月曜日, 2月 04, 2008

マシュー君からのメッセージ(1)

マシューのJPG

先日、コスタリカの友人から送られて来たメールに書かれているメッセージに目が引きつけられました。そこにはいま世界で起きつつある政治経済社会問題の内面が、異なる次元からの視点で克明に説明されていたからです。いまの世界の混乱と苦悩は、人類史上でもかつてない規模で世界中を覆っていることは明らかです。これが単なる社会現象ではなく、背後にそれを操る巨大な闇のパワーが存在していることに多くの人が気づいています。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、じつは1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

どうやらマシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相(太陽のまわりに反時計回りで回転していると考えられるエネルギー層のひとつ)に存在する意識体(生命体)のようです。そして、さらに上なる銀河系磁場界からの情報を伝えていると考えられるので、その内容の真実性は非常に高いと言えるかもしれません。

以下、その訳文です。


***************************************



January 27, 2008

アメリカ大統領予備選挙、経済と変動、イルミナティ・グループ支配の崩壊、インターネット、音の重要さ、第三密度世界の混乱と暴力そして宇宙次元での意味、世界変革への宇宙からの支援


1. これは私マシューから2008年初頭のあなた方への挨拶です。今年は、将来を決定する驚くべき事実が明らかになることが約束された年なのですよ。

2. 世界の目と耳がアメリカの大統領指名予備選挙に注がれていますが、それは大掛かりな茶番劇にすぎません。ヒラリーはイルミナティの指名する次期大統領候補です・・それは彼女が世界のイルミナティ・グループの中でもっとも影響力を持っているひとりであるというもっともな理由からです・・しかし、かれらは不正な投票操作をおこなって自分たちが選んだ各党の候補が各地域でトップ当選するように仕組んでいることにはほかの理由もあるのです。これらの候補が各党の有力指名候補であるかぎり、かれらはイルミナティを満足させる話題だけをとりあげ、本当のことを語らないからです。このようにかれらの言葉に真の大統領一般教書演説は隠され、同時にアルカイダたちによるテロの世界という執拗な宣伝文句に、投票者たちはいったい誰を信じ、誰に大統領の権限を任せていいのか分からなくなっています。イルミナティの意向に逆らう候補はメディアの注目から外されることが、これほどあからさまなことはないでしょう。 しかし11月の大統領選挙前に、候補者たちの正体が光(創造主の知恵と愛とそのパワーがエネルギーになったもの)によって暴露されるだけでなく、そのときの投票も正確な数が数えられるように取り組みがされているので安心してください。イルミナティはホワイトハウスに自分たちの候補をまた送り込もうと計略するでしょうが、それと同時に、地球人類と優しい地球外生命体(ET)ファミリーが協力して、その悪の計画を挫くための強力な動きが進行中です。さいごにはあらゆる国の指導者は正直で賢明で能力ある者たちになるでしょう。

3.全世界を揺るがしているアメリカの経済不況についても同じような協力体制が存在しています。”経済下降”と”不況”、銀行の巨大負債報告、住宅差し押さえの急増、クレジットカード負債の天文学的増加、株式市場の疑わしい乱高下、住宅ローン会社の破綻、小売市場の低迷、中小企業の倒産する一方で、大企業は海外の生活最低水準の賃金の国々へ雇用をアウトソーシングするなど、主要メディアがこのような言葉を使うということは、現在のビジネス体制に大変化が起きていることがわかります。

4. 事実は、アメリカがもうすでに破産しているのです・・いまの流通貨幣を支えるものはなにもなく、国債を払う資産もありません・・そして、財政破綻はさらに深刻化し、政府の提案では個人の財布にはわずかなお金しか入らず、企業には大判振る舞いをする結果になりますから、しっかりした財政基盤に戻ることはないでしょう。ほかの国々での”消費刺激政策”といった対策は、世界経済にふたを閉めておこうとイルミナティが大慌てでやったことで、必死になってコントロールしようとしていますが、かれらの策謀はすべてうまくいかないでしょう。強さを増しつつある光のエネルギーがそのふたを吹き飛ばし、腐敗した金融システム、連邦準備金とIRS国税庁の私物化、証券取引の不正操作、世界の天然資源の略奪という深刻化する問題の禍根を照らし出すことでしょう。かれらの何世代にも渡った世界経済支配が、その足下から崩壊しつつあるのです。

