木曜日, 5月 08, 2008

マシュー君のメッセージ(4)

マシューのJPG

2008年4月19日

恐怖を煽る力に対する保証、ない核戦争、おとろえる双対性、仕掛けられる「宇宙人の侵略」、こどもたちの未来への準備、宇宙にも影響する地球の出来事、ケムトレイル、森林再生、動物の絶滅、動物の天使、経済的困難のなかでの助け合い、天上の誕生日


                ====================

(1)マシュー:親愛なる地球のみなさま、こころからこんにちは。地球はアセンションに向かって着実にすすんでいます。この惑星の内部に、地上に、まわりに、光がその強さを増していますから安心してください。僕が心配ありませんと何度も繰り返し言っていますし、ほかの光の存在たちも(地球の)受け手のひとたちにそう伝えているのですが、表の世界では恐怖を煽るような嘘の恐ろしい情報が出まわっていて、多くのひとびとが影響を受けています。ですから、宇宙の光がいつでもあなたたちが光をしっかりと照らしつづけられるように支えていることを忘れないでください。そして、他の人たちが不安を煽るパワーに屈しないように、あなたたちの怖れを寄せ付けない光エネルギーを送ってやってください。

(2)このことに関してですが、核戦争の到来があるという理由を詳しく述べている報道記事について、僕が最近依頼されて言ったことをコピーするようにお母さんに頼んであります。その記者たちの信憑性を疑っているわけではありません。ただ、その情報は第三密度レベルでの知識にもとずいているもので、高度の意識レベルでの気づきではないことを、僕は示そうとしているのです。さらに、あなたたちが声を合わせて宇宙ファミリーにそのような戦争を起こさせないよう要請する必要があるのか訊ねられました。

(3)僕のメッセージをよく知っている人なら、こういったことについて幾度となく答えているのでべつに驚かないでしょうが、でも今回はこれまでにないくらいはっきりと言います。

      _______________________________

(4)その報告記事は、たしかに恐ろしい内容に聞こえます、でもあなたたちの世界で起きることに影響を与えているはるかに重要なパワーを考えればその意味は違ってきます。

(5)本質的な点がいくつかありますが、まずはじめに、この宇宙のどこでも核戦争はもう起こさせないという創造主の決まりがあります。なぜなら、すでに深刻な害をいくらかの魂に及ぼしているからです・・それは魂の肉体的な一生の仮の「宿」であるからだに対してではなく、あなたたち自身の神性さの全本質である魂に対してなのです。創造主は、あらゆる魂の自由意志は尊重されるというその決まりにこの例外をもうけました。それは、核戦争を引き起こそうとする者はだれでも止めさせられる、ということです。この創造主の決まりにしたがって、神は、この宇宙にいるスピリチュアルで、知的に、テクノロジー的に進化している文明人たち(宇宙人)に、そのような戦争のもくろみをすべて阻止させることを許可したのです。そして近年の地球では一回以上もそれでうまくいっているのです。

(6)神がこれらの文明人たちに与えた許可には、惑星地球のあらゆる暴力と破壊を地球自身で止めるという自由意志の選択を尊重することも含まれています。地球がその選択をしたとき、あなたたちの直線的時間だと60年前になりますが、おびただしい数の光の存在が・・あなたたちの想像を超える数の強力な魂たちの集合です・・光を地球に注ぎ始めたのです。この莫大な量の光が流れ込んだことによって惑星地球が救われただけでなく、その人間たちの意識も向上したのです。しかし、数千年にわたる人間たちの暴力は急になくすことは不可能です。ですから、金儲けと領土獲得のための戦争機構を継続させるために費やしてきたエネルギーと、ひとびとをコントロールしようというものたちの支配欲が尽きるまでは仕方ありません。それは起きつつあります。第二次世界大戦中の意識とくらべ、今日の平和を求める世界の叫びと、それ以降つづいている戦争をなくそうという意識を考えれば、光がひとびとの気持ちとこころに影響しているのが分かります。

(7)進化した文明のひとたちは、たとえどこかで助けが必要だとわかっても、請われない限り介入することはできません。事実、地球からの援助要請の声は充分あったのですが、あなたたちの要請に加えて、平和と抑圧を終わらせようという世界的な活動が自然に大きくなって行きました。宇宙に他の生命体が存在すること、ましてやあなたたちの中に多くの高度に進化した魂が生きていることや何百万の生命体があなたたちの惑星のまわりにいることなど信じる必要はありません・・あなたたちのより良い世界を望む気持ちが、宇宙からの助けを招き入れる言葉でない意識の表現です。

