日曜日, 6月 14, 2009

オバマの挑戦

就任以来のオバマ大統領の報道されている政策を見ていると、オバマこそイルミナティの手先ではないですかと、という質問をよくされます。

これはある一面では正しいです。たしかに、軍事予算の増加とかアフガニスタンやパキスタンへの増兵と言った、外交政策面のことは大々的に報道されます。それだけ見れば、なんだブッシュと何も変わらないではないか、と思うのも当然でしょう。

でも、彼が大統領就任以来力を入れて来た国内での教育やエネルギー、環境といった地道な改革政策のことはほとんど報道されません。

そして今オバマがもっとも力を注いでいるのが、医療改革、つまり新しい国民健康保険法の設立です。

みなさんはマイケル・ムーアの「シッコ」”Sicko"を観ましたか?アメリカには医療保険がない、持てない層が4、000万人もいるのです。世界で最も豊かな国なのにです。ヨーロッパやカナダ、オーストラリアなどの先進国で国民健康保険がない国などほとんどありません。日本でも、問題はいろいろありますが、少なくても政府が保障する国民健康保険がありますね。ところが、アメリカでは基本的に医療保険システムの管理運営はすべて民間なので、保険会社といわゆる医師会の自由裁量になっています。その結果、医療そのものが儲けの対象になって、保険金が払えない貧乏人は病院で治療を受けられないという実状になっているのです。実はこれはアメリカでは100年も昔からそうなっているのです。その理由のひとつに、国家(政府)はみだりに国民の生活に介入してはいけないという“アメリカの自由思想”があります。とくに、医師の活動を制限するような、市民に生命に関わるようなことには、アメリカ人は”敏感”なのです。

そして、国民健康保険は政府が保険と医師活動を制限するものだから”社会主義”だというレッテルを貼られてこれまでもことごとくそれらの医療改革法案は潰されて来ました。その最大の影響力を持つのが全米250,000人の医師を有する米国医師会であり、その背後にそれを支える医療保険業界があります。最近ではクリントン政権のときに、ヒラリーがやろうとして潰されたことは記憶に新しいですね。ルーズベルト大統領やトルーマン大統領たちも失敗しています。

そして今回、オバマ大統領が最大の国内課題としてそれに挑戦しているのです。実は明日6月15日にかれは米国医師会で演説するのですが、それがどうなるのか見物です。

もちろん、オバマの医療保険改革に反対する保険業界はこぞって大金を注ぎ込んでこれを阻止しようとロビー運動をワシントンで行っています。今年の夏にはオバマはこの法案を通したいと言っているので、そこが山場になるでしょう。

このほかにも、今、イルミナティの最大の牙城とされるアメリカ連邦準備銀行がこれまでやってきた闇の取り引きが、連邦議会でロン・ポール議員たちによって明るみにされようとしています。

オバマがイルミナティの手先だったらこんなことになるでしょうか?

22 件のコメント:

mizoguchi ryo さんのコメント...

もともとイルミナティーとそうでない人という分け方はナンセンスで新たな対立を生み出すと思っています。僕はオバマ氏は良い人だと思い、自分が良い方向に向かっていれば世界から受け入れてもらえるはずだ、という希望をいただきました。もしだまされていたとしても、それはそれで大きな学びになると思っています。疑うことや 分離して考えることは真理から遠ざかると思います。イルミナティーが存在するかぎり オバマ氏の心の中にも、僕の心の中にも、あなたの心の中にも、皆の心の中にも巨大な闇が存在することを忘れてはならないと思います。

Morita Gen さんのコメント...

mizoguchiさん

コメントありがとうございます。そうですね。私たちはいわゆる”良い/悪い”の双対性の世界観にとらわれています。でも、事実(真理)を知ることと、それをJudge(審判)することとは別だと思います。光を知るためには闇が必要ですから。その双対性を学ぶにここにいるのかもしれません。

mizoguchi ryo さんのコメント...

ありがとうございます。
僕はどうしても1方向にとらわれる傾向があり、
相対的にグローバルにものごとをとらえられない
という弱点があります。
まず事実、今ある現象をゼロの視点でとらえる
ことからバランサーとしての道が始まるのですね。

魔主~君 さんのコメント...

盲(めくら)蛇(へび)に怖(お)じず

とは、正しく玄さんの事ですね(@_@)

yuioctober さんのコメント...

