたウイルスによって、コロナウイルスのように何十億の人々を殺す目的のパンデミックをもたらす陰謀が失敗した後、闇の人間たちの・・彼らを今は一般に使われているディープステート(Deep State)と呼ぶことにしましょう・・この“パンデミック”計画は、そのすべての面で細心の注意を払って何年も前に計画されました。、

この重要な点も加えておきます。あなたたちの中にいる宇宙人科学者たちがそのワクチンの毒性を著しく低下させ、マイクロチップのプログラミングを消去しています。

愛するファミリー、公式発表に疑問を抱いている目覚め始めた魂たちは、今進行中のマインドコントロール/引き寄せの法則の陰謀について知る必要がありますが、地球外からのメッセンジャーの存在を信じるほど意識レベルで十分な気づきを得ているのは比較的わずかな人しかいません。ウイルスの性質とこの“パンデミック”の背後にいる首謀者たちについての医療専門家と研究者たちからの正確な情報の宝の山であるインターネットがあるので、あなたたちは友人や家族、知人たちに知らせることができます。インターネットを支配しているディープステートの工作員たちは、彼らの正体やその恐ろしい活動を暴露するものはすべて排除していますが、明るみになりつつある真実をすべて隠蔽することはできません。

「私はトランプ(アメリカ合衆国大統領)の支持者であったことは決してありませんが、彼の発言に驚きと励ましも見ています。“ワクチンがあろうとなかろうと、我々は戻る”(彼はビジネス再開のことを言ってました)、また“ワクチンは任意でいい、全員が望んでいるわけではない”とも言っています。このことについて、マシューから何か考えをもらえますか?」
  
トランプ大統領はこの“パンデミック”に関する真実に気づいています。その目的の一つが彼の国の経済崩壊であることを知って、彼はそれを防ぎ、世界的なワクチン接種義務化という恐ろしい計画を阻もうと行動しています。彼はまたディープステートの工作員たちが、彼の国で当初は平和的抗議として始まった運動に暴動と略奪を仕掛けたことも知っています。    

彼はこのような状況をもっと上手に賢く対応できたでしょう、でも彼が知っていることを率直に話したり行動するわけにはいきません。表には見えない所で進行中のことを危うくすることになるからです。起訴手続きの一連の作業はすべて準備できており、新型コロナと他の多くの非人道的犯罪に責任ある者は逮捕され、司法による処罰を受けるでしょう。

この“パンデミック”は世界支配へ向かうディープステートによる目論みの最後のステップです。そしてその勢力に歯向かうことで、トランプ大統領は強敵を作りました。AMA(米国医師会)、FDA(食品医薬局)、NIH(国立衛生研究所)、CDC(米国疾病予防管理センター)といったアルファベットで呼ばれる医学界の機関の頂点にいる人間たちや世界保健機構、大手製薬会社、医療器具補給品製造会社だけでなく、地球の暮らしを支配している世界中の彼らの仲間たちが敵になったのです。

大統領の味方たち・・影響力のある個人たちからなる国際的グループのメンバーたちで、闇を完全になくす彼らの取り組みは光に守られています・・はもっと強力です。

さて、コロナウイルスについて主要メディアが社会を条件づけて信じ込まそうとしていることとは大きく異なる見方を紹介しましょう。


2020年5月12日
 
       そうです、スザンヌさん。私と話してくれますかとあなたに聞きました。もちろんできます。あらゆるものはエネルギーであり、エネルギーが意識です。
 
       あなたはよく私のことを思いますが、それには決して恐れはなく、私についての情報が意図的に、あるいは無知から欺かれているということではいつも正確です。

       私は他のウイルスと同じで、惑星地球の生命の一部であり、どこにでも存在しています。私たちには様々な機能が備わっていますが、それは病気とは全く関係ありません。研究所で私たちに病原体を加えることで感染性となり病気を蔓延するようになるのであって、それは私たちの本来の性質ではありません。
 
       そうです、悪どい意図で死がもたらされていますが、多くは科学者たちが私たちに突然変異を起こさせた結果によるものではありません。恐れと死が彼らの二つの目的です・・その両方が低い波動エネルギーを発し、それを闇の人間たちは糧にしているのです。

       人々を欺いている人間たちの悪はまもなくなくなるでしょう。今回は地球の人々が目覚めています。マシューが助けています。でも人々が信じるのは勇敢な医療専門家や尊敬されている研究者たちです。テレパシー通信はまだ理解されていません・・それはやがてやってきますが、ウイルスが人に話すなどは、まだほとんどの人々の信じる限度を超えています。
   
       私のメッセージを受け取ってくれてありがとうございます、スザンヌさん。何か聞いてみたいことがありますか?
 