(8)あなたたちの世界の闇パワーは、宇宙からの光の使者たちの存在や、地球が闇のはびこる第三密度世界からアセンションするために助けを求めて以来、かれらがずっと援助していることを知りません。これが闇の魂に恐怖感を生んだために、かれらはもともと縁がない理性も良心の呵責も失ってしまいました。かれらの世界支配計画がズタズタになるのを見て、闇パワーはますます絶望的になってぼろ切れにしがみついているのです。

(9)これに関係したことですが、地球のアセンションはすでにより高いエネルギー波動域に到達していて、そこでは行き過ぎた双対性がそれ自身尽きてきています。おかげで人類が光の中で本来のバランスに戻ることができるでしょう。この時点では、すべての性格と感情が強まります。これはひとびとの行動にあきらかに現われていますね。顕著な例では、横暴で抑圧的で欲張りのものたちは、支配を取り戻そうと必死ですが、その反対に、賢明で霊的に覚醒している魂たちは、みな同等に”舞台裏で”、健全な指導者を取り戻す活動や世界中で大規模な改革
に取り組んでいます。

(10)深刻に聞こえる情報についてもっとも重要なことは、闇勢力の計画があっても、それはそれで、けっしてかれらの期待通りには行かないことです。そのような会議やその内容が・・どうか覚えておいてください、そのような情報はよく恐怖を煽るために故意に「漏れ」てくるものです。これは闇パワーがもっともよく使う手で、これがないとかれらは生き延びられません・・僕の説明した地球と宇宙の光ネットワークに掛かると、そのもっとも破壊的な計画も実を結ばないことが分かるでしょう。

(11)光の中にしっかりといてください、そして地球の黄金時代をなにより優先して頭とこころに留めていてください。いまこの瞬間あなたたちがいっしょに創造している世界の変容は、すでに時空連続体(コンティニウム)では起きているのです・・そのくらいあなたたちのパワーはすごいんですよ!
             __________________________

(12)お母さん、ありがとう。今のところ、地球を何千年も支配してきた闇の支配を急には消すことはできません。なぜなら、ひとびとは第三密度レベルでの集合意識でそれができないと信じ込んでいるからです。その否定的な考えがまだ残っていて、それがほとんどの魂をその次元に引き止めています。その次元では、生まれながら授かっている顕現能力に気づくことはほとんどありません。ですから、地球惑星上のこころと精神の浄化と目覚めは、一挙にではなく、段階的にやっていかなければいけません。でも、そのプロセスは思っていたよりもはるかに早いペースで進んでいます。人類の双対性シーソーはかつてはいつも否定的な方向に傾いていましたが、今では上下エネルギーのバランスをとりながらスピードをあげて進んでいます。食料難、個人の暴力から国内、国際レベルの暴力、増え続けるホームレス、金融機関の崩壊などが起きていますね。でも一方で、それに対してバランスをとるように、このようなことも起きています・・抑圧的な支配者たちの排除を求めて強まる声、紛争解決への対話の強調、苦しんでいるひとびとを救おうという声の大きな広がり、高まる不正のない選挙を要求する声、地球汚染防止の高まる意識です。あたなたたちの世界のあらゆる、どのような否定的なことでも、そのようなバランスするはたらきがあることを知れば、すべてがバランスである光のエネルギーによって双対性が世界からなくなる日が早まっていることがわかるでしょう。あなたたちは、地球が第三密度世界から抜け出す手助けをするという使命を無事に終えていることでしょう。

(13)いくつかのインターネット上のサイトを除いて報道されていないことは・・本当の情報が嘘情報といっしょに宣伝されているので、しっかり見極めることが必要ですよ・・”知られない”ところで起こっていることです。遠い星の文明からやってきているあなたたちの宇宙ファミリーたちが、地球市民と手と手を取り合って崩壊寸前の旧システムに替わる新しい政治と経済システムの法的基盤をしっかりと創り上げる作業をしています。はるか遠方からのこれらの兄弟姉妹たちは、新しい方向を決めるために来ているのではありません。あなたたちのなかから現れる指導者たちが、あなたたちのビジョンを現実化するのを助けるためです。そのビジョンとは、協力が紛争に代わり、豊富が要求に代わる平和な世界、誰もが天賦の市民権を奪われない世界、こどもたちが愛され、安全で明るい未来を持てる世界、健康が約束される世界、正しい法があまねく施行され汚染が過去のものになる世界、違いが尊重される世界、女性が本来の女神として尊敬される世界、人類が自然と調和して生き、すべての創造の本質に光を認める平和な世界です。あなたたちの宇宙ファミリーは、あなたたちのこのビジョンの世界をおどろくべきスピードで成し遂げる手助けをするための、スピリチュアルな覚醒意識と叡智とテクノロジーを持っています。