オバマがイルミナティ呼ばわりされていることに驚きです。
彼をニュースで見かけるたび、(普段は真剣にみないのですが)ふと見入っている自分に気付きます。

彼がいつも守られているよう、祈ります。

匿名 さんのコメント...

Ron Paulはこうもいっているようです。

http://www.ronpaul.com/2009-06-15/ron-paul-obamas-healthcare-plan-will-make-things-much-worse/

Li さんのコメント...

>もしだまされていたとしても、それはそれで大きな学びになると思って

>光を知るためには闇が必要ですから。

あなた方は、ご自分がイルミナティによって人工的に作られる、飢え・病気・戦争・テロの犠牲者で、今にも死にそうな立場だったら、そんな呑気の事を言ってる先進国の人達をどう思いますか?
今この瞬間にイルミナティによって殺されている人達が居るのです。それによってカルマが解消されるだとか、生まれる前の契約だ、という説を流しているのもまたイルミナティです。悪を追求させないためです。

全ての人間の心の中にもちろん闇が存在すると思いますが、お金や崇拝する悪魔のために人々の命を奪ってきた人間達の悪は追求されるべきで、罪は償うべきです。この世で罪を償う事が彼らのためにもなりますし、また、悪を傍観して「光を送り続けました」だけでは私達は魔界へ落ちるでしょう。それが彼らの狙いです。

匿名 さんのコメント...

 これを読むと恐ろしい事態が分かります・・・
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2007/03/post_691e.html

 薬は保険点数が低く、予防医療に高い点数をつければ、ロン・ポールも賛成すると思いますよ。

 国民皆保険を採用すると民間医療保険とは逆になり、薬を出しまくって保険点数を稼ぐであろう事をオバマ氏が承知しているのは演説から分かりましたし、彼はあらかじめ予防医療に触れているので、その辺りの考えは抜け落ちていないと思います。ただ、これだと敵になる株主の数がすごそうですね。

 大統領は法案提出の権限はなく、拒否権だけがあるので、望む法案は演説で議会に要請する仕組みらしいですが、要請を受け入れてもらうには法案をバルクセール(もろもろをまとめたワンセット)の形でまとめるしかないのでしょう。「議員にとってうまみのある法案とうまみのない法案があるが、これを一括で提出すれば拒否権は行使しない」というカードを使って議会相手に交渉が行われている、という視点でオバマを見る必要があると思います。

 マイケル・ムーアにとってオバマは実行力と自分に近い思想を兼ね備えた助けの神かも知れませんが、オバマにとっても一般教書演説よりも世論に強く訴える武器を持つ彼は助けの神でしょう。真の副大統領は、むさいおっさんにしか見えないマイケル・ムーアなのかも知れません。・・・そんなバナナ??

UNA さんのコメント...

マシュー君やオバマをイルミナティ側の人間だ、とする主張は、どうなのでしょうね。
私からは、怪しく思えます。

マシュー君やオバマが、私たちに希望の光、ポジティブな感動、行動意欲を起こさせるのと対照的に、彼らの主張が、猜疑心と敵意だけしか示さないのは何故でしょう?
マシュー君やオバマが偽の光である、と主張する者の言葉が、光でなく闇に満たされている、そのことが全てを物語っているように思えます。

語りかける相手のゴールを、光にしようとするのか闇にするのか。
これが相手の『根っこ』を見極めるポイントじゃないでしょうか。

マシュー君やオバマを信じることが、闇を追求させない、という主張もまた、ここのサイトを見ている限りでは、正反対の印象を受けます。
だって、マシュー君を信じる森田さん自身が、9.11の真相究明をもっともアグレッシブに行っている人間なんですからね(笑)。

森田さんたちの活動が無かったら、果たして今の私は、9.11をアメリカの自作自演だと考えていたかどうか。

Li さんのコメント...

UNAさん、「猜疑心と敵意」だけでなく根拠を色々と挙げてるはずですが、「マシュー君のメッセージ21」のコメント欄を全部読んでますか?

そもそも911の目的の一つに、闇にとってウザい「真実を追究する人達」を間違った方向(NWO・ワンワールド・ワンネス)へと導く、「ニューエイジ系や左翼系の陰謀論者」を産み出す動機もあったと思われます。(多分日本だけでなく世界中で)
玄さんはその工作員日本代表の一人に選ばれていると思われますので(玄さんが気付いているかは知りませんが)、911を追求してるのは当たり前です。
911が誰の目にも分かるように仕組まれた陰謀なのは、そのためです。(WTC7やBBCのフライングもやらせでしょう。)
もちろんマスコミしか信じない人達に、世界には陰謀があるという説明をするのに911は良い材料だと思いますが、偽陰謀論者を産む目的があった事も付け加えましょう。そのために数千人が亡くなっているとは恐ろしい事です。

Li さんのコメント...