5.イルミナティとはなにか知らない読者のために、ここでちょっと本筋をそれて、説明しましょう。 イルミナティとは「光を受けた者」または「啓発された者」という意味であり、あなたたちの世界を何世代にもわたって支配し、多くの真実を隠してきた闇のグループがつけた名前です。別名として、陰の政府、闇の結社、エリート集団などと呼ばれていますが、そのような会員制の組織ではなく、むしろ世界中の権力ある個人たちが大勢集まったものです。かれらこそ、政府や司法組織、王族、宗教、主要メディア、金融、教育、医療、エンターテーメント界、国際企業・・つまり、地球に生きているものたちをコントロールするあらゆるビジネス、組織、機関を実質的に動かしています。あまりにも幅広くそしてしっかりとこの闇の権力のネットワークが世界中に張りめぐされているので、ひとびとは長年に渡って簡単に支配されて来ました。それ自体生命体である地球は、闇の権力の自由意志の乱用によって引き起こされてきた地球人類と動物たちそして惑星本体の苦しみにもうこれ以上耐えきれなくなり、その住人たちが深く捕われている虚偽、腐敗、欲望、専横から自由になれるように宇宙からの助けを求めたのです。要するに、その自由解放プロセスがいま世界で起きているのです。

6.経済の話題にもどりますが、これから数ヶ月は経済的大変動があるでしょう。これは”夜明け前の闇”といえるものです。多くのひとびとがしばらく苦しいことを経験をするでしょう。でも、イルミナティが考えていることに比べれば比較的軽いものです。かれらの計画では、世界を深刻な経済破綻に落し入れ、数十億人が飢える一方で、闇の権力者たちは不法な富をさらに法外に増やすことになっているのです。ブッシュ大統領が石油依存を軽減するためと言って、再生エネルギーよりもエタノール生産計画を押し進めようとしていますが、これはその悪巧みのひとつです・・それはトウモロコシを人びとや家畜の食料にではなく燃料に使おうというものです・・ブッシュは、それ以上にパワーを持つイルミナティの有力者たちの言う通りにやっていることをおぼえておいてください。その計画も実現に向けて動き出すことはないでしょう。経済とビジネスマネージメントに精通したスピリチュアル(霊的)に進化した魂たちがいつでも介入できる態勢にあるので、現在のシステムが金(貴金属)本位制のシステムにもどるまでのこのような経済的状況での空白はないでしょう。

7. これまで大統領候補者たちの公約やバラ色の経済的予測を額面どおりに受け止めて来た多くのひとびとは、いまだに期待感をもっていますが、だんだん慎重にもなって来ています。このような気づきのプロセスを僕たちは歓迎します。真理があきらかになるにつれ、とくに宗教が教える教義の起源と目的が明らかになると、それはいわゆる不快な現実への突然の気づきになるでしょう。光がさらに強くなってより高い意識とより霊的な理解が可能になっても、何世紀に渡るイルミナティ支配の真実が明らかになることを信じる人たちがすべて、何千年にも渡る宗教支配にかかわる真実を受け入れられるわけではないでしょう。

8. 真実の歴史と"ニュース速報"について言えば、こんにち最も信頼置ける情報源はインターネットでしょう。誤った情報も伝える可能性もありますが、それでも、主要メディアが伝えない情報やそれと相反する情報を知るもっとも信頼できる情報源です。インターネット上で事実が飛び交う事態になれば、新聞もテレビ・ラジオも信頼性を保つために無視するわけにいかなくなり、その氷山の一角を報道するでしょう。それらの情報源しか信じない人たちも真実を垣間みることができるわけです。マインドコントロールのひとつとしてインターネット通信を利用しようという闇の連中のもくろみは、それにすぐに気づいた真理を求める魂たちによって阻止されましたが、いまだこれは偽情報を流す目的で使われているので、ほかの情報源もそうですが、その内容についてはしっかり見極めることが大事です。