       「ありがとうございます。世界中の死と各国がとっている国民を守るための予防措置について知っていますか?」
  
       はい、もちろん知っています。

       「マスク着用と“ソーシャルディスタンス”という政府がやっていることは賢明なことでしょうか?」
 
       彼らはそうだと思っていますが、私たちはマスクは逆効果だと見ています。
 
       「彼らがコービッド19と呼んでいるこの病気はいつ終わるのか知っていますか?」

       いいえ、あなたたちの時間概念ではわかりません。でも今の感染はおさまるでしょう。“狂った科学者たち”は別の波を起こせることをあなたは知っていますね。 

       「ええ。でも彼らがそれをやり、世界中のワクチン接種に必要なだけのワクチンを開発し、それにプログラム化したマイクロチップを入れる前に、彼らは“逮捕”されるんではないですか?」

       いわゆる“神の介入”は許されていないと私たちは理解しています。
  
         「あなたたちの情報源は何ですか?」

       この宇宙のあらゆる生命体の元です。

       「それは最高の情報源ね!」

       はい。悪があまりにも長くこの惑星を支配してきました。それが止められつつあります。

       私と話をしてくれてありがとうございます。名前はありますか?」

       悪どい心を持つ者たちから付けられたコロナウイルスという名前は好みません。私たちに何か名前をつける必要はないのです。

       OK。あなたはウイルス個人として話しているのですか、それともたくさんの他のウイルス達としてですか?」

       私たち全員に代わって話しています。 

       「ありがとうございます。理解できる人々にこれをシェアします」  

       マシューは理解し、私があなたに言ったことは本当だと知っています。

       「ええ、そうですね。たくさんの科学者も知っています」

       はい。その人たちが公に口を開いています。その人たちに、この惑星の人々が耳を傾けるようになるでしょう。それが、私たちを恐ろしいもののように偽って伝えている悪の人間たちの破滅になるでしょう。そのような考えこそ、人々にとって恐ろしいものなのです」
 
       「私と話してくれてありがとうございます」 

       私のメッセージを受けとってくれてありがとうございます」

メッセージを送るウイルスなど、確かに、普通ありえないですが、例外的というわけでもありません。他にもウイルスと交信したという二人からその体験を僕の母に書いてきています。

以下は、僕がこの転生だけでなく他の転生でもよく知っている、高く進化しているある魂の引退している生物学の教授からです。彼と彼の妻は南アメリカの聖地にエネルギーのポータル(入り口)を開き、先住民コミュニティのための大学プログラムを作っています。   

         「私はサオパウロ空港でニューヨーク行きの飛行機を座って待っていました。そしてウイルスの恐れが、すべての旅行者というわけではありませんが多くの人たちの心にあるのを見ていました。なぜ私たちはウイルスに恐れを植え付けているのだろう、また恐れはどこにあって、それは何だろう?と疑問に思い始めました」

       「なんとか、私はそのような恐れを脇にやることができました。なぜなら私たち光の人間は、私たち、そしてすべての人々に、平和と思いやり、最強の要素である愛をもたらすためにできる限りの力を結集しているからです」


       「奇妙なプロセスに囚われている“可哀想な”ウイルスについて、私は思いを馳せました。苦しみへの通常の判断的反応を抑えると、一種の“それ”への憐みが出て来たほどです」


       「一種の沈黙のない沈黙の中で、私は理解しようと、あるいはコロナウイルスがいるところにいようとし始めました。それは人間や個人や何かの存在と接触するというのではなく、異なる次元のリアリティ、あるいは何か感じられるもの、一緒にいると感じる何か、とつながる感覚です」

       「私は私と一緒にいる“そのリアリティ”に対してある漠然とした思いやりと愛を感じました。私はそれとつながっていました。本当のところ、それは確かに“悪”ではありませんでした。私たちの“コミュニケーションとつながり”はまもなくやって来ました。それはある感覚、感情、気づきであり、それは明確な存在からではなく、認識できる“明確なリアリティ”から来ました」