UNAさん、ここで批判する人が「怪しいと思う」とはどういう事ですか?

私は、きくちゆみさんの大ファンで、玄さんのサイトを知り、まだ誰も投稿していない頃から、マシュー君のメッセージの翻訳に対してお礼を書き込んでいた者です。本も2冊買い、スージーさんのサイトで目次をダウンロードし、興味ある項目をチェックし、暇さえあれば原文も辞書を引きながら読んでいた者です。

マシュー君や玄さんを疑うのは、大変勇気の要る事でした。友達にもたくさんすすめてしまいましたから。でも自分で色々と調べた結果です。

UNA さんのコメント...

Liさんへ。

私の文章を、貴方の解釈で歪めるのは、やめていただきたいのですが。
それだけでも、私は貴方に光の意志、善なる精神を感じることが出来ないのです。

私の文章の中で、「猜疑心と敵意」と対になっているのは、「希望の光、ポジティブな感動、行動意欲」という部分でしょう?
つまり、私が指摘しているのは、読んだ相手に与える精神的影響についてです。
それなのに、勝手に文意を歪めて、「根拠も示している」というのが、正当なやり方ですか?
「精神的にポジティブ・ネガティブ、どちらの影響を与えているのか」を論じている文章なのに、論点をずらして、自分に都合の良い方向に持ってゆこうというのが、善意ある人間のすることですか。

怪しい、という部分も貴方は歪めています。
私は主張を怪しいと書いたのです。
その人間を怪しいと書いたのではありません。

また貴方は、9.11の目的のひとつを、「~であると思われます」と、貴方の推測から書き始めているのに、「911が誰の目にも分かるように仕組まれた陰謀なのは、そのためです」と断定しています。
貴方の推測なのに、なぜ断定できるのです?

ここでは、私に向けての文章について書きましたが、他人に向けてのほかの文章も、こういう歪曲・矛盾に満ちている、と私には見えますよ。
本当に、貴方は自分の文章を、自分の論理展開を、フェアなものだと思っているのでしょうか。

私はやはり、貴方に光の意志を感じることができません。

私がオバマ否定者の論理に対して、共感できないのは、それがフェアな論理ではないと感じるからです。

オバマであろうと、誰であろうと、現状でアメリカの政治を大統領の立場から変えてゆこうとしたら、今までの政治を全く引き継がない、ということはありえないでしょう。
コンピュータ内で0が1になるように、デジタルにぱっと変わるのではなく、アナログに変わってゆくことは、避けられない変化だと思います。

ですから、オバマを見極めるのだとしたら、継承した今までの闇の政治の中に、光の萌芽があるのかどうか。
その部分で論じないというのは、私にはフェアな論理だとは思えません。

大体、これまで見ていて、オバマ否定者の論理は、その引き継いだ闇の部分、デジタルに変化しなければ避けられない負の部分を持ち出して、攻撃材料にしているように見えます。
それはとてもアンフェアな論理だと、私は思うのです。

Li さんのコメント...

UNAさん、
私の文章を読んだ相手の精神にネガティブな影響しか与えない、という事ですね。あと「怪しい」と言うのは「主張が疑わしい」という意味ですね。間違って解釈してしまってすみません。(国語力がなくて。)でも故意に歪めてはいません。

また、「911が誰の目にも分かるように仕組まれた陰謀なのは、そのためです」を「~そのためだと思います」に訂正します。

匿名 さんのコメント...

 オバマが世界資本家の使用人、という見方はフルフォード氏が言いだしたような気がしますが、インターネット募金で選挙を戦ったのですから、ダークホースだと思いますよ。個人献金が集まらなかったらそれで終わりですし。
 新興資本勢力のグーグルがインターネット使いの彼に乗ったみたいですけど、他の大企業は全てヒラリーに乗った中での勝利ですから、旧貴族勢力もびっくりでありましょう。ただ内心ほっとしている人がいるような気もします。「この不況があいつの責任になればそれでいい」と喜んでいる人がいると思います。

 ・・・それはそれとして、オバマが民主党の大統領候補になった途端、ブッシュ&マケインが突然「経済問題があるから、大統領選は停止しよう。ブッシュのまま行こう」と言い出したのには驚きました。未だに覚えていますよ。旧貴族ってのも強引なもんだなーと思いました。共和党の次期大統領候補が「このままブッシュで行こう」とメッセージするとは、マケインは確実に従僕だな、とも思いました。