9. あなた方の判断力を高める点で、少なくてもラジオやテレビについて言えば、音が重要です。 あらゆる音源は、精神とからだにとって有益なものと害になる波動(振動波)を発しています。いま地球には、より高い波動が行き渡っているので、あなたたちはまわりの音にさらに増して影響されるようになっています。闇の権力者たちはこのことをよく知っていて、耳に聞こえない音波であなたたちを攻撃していますが、これは防ぎようがありません。しかし通常はラジオやテレビやステレオの音を選ぶことができます。最近の音楽や番組は不協音や有害な音量でいっぱいですが、これらの雑音は避けることができます。 モーツアルトやベートーベンなどの優れた音楽家のクラシック作品が重症患者を癒したり、植物の成長を促進したり、動物を落ち着かせる効果があることが科学的実験で明らかになっています。クラシックがだれにでも好まれるわけではないことはもちろんですが、この素晴らしい効用をおぼえておくと良いですよ。できるかぎり自然に親しむようにするのもいいです・・それが醸し出す音をよろこび、すべてとひとつになることのエッセンスを大いに楽しみなさい。そして、沈黙の音(Sound of Silence)のやすらぎ感を見落とさないように・・それこそ黄金の音!・・そしてできるだけ多くの機会をつくって、自己の回復と高揚のために、静寂に浸ってください。

10. さて、光が増大していると再三私たちが言っているのにもかかわらず、あなたたちの目には暴力がさらに蔓延り、戦争から個人的なレベルの暴力や殺人まで起こっているのを見て、どこにその証拠があるのかと思うかもしれません。しかし、これはより高い振動数の波動はあらゆる特性と行動を拡大誇張させる、つまり、「よいもの」はさらによく、「悪いもの」はさらに悪くなるという効果を生むという意味で考えて欲しいのです。世界中で指導的立場を守ろうとする者たちやそれを狙う者たちが殺されるのはこの増大したエネルギーの部分的影響であり、家庭内暴力、仲間同士の暴力、無差別殺人も同じです。このような事件は、それを引き起こしている闇の触手のエネルギーが燃え尽きるまでつづくでしょう。怖れてはいけません、それこそ闇のパワーのもっとも恐るべき力を増長させる糧になるからです。中心で増大したエネルギーはいまその分強さを増して、恐怖心が精神に割れ目をつくり、そこが闇の触手が入って来る入口になってしまいます。光はつねに強いことを念頭においてください・・光は愛と同じであり、宇宙でもっとも強力なエネルギーです。しっかりと自己の光を維持することが、闇も崩すことのできないあなたの砦になります。


11.一般に、私たちの見る限り、また魂の約束を考えると、私たちは光のおどろくべき速い進展に喜んでいます。けれども、また同時に私たちが共感する・・そうです、同情するだけでなく共感するのは、地球変換のこの段階での苦悩、悲しみ、混乱を経験している魂たちです。生前からの合意にしたがって多くの魂たちが地球を離れていますが、他にも多くが、ネガティビティ(破壊的エネルギー)を増す、堪え難い生活条件からの苦痛を避けて、合意を変更し地球を早めに離れ、スピリット(霊)の魂たちの光を照らすプロセスに参加することで、地球のネガティビティ(破壊的エネルギー)を除く手伝いをしています。よりよくなることがより悪くなることよりはるかに早いスピードで起きつつあることをとりあえず言っておきますね。


12.まず、第三密度(霊的進化)のレベルで見た、世界でもっともメディアの注目を浴びている国々について話しましょう。ひきつづく戦闘と混乱と米国傀儡政権のイラクとアフガニスタン、闇の勢力の次なる目標のイランとそのための核兵器開発能力を阻止するためというレトリック、深刻な政情不安のパキスタン、イスラエルとパレスチナの60年間にわたるシオニストたちによる紛争問題、そして今レバノン。この地域全体の暴力行為はイスラム過激派のせいにされていますが,そのほとんどはそうではありません・・平和と自由の新しい敵はイスラム教だというプロパガンダのひとつにすぎないのです。”反乱者”という政治的ラベルは、外国の占領から自国民を解放しようという者たちに付けられたもので、以前は外国の抑圧者から母国を解放しようという”愛国者”たちのことでした。多くの自爆テロを含む死と破壊のほとんどが、実際はイルミナティの息が掛かったCIA分子の仕業か、それが操っている”闇の作戦”であり、マインドコントロールされた人間がよく利用されるのです。全体的にいえば、暴力行為はすべて偽りの”対テロ戦争”を押し進めるためのバネになっています。この”戦争”の拡大こそがイルミナティの本心なのです。それは市民の基本的な、神に託された権利をさらに奪うだけでなく、かれらの世界支配に向かう上での征服と占領を維持するのに必要な人的資源を確保するための宣伝文句です。しかし、最下位の第三密度エネルギーのパワーに捕われている妄想観念を除けば、これはけっして起き得ないことです。