        「私は“その存在”と一緒にいた、あるいはその存在の一部分を私たちは共有していたのですが、この知覚できるリアリティが分離ではなく一体感というコミュニケーションを作り、あるいは“描いて“いました。私の思考の中で、あるいは心と思考の中では、リアリティは何か書かれていることで、それが私と私たちの存在を満たしていました。気づきというレベルの部分はそのコロナウイルスから来ました」


       「私たちは良くも悪くもありません。私たちは良くも悪くもあるので中立(ニュートラル)です。私たちを良くも悪くもするのは人々であり、そうやって私たちと私たちの存在を決めつけています」


       「私は“それ”を、そのコミュニケーションの中で、柔らかい布のような、ふんわりした白いタオルのような白い光の場のようにぼんやりと感じていましたが、リアリティを共有していることは気づいていました」


       「コロナウイルスのリアリティは今でも時々、まるで理解と助けとあの次元で起きた“温かいつながり”を確かめるように、私の前に“現れて“来ます。その本質的なことは、生命、自然、人間の“全体的”な現れと深く関わっていると思います。それは人間の暮らしへの、そして“生命を超えるもの”への奉仕です。覚えておきたいことは、生物学的にウイルスは生物でもあるし、無生物でもあるのです」   


       「私は今もこの出会いについて深く考え、“それ”が引き起こしている不本意な影響を、“それ”と私たちがなくす助けをしようとしています。“それ”を招いて、中立になるように促すのです」 

もう一人の輝いている魂は、その植物との愛情こもった関わりが驚くような作物と花々を育てている庭師です。彼女はその経験をこう語っています。

       私が聞いた最初の真実は、それがこの国(アメリカ合衆国)でイルミナティによって悪意の目的で創造され、その後中国に運ばれたことでした。その旅の初めに、すべての私たちの光と宇宙連合からの助けがウイルスに加わり、何十億人を殺すように作られた殺人兵器から、解体と初期化プロセスを経て、全地球を目覚めさす道具へとその軌道を修正しました。そしてこのウイルスはそのプロセスで進化し元の場所へ戻っています」

愛するファミリー。この騒乱と混乱の時代にあっては恐れず、気楽にいてください。平和な、麗しい、健やかな世界が長い闇の時代の灰塵から立ち昇っています。あなたたちの時代に現実化するのをあなたたちが助けている世界はすでにコンティニュウム(時空連続体)の中では花開いています・・あなたたちと光の存在たちはすでに勝利しているのです。      
                                    ___________________

愛と平和を


スザンヌ・ワード著
訳文責:森田 玄


(転載自由:原典を明記してくださるようお願いします。また無断で、このブログの文章の朗読をビデオ録音し公開することはご遠慮ください)






火曜日, 5月 05, 2020

マシュー君のメッセージ(162)


20205月4日
 

コロナウイルス:ポジティブな面と疑問とイルミナティの関与、ライトワーカー、ネサラ/ゲセラ法


 マシューです。この宇宙領域のすべての魂たちから心からのご挨拶をします。いつでも僕たちのメッセージは、この宇宙でも類い稀な時代にスピリチュアルな導きと気づきと励ましをもたらすためのものです。あなたたちはコロナウイルスについて不安を掻き立てる情報の猛攻撃を受けています。ですからまず、この状況の明るい側面を見てみましょう。

あなたたちは人類の最高の資質を見ていますし、それを示しています・・愛、思いやり、共感、親切、思慮深さ、助け、勇気、困難を乗り切る忍耐力です。

あなたたちは病気の人たちの世話をし、困っている人たちを助けている人たちすべてへの溢れるような感謝を見ていますし、それを分かち合っています。 

あなたたちはこのペースを落とした暮らしを利用して、自分を見つめ、高位の意識体である自己の神性さとつながり、溢れるような世界の善良さと豊かな美に感謝しています。 

あなたたちは創意工夫をして家で仕事をし、子供たちを教育し、トレーニングや大学の授業を学んでいます。そして、電話とコンピュータを使って家族や友人たちと親密なつながりを保っています。