 ところで「ロン・ポールが大統領候補にもなれなかったのに、なぜオバマが!?どうせ出来レースだろう」のフルフォード氏説でありますが、そもそもロン・ポール氏はFRB解体をもろにホームページで掲げているのです。そんな公約を持っている議員が、旧貴族所有・・・FRB所有でも良いと思いますが、それらのメディアに出してもらえるわけないと思います。ロン・ポール氏の選挙の票の頼りは医療業界でしょうから、国民皆保険については言わないけれど(議員になれなきゃ何にも出来ないので、これは仕方ないと思います)、FRB解体も言ってはいけないと思います。

 ・・・しかし、そうなると氏が大統領になれるだけの支持を集めるにはFRB解体、国民皆保険の両方を封じなければなりませんので、仮に大統領になったとしても、何も改善されないと思います。アメリカ国民にとっては、FRB解体は無理だが国民皆保険が実現できそうなオバマが実質があって良いと思います。FRB解体の時にこそ彼の出番があると思いますけど、支持母体が医療業界だと思われるロン氏は、今回は大統領にならない方が国民にとっては良さそうに思います。

 アメリカ在住の日本人が言っていたのですが「日本はとにかく保険が超バカ安で暮らしやすい国」らしいです。理由が保険という視点には驚きましたけれども、事情を知って納得でした。難攻不落のFRBよりも、まずは生活に直接関係のある保険にメスを入れた方が改善効果が大きいと思われます。

 ・・・長い長い能書きでしたが、そういうわけでフルフォード氏の意見とは正反対ですが、アメリカ国民にとってはオバマは救世主に近い存在なのではないか、と感じております。
 日本はどうなんでしょうね。鳩山兄弟の弟さん、総理にならんかなぁ。外国人参政権推進の民主はまずすぎ。かと言って自民のあの体では。

 長文投稿失礼しました。そういえばマシュー氏の話、一切してないな・・・。えーと「愛と光万々歳!」これで体裁は整ったかな。

UNA さんのコメント...

Liさんへ。

私は、貴方に『マシュー君のメッセージ(21) 』でコメントをもらったときから、「なるべく関わり合いになりたくないな」と感じていましたが、19日の謝罪を見て、さらにその印象を強く受けました。

貴方は自分の反省点は、悪意でなく過失であったとみなしています。
これまでの貴方の文章からは、とても過失とは思えません。

貴方は自分の主張に対し、「でも自分で色々と調べた結果です」と書きましたが、それは貴方の到達した結論、ということでしょう。
イコール事実、ではなく、私や森田さんの結論とは違う、それだけのことでしょう?

なのに貴方は、「玄さんはその工作員日本代表の一人に選ばれていると思われます」と、平然と相手を貶めています。
しかも、自分の推測に基づいて。

9.11追求運動を、私が反論の例として上げたら、追求運動そのものを陰謀の結果だと、貴方は主張しました。
それも、貴方の推測に基づいて、です。

私が、森田さんの9.11追及運動を取り上げたのは、一番分かりやすい例だからですが、戦争をマネーの視点から見てみたり、放射能廃棄物問題のバナーを貼ったり、森田さんは色々と他にも「追求」していますよね?
貴方の論拠は崩れているのに、他者を貶めることによって、自分を正当化しようとしてるようにしか見えないのですが。

私は、貴方の行為が過失だとは到底思えません。
貴方の謝罪は、自身の悪に対する反省だとは思えません。
不利な状況なので、表面だけ謝って、これからも森田さんを攻撃し続けよう、と考えているようにしか見えません。

Li さんのコメント...

UNAさんへ

『貴方は自分の反省点は、悪意でなく過失であったとみなしています。これまでの貴方の文章からは、とても過失とは思えません。』

あなたの文章を間違えて解釈した事を、悪意ではなく過失だと言っているだけです。

『貴方は自分の主張に対し、自分で色々と調べた結果です、と書きましたが、それは貴方の到達した結論、ということでしょう。イコール事実、ではなく、私や森田さんの結論とは違う、それだけのことでしょう?』