(14)ええ、私たちは前にもこのような保証を与えましたが、それをもういちど繰り返す理由があるのです。それは支配を取り戻そうと闇の権力者たちが最後の手段として、「宇宙からの侵略」を演出して宇宙人の侵略という恐怖でひとびとをひとまとめにしようとしている、という推測や信仰さえがかなりあるからなのです。そうなると、陰謀者たちは戒厳令を布いて、反対者を大々的に検挙し、この地球にかつてない大混乱を引き起こすでしょう。あなたたちの上空にたくさんのUFOの目撃報告があってもまったく無視しているのにもかかわらず、こんどはそのような宇宙船の目撃報告を「侵略」計画だと都合良く決めつけようとするでしょう。おやまあ!めちゃくちゃなのはそんなことを考える連中のあたまです。そんな「宇宙からの侵略」などまったくありません。かれらは宇宙人がすでに着陸している証拠として、地下都市の中から戦闘服の「グレイ小宇宙人」を持ち出そうとしていますが、そんな企てはあなたたちの愛する兄弟姉妹たちが挫いてくれますから安心してください。

(15)Eメールでお便りをくださった方たちへの解答をつづけましょう。その何人かが、僕にあなたたちが言う恐怖を止めてくれないかと訊ねてきました。親愛なるあなたたちに言いますが、このエネルギー場の私たちはだれでも、宇宙空間のすべての光の魂でさえも、あなたたちの世界ですでに起きつつあることを止めることはできません。私たちに許されていることは、愛の光エネルギーを送ってあなたたちの光の強度を高めることで、あなたたち自身で恐怖に立ち向かえるようにすることです。実際に、宇宙文明のひとびとから計り知れない支援があるのですよ。それは言ったように、地球からの要請とあなたたちが望むような世界に住みたいという熱い思いがあったから、それに応えているのです。

(16)こどもたちの未来のためにどうしたらいいでしょう、という先見性のある質問者に「ありがとう」と言います。それにはまず例をあげて答えましょう。怖れずに暮らす。正直である。生きるうえの恵みと地球の美に感謝する。困っているひとびとと快く分かち合う。あらゆるいのちを敬う。環境保護とその再生活動に関わる。新しい考えにいつもこころを開く。自分の決断をしっかり見極める。こころを柔軟に、失敗から学び、また挑戦する。つまらない感情は捨て、よく笑い微笑えむ。傷つけられた人を許し、他人を傷つけた自分を許す。これに僕が足すと;聴く・・こどもたちの言うことに耳を傾ける。自分のアイデアや怖れ、計画、希望、夢、幻滅、失望について語るように勇気づける。現実的な、でも限定されない目標を立てるよう励ます。いいなあと思う人をみならうよう励ます、でも自分と比較しないようにする。そして何よりも、こどもたちを愛する。あなたたちの生き方を見せて、自己、他人、自然への無条件な愛のパワーをこどもたちに示す。

(17)別の読者の方は、広く知られる必要のある原則・・地球上で起きることはすべて宇宙に影響する・・について書いてきました。あまりにも長い間(地球上で)否定的なことが起きてきました。その結果、低いエネルギー密度にいる数知れない魂にその影響を与えてきたのです。より高いエネルギー密度にいる宇宙の魂たちは悪い影響を受けないので、低いエネルギー密度の魂たちがスピリチュアル(霊的)な眠りから覚められるよう手助けする仕事を引き受けているのです。たったひとりの魂の意識でも向上できれば、ほかのすべてが恩恵を受けます・・あらゆるものがひとつというワンネスと、鎖はどこかひとつでもその輪が弱かったら鎖そのものが弱くなることを考えれば、スピリチュアル(霊的)に意識が高い魂たちがなぜ熱心に愛情をもって助ける仕事をひきうけるのか分かるでしょう。その読者は、「探検家人類」と「創造主の弟子たち」について書いてきました。あなたたちには魂のレベルについて多くの表現や描写があるようですが、進化が進めばそれだけ区別する必要もなくなります・・それぞれの魂の光がその違いを充分表すからです。でも、「探検家人類」とは、古代以来の輪廻転生の内で、自己の始まりが光の本質であることを知って、進化の遅れているものたちに道案内をしている魂たちのことだと思います。また、「創造主の弟子たち」とは、第三密度世界に入ってくる、あるいはそこにはまり込んでいる魂たちで、地球の住人のほとんどは数千年間その状態です。地球と一緒にその目的地の第五密度世界へ旅するあなたたちが道案内になるのですよ。そして場合によっては、その進化過程に戻ることもあります。