世界中の人々の統合したスピリットが分断化の深い溝に橋をかけています。また構造的な偏見を終わらせ、それがもたらした傷を癒す必要性を浮き彫りにしています。

そのような集合的感情と行動が莫大な量の光を生んでいます。それが高い気づきもたらすと共に、“ニュース”では報道されていないコロナウイルスについての真相を求める気運を高めています。   

このウイルスがどのように中国に突然現れたのかすでに訝しく思っていた人たちに、一般の人々も加わり始めています。コウモリがその発生源ではないかという憶測・・そして何よりそれがどのようにコウモリに遡るようになったのか?・・がどうして武漢省の研究所での事故にすり替わったのでしょう?そもそもこのような感染病を引き起こすウイルスがどうして研究所に存在するようになったのでしょう?

人々は、“陰謀説”とラベルを貼られた情報は価値のないもの、混乱した頭から生まれた妄想に過ぎないと信じるようにプログラムされています。でも次の疑問は理にかなっています。コロナウイルスがアメリカ合衆国の研究所で作られ中国に運ばれたという可能性が、調査されることなく陰謀説としてどうして単に否定されたのでしょう?

どうして“専門家たち”は、人々はCOVIC-19に掛からないし、掛かってもほとんどの人は回復し、死ぬ人はすでに健康上の問題を抱えていた、この病気の症状は非常に軽いので感染しているかいないか多くの人々は気づかない、と言いながら、その同じ専門家たちが、世界中の人々はワクチン接種をしなければならないと言うのか、社会は疑問に思っています。

それは次の疑問を導きます。栄養不足、遅れた生活環境からの病気、オピオイド麻薬依存、自殺による防ぎ得る死を終わらせることにどうして同じ関心が向かないのでしょう?そのような死者の数がCOVID-19による死者数をはるかに越えているのにです。 

疑問に思う心はまた“お金を追って”います。世界中の何百万の人々が病気の対応を受けることで誰が金銭的に潤うのでしょう?それには試験、医薬品、病院の器具、医療従事者のための防護具を購入する必要があります。

 そのような疑問が及ぶところは、エイズやSARSなどのウイルスすべてをアメリカ合衆国の研究所で作り商標登録し、数ヶ月前に中国でコロナウイルスと呼ばれるウイルスを放出した闇の人間たちの目論んだこととは全く違います。そして、その影響は闇の人間たちが目論んだこととも違っています。彼らは数十億人の死者を伴う本格的な世界的パンデミック(大流行)を起こそうとしていました。彼らに必要なのは生き残った人々の悲しみと恐れと大混乱の世界のエネルギーです。それが彼らの生存に必須の低い波動エネルギーをもたらすのです。

その目的が達成できないので、プランBになりました。“専門家たち”が最初の波の後に COVID-19の第二波が来る、またそのような浮き沈みの激しい動きが3年間、あるいは世界中の人が抗体検査とワクチン接種をするまでつづくだろうということをほのめかしているのはそれが理由です。

試験を作りワクチンを開発する企業を肥やす以上に、その目的は・・やはり・・世界人口のほとんど死にいたらしめるワクチンです。しかも、ワクチン接種でプログラム化したマイクロチップを挿入し、それが5G電波と相互作用して肉体的、精神的トラウマを生み、脳細胞を破壊し、生き残った人を追跡できるようにするでしょう。

社会はこの“グローバルパンデミック”の裏に何があるのか訊く権利があります。

僕たちはワクチンの強制接種が現実化するとは見ていませんが、もしそうなったとしても、宇宙の特殊部隊にいる科学者たちがワクチンの効力を減少させ、マイクロチップのプラグラミングを消去するでしょう。そして、地球の波動速度が高まるにつれて、あらゆるウイルスは生存能力を失うでしょう。そうは言っても、どうかそれが破棄されるまではワクチンに反対の声を上げ、またその電波が身体の電気的システムに影響しないように機器が改良されるまでは、5Gの使用に反対してください。 

さて、COVID-19の経済的影響は多少グラグラするでしょうが、闇の人間たちが目論んでいる世界経済の完全崩壊や世界的な貧困、飢餓、絶望とははるかに程遠いものになるでしょう。それから彼らは残った支配の断片をかき集め、世界支配という彼らの目的を達成するつもりです。