13. さて、宇宙の時空連続体(コンティニウム)と生の輪廻経験という意味では、これらの国々でいま起きていることは、はるか昔に始まった第三密度でのカルマの清算であり、これはこれまで幾世代にわたって繰り返されて来たことです。前世での約束によって、地球にいる今の居住者たちは、闇の第三密度の温床から抜け出る地球のアセンションを助けるという、自分たち自身とかれらの土地のカルマのバランス調整プロセスに関わるために戻ることを選んだのです。より遅く始まっていますが、独裁政治と流血が長い間日常になっているアフリカ諸国においても同じことが真実です。当然のことですが、そのような重いカルマのバランス清算を必要としない国々に比べると、これらアフリカ地域のすべての抑圧と死が終わるにはさらに時間が掛かるでしょう。このような被害を受けているひとびとにとって、意識レベルでの人生はやはり厳しいものですが、かれらの生と死をカルマでの意味でとらえれば、光が強くなっているのになぜこのようなことが続いているのか理解する助けになるでしょう。

14. 最近、パレスチナ人が、食料や生活必需品のためにエジプトとの国境の壁を爆破して流出している件は、第三密度の観点からみればその目的は明らかです・・抑圧された人びとが自己の生存のために自ら乗り出したということです。より高い視野から観れば、すべての魂の統一意識が高まり、人や国の境がなくなりつつあることの象徴的な事件です。


15. 情報操作で言えば、悲劇がどこかで起きるごとにそれが大きく取り上げられ、そうして重点的に恐怖と暴力と悲しみが繰り返し継続されます。だれでもこれほどの人類の苦しみを受け入れることはできません。闇の者たちは、この圧倒的な数に対して何をしても変えられないから結局なにもしないという人びとの無関心な反応を利用しているのすぎないのです。なんと人びとは騙されていることでしょう!しかし小さなグループから国際的運動にいたるまで、何百万というひとたちが思い切った行動をとって創造的な変化を起こしつつあります。世界中のひとびとのこころに浸透している増大する光はだれも止めることは出来ません。どうか、指導的立場のひとたちだけが重要だと思わないでください・・すべての魂が掛け替えのない存在です。あなた自身の光を輝かすだけで、あなたたち一人ひとりが世界の変容に貢献するのです。

16.そうならなければいけないのは、それがあなたたちの世界だからです。スピリチュアル(霊的)に進化した存在たちからのメッセージがいくどとなくあなたがたに間違いないと伝えています。幾百万のあなたたちの宇宙ファミリーがあなたたちの中にいて、またあなたたちの故郷の惑星のまわりを囲んで、あなたたちの一歩一歩を手助けしていることを。あなたたちへの愛と畏敬とをもって、あなたたちの描く素晴らしい世界を顕現する手助けをしようと来ているのです。そして、どのような時にでも、スピリット(霊的存在)の私たちがあなたたちを無償の愛で抱いていることを忘れないように。

_______________________________


原文:http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=84&z=2
_____________________________

                                 訳文責:森田 玄

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

有益な情報を掲載してくださってどうもありがとうございました。
私も昨日「マシューブック」を買ったばかりだったのです。
著者のサイトがあって、メッセージが送られていたのですね。だけど英語がよくは読めないので、日本語訳を載せてくださって助かりました。
やはりヒラリーはイルミナティでしたか・・・。
私たちは面白い時代に生まれたのかもしれませんが、それが日本の天災という形にならないように祈るばかりです。

Morita Gen さんのコメント...

匿名さん

私たちが、生前に自分から選んで、そして、選ばれて、この希有なときに使命を持って地球に生を受けたということを、まったくあり得ないと笑い飛ばすことは簡単ですね。でも、そのように考えることで人生がより幅広く、有意義になるのであれば、素晴らしいことです。今の時代、オープンなこころを持ちたいです。

匿名 さんのコメント...

マシュー君は悪魔(アンチキリスト)だ
聖書のヨハネによる福音書を読んで
真実が書いてあるイエスキリストの再臨は近い