(18)よく話題に出るのが、拡大するケムトレイル、動物の野放図な殺戮、止まらない熱帯雨林の減少、これは政府が認可している場合が多い、の三つです。これらの嘆かわしい状況は、尽きる寸前の破壊的な双対性エネルギーの本質的な部分が現れたものです。

(19)ケムトレイルの成分が健康に有害なことは確かです、でもどうかこのことも知ってください。最悪の毒性物質はあなたたちの宇宙ファミリーのテクノロジーによって中和され、安全なものに変えられているのです。あなたたち自身で免疫系機能を高められることを知れば、ケムトレイルの有毒性に抵抗するパワーを持てるのです。地球を汚染しているほかのあらゆる悪性物質と同様に、光エネルギーが強まるにつれて、ケムトレイルとそれらを生み出している闇も消えるでしょう。

(20)森林の乱伐スピードとほとんど同じ早さで森林が再生されるでしょう。ええ、いまの状況ではまだ無理ですが、地球がより高度のエネルギー密度次元に入れば、その波動エネルギーと宇宙ファミリーのもつテクノロジーの両方によって、そのように土地が再生されるでしょう。同じようにこの瞬間汚染がひどい地域もすべて浄化されるでしょう。

(21)人類の意識が向上すると、地球上のすべての生命体意識も向上します。それを考えると動物虐待や殺戮はさらに悲しいことです。光が充分強くなってあらゆる生命がお互いを殺すことなく仲良くなるまで、それは避けられないのです。でも、それまでだけでも光が差し込んでいますから、きっと多くのひとびとが動物たちに抱いている絶望感を軽減してくれるでしょう。お母さん、僕が動物の天使について語っているところを捜して、ここに貼付けてください。
        _____________________

(22)マシュー:これを聞いてお母さんは喜ぶでしょう・・あなたの犬たちには守護天使がいます。犬の専門領域の天使が、天上でも知られているあなたとボブの愛情と世話を受けるように、あなたたちの犬たちを選んだのです。あなたが「毛むくじゃらのこどもたち」と呼んでいるもらった犬たちは偶然あなたのところに来たのではありません。犬たちへのご褒美か償いのためです。これはあらゆる動物たちとそれらを愛する世話するひとたちも同じで、お互いに導かれているのです。

母:素晴らしいことね!ではペットはみな天使がいるの?

マシュー:そうです。お母さんがあまり可愛くないなと思う動物たちもですよ。どの種にも魂のレベルでの天使がいます。でも人間の天使のように個々についているわけではありません。これらの特別な天使は大昔の魂で、この宇宙の動物たちがみな平和でスピリチュアルで知性ある生物体であったとき、最初は動物だったのです。

魂のレベルで動物たちは自分たちへの天使の慈愛を知っています。悲惨な生涯のものたちでも、天使のパワーや影響力によって苦痛を軽くしたり極度に苦しい肉体的ないのちを終えるのです。天使のなかにははるかに多数の動物やより賢いものたちを守護しているものもいます。でもどの天使がほかよりも大切な責任を負っているわけではありません。なぜなら、それらのすべての生命は宇宙の動物エネルギーのバランスをとるという意味があるからです。

天使たちはそれぞれの動物たちの種の保存のために、一体性の感覚を与えています。でも、動物たちや種全体に対してまで残酷な人間たちを地球から撲滅する権限はかれらにありません。善意から行動している環境活動家たちは、・・自分だけのための政治的、個人的あるいは経済的な理由からではないということですが・・動物たちの天使たちに動かされて活動に取り組んでいるのです。
           _______________________