そうですよ。私が自分で色々と調べた「結果」、玄さんを疑うようになったという意味です。

『なのに貴方は、「玄さんはその工作員日本代表の一人に選ばれていると思われます」と、平然と相手を貶めています。しかも、自分の推測に基づいて。』

スージーさんは「チャネリング」に基づいて、ある特定の人を名指しでイルミナティとしたり、光の人としたり、聖書やイエスの物語を捏造としキリスト教を批判しています。誰にも真実は分かりません。全て推測にしかならないでしょう。チャネリングはソースや根拠なく、SF作家が好き放題書けますし、本当にチャネリングしていたとしても、悪霊の悪戯である場合も多いと思います。

『私が、森田さんの9.11追及運動を取り上げたのは、一番分かりやすい例だからですが、戦争をマネーの視点から見てみたり、放射能廃棄物問題のバナーを貼ったり、森田さんは色々と他にも「追求」していますよね?』

私が言ったのは、例えば2012年に闇が何かを起こそうとしているなら、「ネガティブな事を考えてはいけない」「闇にも光を送ろう」「銀河連邦がもうすぐ救ってくれる」といったメッセージが私達を油断させ悪を追求させない、という意味です。

工作員として選ばれた人達はもちろん、活動するでしょう。でもそれは、良い人に見せるためだったり、また例えばですが、グリーンピースやダライラマなど、闇側かもしれない団体を良く見せるためだったり、何か真実を歪める働きもあるでしょう。例えばですが、もしホロコーストがなかった場合、ある闇の宗教団体はアンネ・フランク展を主催して多くの人の同情を惹き、否定する人を反ユダヤ主義と抗議する事ができるでしょう。

もしマシュー君が真実だったなら私は玄さんに謝りますし、もしカトリック(キリスト教の中には闇の団体もありますからカトリックと言う事にします)が真実だったなら、玄さんはカトリックの人達に謝罪しなければいけません。だからと言って議論できないのはおかしいでしょう。真実を追究していかないと、取り返しのつかない事になるかもしれないからです。推測で話すしかないと思います。

UNA さんのコメント...

Liさんへ。

チャネリングと議論を、同一線上で話さないで欲しいのですが。

もし、私がチャネリングなり、遠視能力なりで、誰かの犯罪を見たとしましょう。
そのときは、私は自分の見たことを、事実そのままに言うだけです。
「Aさんが犯行を起こした映像を見た」と。
(チャネリングなら、受けた言葉をそのままに伝えます)
その言葉を警察なり、各々に検証してもらって、真実かどうかを判断してもらうだけです。

でも、自分が直接知覚するのではなく、知性によって判断するのであれば、証拠も無しにAさんを容疑者にはしません。

「チャネリングでも、証拠を示さないのは罪だ」という論法が成り立ったとしても、それはスージーさんの罪であって、貴方の行為とは、何の関係も無いでしょう?
貴方の、証拠も無しに森田さんを工作員だとする、その行為を正当化する根拠にはならないでしょうに。

>工作員として選ばれた人達はもちろん、活動するでしょう。でもそれは、良い人に見せるためだったり、~

もう、何と言うか、貴方の自説を正当化するために、仮定でもって森田さんらに次々と汚名を着せてゆく論理展開には…何と言ったら、良いのでしょうね。
本当に、せめて、汚名を一つ着せるたびに、証拠を示して欲しいですね。
森田さんらの活動の、どういうところが、良い人に見せるためのものなんでしょうね。

私は、もしも貴方の主張が、善の意識に基づいたものなら、こういうダーティさは感じないと思うのですが。
それとも、貴方には自身の論法が、清廉なものに感じられるのでしょうか。

私には、貴方が自説を守ろうとするたびに、他者を貶める結果になって、あなた自身がアップアップな状態になってるように思えますけどね。

少なくとも、私自身はマシュー君のメッセージによって、真実の追究力が増したと思ってますよ。
観察する視点が増えましたからね。
ジグソーパズルのピースが増えた、という言い方も出来ますか。
「オバマが光の存在」というマシュー君の言葉で、マシュー君を知る前に「Yes,We Can!!」から受けたポジティブな感動、勇気と言ったものが、「そうか、だからか」と納得できるように。

マシュー君の言葉、オバマから受ける勇気、森田さんの田舎暮らし、きくちゆみさんのローフード、ハワイのホ・オポノポノ、それらのことが無理なく、暖かさをもって、調和してるように感じます。
貴方には、感じることが出来ないでしょうか?

Li さんのコメント...