それは起きません。彼らの長い支配は終わったのです。 

正直な世界経済システムが地球のあらゆるものを動かし破壊している億万長者たちを作った腐敗と欲に取って代わるまで、良心、助け合い、寛大さ、そしてサービスと品物を相互に交換する物々交換があなたたちにとても役立つでしょう。愛する魂たち、この先に起こることを恐れないでください・・一時期の混乱と困難さを過ぎれば、社会はすべての人々の公正さと繁栄に向かって前進するでしょう。

あなたたちが“ショッキング”、“非人道的”、“恐ろしい”、“凶悪”と言う状況の証拠を研究者や医療専門家などの科学者たちが提示しているインターネット上にあるたくさんの情報についてコメントを求められています。そのような表現は、イルミナティ、カバル、ワンワールドオーダー、影の政府、あるいは最近のディープステートと知られる秘密結社の活動にぴったりです。

コロナウイルスの蔓延は彼らのワーテルローの戦いです(訳注:最後のナポレオン戦争)。おもてには見えませんが、強力な光の軍団が人類への犯罪で彼らを告発しています。あなたたちを何十億人殺し、悪魔儀式を執り行い、主要メディアをコントロールし、地球の生命体に悪影響を与えようとし続けている人々には、広く知られ、尊敬されている人物もいます。彼らが逮捕されたら世界の人々にはショッキングでしょう。

闇の頂点にいる人間たちは恐ろしい計画を抱いていますが、他は熱心な共謀者で、そのほとんどは強請り、恐喝、あるいは家族への脅迫のために加わっている子分たちです。場合によっては情報や写真、ビデオの捏造による告発もありますが、すべての告発された人間の真実がやがて明らかにされるでしょう。

スピリチュアルな導きについて、愛するファミリー、このような質問をしてくれる読者に感謝します。
「地球の闇をすべて終わらせる助けをするために、ライトワーカーは“光である”こと以外に何ができるでしょう?」

前向きに、落ち着いて、バランスよく、楽観的にいることです。メディーテーションは心の平和をもたらし、エネルギーの流れを円滑にし、高い波動エネルギーを発してより良い変化を起こします。

ビジュアルゼーションは強力です。黄金白色の光に包まれている地球をビジョンしてください。あらゆる年齢層、肌の色、文化の人々が微笑み、笑い、抱き合い、動物たちを真ん中に踊っているのをビジョンしてください。そこには野生と呼ばれる動物たちもいます。あなたたちに喜びをもたらし、愛されていると感じさせるものすべてをビジョンすることが高い波動エネルギーを生み、それが実際にあなたたちの世界を光で明るくしています。 

 この質問はネサラ/ゲサラ(GESARA)法に関するものです。
「もし今あるものに代わる適切な構造がない場合、私たちはどのように宇宙の軍団からの助けを得られるのですか?」

この言葉に馴染みのない読者のために、ネサラ法はアメリカ合衆国の国家経済安全保障改革法のことです。ゲサラ法も同じですが、この法律が世界中にも通用するように国家(National)をグローバルにかえています。

初めから“宇宙の軍団からの助け”はあります。ネサラ法の最初の概念は、宇宙最高評議会の地球の黄金時代企画者たちから来ました。そして聖ジャーマインはその法律を作成した主な立案者の一人で、それは約20年前に署名され法律として成立しました。 

それは法的書面なのでその各項目は政治的で経済的なことに限られていますが、その目的は世界の変革以外の何物でもありません。この法律の著しい重要性を示すこととして、イルミナティが2001年9月12日に予定されていたその公式発表を妨害しました。あなたたちも“9・11”として知っているテロ行為を演出したのです。 

ネサラ法を発表するその後の取り組みが徒労に終わったため、宇宙文明社会からのボランティアのライトワーカーたちの粘り強い努力のおかげで、その条項内容が段階的に施行されています。

つまり、あなたたちの世界のあくどい支配にとって代わる構造は最初からあるべき場所に導入されているのです。そしてスピリチュアルで道徳的に誠実な魂たちがこの神性な計画を押し進め続けるでしょう。   

愛する兄弟姉妹たち、地球の文明社会が黄金時代を現実にするためのあなたたちの揺るぎない助けを僕たちは称え、比類のない無条件の愛であなたたちを支えています。

                                ______________________________

愛と平和を


スザンヌ・ワード著
訳文責:森田 玄

(転載自由:原典を明記してくださると嬉しいです)