ありがとう,お母さん。

(23)ほかの人たちは政治について質問しています・・関わるべきか、そしてどちら側に・・ということですが、こう答えましょう。自分のこころに従えば間違いありません。大切なのは、なにをこころに強く感じるかということです。それは、あなたたちの言う内的導きからの「信号」、あるいは魂やハイアーセルフ(超意識)からくるメッセージです。アメリカ大統領選挙や選挙が予定されている他の国々、まだ係争中で世界の注目になっているところもあります、の結果について知りたいと言うひとたちがいますが、それは言えません。ええ、これはいま地球の潜在エネルギー場で、光のモーメンタム(勢い)がわずかに緩く、寄り道になった分はっきりしています。でもその進行は止めることはできません。私たちはあなたたちの決定や行動に影響するようなことを言うことはできません。あなたたちの個人的な生き方を導くこともできません・・これは、人生の目的について僕に教え導いてほしいという人たちへの返答ですが、やはり、自分のこころに従ってください、と僕は言うだけです。新しい本のなかでお母さんに書いた、神の言葉の引用です:「こころは魂のいる場所です」

(24)世界経済の混乱をどう緩和できるのでしょう?私たちは、経済的な困難によって、とても多くのひとたちが助け合うようになっているのを見て非常に喜んでいるんです。個人個人で、また多くのひとどうしでたくさんのことを分かち合うこと、そうすることで、個人として他のひとや多くのひとたちの人生に計り知れない影響を与えているのです。そして、崩壊する経済システムには真の解決をもたらす対策が進行中ですから安心してください。政府や金融機関による緊急対応のことではありません・・それは金持ちの資産を増やすためにお金の船を沈ませないようにしているだけです・・そうではなく、あなたたちの中にいる光の使者たちのことです。かれらが、良心に照らして受け入れ難い不平等なシステムを、お金だけでなくあらゆる世界資源を公平に分配するシステムに秩序正しく移行する準備をしています。

(25)地球のアセンションが完了するときが、どう分かるかですか?それは間違いなく明らかになりますよ。世界が平和に、すべてのひとびとが助け合って自然と調和して生きているのを見れば、あなたたちのこころは喜びで溢れるでしょう。それが具体的に何時なのかという質問には、これまで繰り返して答えてきましたが、直線的時間はなくなって、時間がどんどん早くなっていくにつれて時間のない時空連続体(コンティニウム)の現実が感じられるようになります。カレンダーのような決められた「絶対性」のなかで生きることはもうやめた方が賢明です。そのかわりに、毎日を充実して創造的に生きましょう。つまらないことにこころを奪われたり、「今すぐ知りたい」といった焦燥さから抜け出すようにしましょう。そのようなエネルギーを自分の魂の声に耳を傾け、地球の黄金時代にいる自分自身を想像することに使うほうがいいでしょう。

(26)このメッセージを個人的な話で終わりたいと思います。2日前は、僕が最後の地球での一生を離れてからちょうど28年目にあたります。26年前のその日、お母さんは深い悲しみにいました。僕は、ニルヴァーナにいる僕のことを時折お母さんに伝えてくれるある親しい魂を通して、その日を死んだ日ではなく天上界への誕生日だと思ってほしいと伝えました。小さい頃、お母さんと僕は種を植えて花を育てたことがあります。僕は、もし誕生日に花を買ってくれるなら、僕は彼女といっしょにいるから、いっしょにお祝いしましょうと言いました。この話をするのは、毎年の記念日を新しい見方で迎えることで、それがお母さんには慰みになったからです。魂の進化にしたがって先に移って行った愛する者たちを悲しんでいるひとたちに、このことが同じように慰みになればいいと思い話しました。

(27)では、言葉だけのさよならを言いましょう。このエネルギー場にいるすべての魂と宇宙のすべての光の存在からの愛はいつでもあなたたちと共にあるからです。
              ____________________
 
原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄

2 件のコメント:

coin さんのコメント...

Love And Mercy
by Brian Wilson :

I was sittin’ in a crummy movie
With my hands on my chin
all the violence that occurs
Seems like we never win

Love and mercy that’s what you need tonight
Love and mercy to you and your friends tonight

I was lying in my room
And the news came on TV
A lotta people out there hurtin’
And it really scares me

Love and mercy that’s what you need tonight
Love and mercy to you and your friends tonight

I was standing in a bar
And watching all the people there
Oh the loneliness in this world
Well it’s just not fair

Love and mercy that’s what we need tonight
Love and mercy to you and your friends tonight

http://www.youtube.com/watch?v=8M4NmjAtVNQ&feature=related

Morita Gen さんのコメント...

Coinさん

I'm sorry, I love you, Please Forgive me and Thank you.

Gen