マシューの本2冊とホ・オポノポノの本も持っていますし、線を引きながら何度も読みました。今では考えが変わりました。ある日突然なんですが。ローフードは美味しいので9ヶ月間続けています。

グノーシスの真髄は「人間が神になる」「人間は神と等しい」「「梵我一如」だそうですが、「一人でも多くの人間を神から引き離し地獄へ送り込む」という裏の目的があります。臓器移植や中絶など、一見良さそうな事でも、魂を汚す恐れがあるという事です。イルミナティでその担当をしてるのがニューエイジ部門だそうです。

UNA さんのコメント...

Liさんへ。

つい、半日前までは、貴方という人間が、どうしても理解できませんでした。
「うわ、これは手に負えない、とても理解しあえない」と、半ば恐怖を感じることもありました。
しかし、今では、少し理解したように思います。
恐怖を感じることもありません。

私が過去に、女の子に振られたとき、あるいは小学生の頃、友達とケンカしたとき、私は自分の直面すべき現実を受け入れず、自分の都合の良い空想・論理に逃げ込むときがありました。
自分が負うべき非を、相手に負わせる、自分勝手な世界です。

そこに逃げ込んでも、少しも楽にはなりませんでした。
払わなくてはならない借金を、後回しにしているだけだからです。
その世界の中だけ、矛盾がなくても、いざ現実に直面すれば、その世界と現実とのギャップに苦しむ、その繰り返しです。

今の貴方に、その頃の私が重なるように思います。
お節介だとは思うのですが、直面すべき現実から逃げても、苦しいだけですよ。
マシュー君を認めろ、と言っているのではありませんよ。
貴方が、本当に真実を追究したいなら、ずるい議論はナシ、ということです。

前にも書きましたが、貴方の議論の論法は、フェアなものではありませんね。
ちょっと、すり替えとか多いように思います。
これは、私の独断ではなく、現実だと思うのですが、不当な言いようですか?
もし不満なら、これまでのやり取りの中から、いくつか例を書き出します。

それもまた、貴方に受け止めて欲しい現実ですが、私が本当に貴方に受け止めて欲しい現実とは、「すり替えや混同など、アンフェアな論理では、真実は追求できない」という現実です。

貴方の、マシュー君や森田さんを疑うスタンスは、大いに結構だと思います。
ただ、その疑い方が、フェアなものであって欲しいと願います。

疑うとは、信じることとは別の視点で検証する、ということでしょう。
私たちは、信じるというルートで、マシュー君を検証しましょう。
貴方は、疑うというルートで、マシュー君を検証なさってください。
もしマシュー君が真実ならば、私たちは、別ルートでも頂上で会えるでしょう。

くれぐれも、フェアに、ゆきましょうね。

私が、マシュー君を信じる根拠を書こうと思いましたが、今は時間が無いので、明日にしようと思います。

Li さんのコメント...

UNAさん、私の考えは、マシュー君のメッセージ(21)のコメント欄に書いてあります。もうここへは来ませんので。

UNA さんのコメント...

Liさんへ。

これまで付き合ってくれて、どうもありがとうございました。
貴方が正々堂々とした生き方をして、幸せになれることを、祈っています。
私も、少々時間を費やし過ぎたので、仕事に専念することにします。
次に書き込めるのは、7月半ば、くらいでしょうか。
それでは、お元気で。

Li さんのコメント...

もう来ないと言ったのにすみません。UNAさんへでなく、オバマの中絶容認に関して、玄さんにご意見を伺いたいです。ちなみに私はクリスチャンではありません。

キリスト教やバチカンには、反キリスト(フリーメイソンやユダヤ教カバリスト)が潜り込み内部から破壊しています。このノートルダム大学もその一つです。

■堕胎推進者オバマがカトリック大学で名誉学位を与えられ、堕胎反対の司祭が逮捕されるました。(動画)
http://blog.goo.ne.jp/thomasonoda/e/7e3f9aecaf85506d4cb657088846e644

■1994年5月 ジャネット・スミス博士によるオハイオ州での講演より
http://hvri.gouketu.com/smitha.htm
この国には毎年百五十万件もの妊娠中絶があります。妊娠中絶に関する最高裁判決決定のどこを見ても、胎児の人権については一言も触れていません。胎児に人格があるかどうかについては一言も触れていません。それが疑問であるとさえ言われていません。全く考慮に含まれていないのです。

■教皇レオ13世による回勅<フリーメーソンについて>
http://fsspxjapan.fc2web.com/papal/leo_13_custodi_di_quella_fede.html

■「浸透して破壊」の意味遺伝子はミトラ教にまでは確実に遡れる
http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/163.html