金曜日, 9月 19, 2008

マシュー君のメッセージ(11)

サブプライム住宅ローン危機からはじまって、ファニー・メイとフレディー・マック、メリルリンチ、リーマンブラザーズ、そして一昨日は保険業界世界最大手のAIGと、つぎつぎとアメリカを代表する金融・証券・保険会社の崩壊がつづき、アメリカ政府がそれらの救済につぎ込む国民の税金はなんと90兆円!

いよいよ何も実体がない闇のグローバル金融システムの崩壊が表舞台に出てきた感です。これが日本の金融・証券界を襲うのは時間の問題でしょう。

そんな折り、マシュー君のメッセージが届きました。これはマシュー君の本をフランス語に訳しているカナダのジーン・ハドンさんの個人的な質問に寄せたものですが、お母さんのスージーさんの許可を得て、私のブログに載せさせてもらいました。

ハドンさんの話によると、アーリントンインスティテュートというグループが、たとえば、9・11の数ヶ月前に、燃えるビルからひとびとが飛び降りるといった夢を多くの人が見ている事実に注目し、人間には集団的な潜在意識レベルでなにか重大な事件を予見する能力があるのではないかと研究しているそうです。そして、つい最近、まったく離れている4人の人たちからアメリカ国内でこれから60日の間に、なにか9・11のような重大な破壊的事件が起こるという情報を受けたそうです。

9月11日はマシュー君の46回目の誕生日です。

(ジーン・ハドンさんの注記:この情報をスージーさんに伝えたところ、彼女から、「マシューがその”差し迫った事件の警告”について言いたいことがある」と言っていますという返事をもらいました)

****************************************

マシューのJPG

マシュー君のメッセージ 2008年9月11日

マシューです。愛をこめて、ご挨拶します。

9・11に迫るような”非常に大規模で破壊的な事件”が、この60日の間に起こるかもしれないという可能性について、僕たちの考えを言います。

ある人たちは、集合意識これは宇宙の全体的意識という意味ですが、にコンタクトできる能力がありますが、それには天地創造以来のすべての思考形態、それが光でも闇でも、が含まれます。

闇の思考形態について言えば、最古の闇の思考形態が9・11を計画する思考形態に引き寄せられ、両者のエネルギーが一体となってイルミナティにあの悲劇の日を具象化させることができたのです。

そのとき地球は、もはや二度と闇の勢力の手による死と破壊を繰り返させないことを選んだのです。そして、彼女(地球)の自由意志を尊重して、神は、宇宙からの支援を得ることを認め、かれらのテクノロジーを使って世界中どこにおいてもそのような非人間的な謀略をすべて防ぐことにしたのです。

それ以来、かれらはすでに12回も防ぐことに成功しています。

これについてちょっと話しましょう。

地球の潜在エネルギーフィールド(場)の活動は、僕たちが今まで見たことがないほどに活発になってきています。それとともに、闇の勢力はますます絶望と恐怖に駆られ、あらゆる方向に暴れ出ていますが、かれらが薮から棒になっても、さらに強さを増している光によって抑え込まれています。

これらの地球にいる闇の操り人形たちは、自分たちの支配が衰えてきて、もう「やるかやられるか」というところまで来ていることを知っているのです。かれらの謀略がことごとく失敗に終っているのにもかかわらず、もし以下のふたつのシナリオを阻止することができれば、まだ形勢を取り戻せるチャンスがあるといまだに思っているのです。それこそ本当に”大規模で破壊的な”事件なのです。でもかれらはそれをどちらも防ぐことができないでしょう。

最初のシナリオは、ほかの宇宙文明人の否定できない存在です。

公表された10月14日の出現の際に、地球人類と宇宙人たちの安全が保証されないとしても、それが長く延期されることはないでしょう・・もう、その時が来ているのです。

そしてそれが起きれば、とくにアメリカ政府にとって非常に大きな打撃になるでしょう。それは長い間イルミナティの支配下にあったので、他の宇宙文明人たちの存在の可能性を否定してきただけでなく、地球外生命体(ET)が政府の指導者(大統領)たちにも会見していることや平和的な目的だけにやってきた宇宙人たちに対して敵対的な対応をしてきた事実を否定して来たからです。

二つ目は、”9・11”を計画し実行した者たちの真相です。

いま地球が軌道に入っている高い波動の中では、真実はこれ以上隠しきれません。9・11の真相が露見するとき、中東の石油資源支配以上のさらに深い目的があったことが明らかにされるでしょう。それはこの惑星全体の支配であり、そのためにその人間たちを殺しまた奴隷にするというものです。そしてそのときイルミナティの長い恐怖支配が終わりを告げるでしょう。

この二つの大きな事件が世界に与える衝撃は、いま進行中の世界の大変換と地球人類のスピリチュアルな再生プロセスのひとつです。それは、この惑星のあなたたち全員が生前に参加すると合意した、宇宙の兄弟たちとの共同事業である喜ばしいアセンションです。 

宇宙集合意識にコンタクトできる人たちが見ていることを、あなたたちが知ることも同様に大事です。

多くのひとたちには、僕たちが地球の黄金時代について語ってきたことが正確に見れています・・それは、すべてのひとびとが愛に包まれ平和に暮らし、あなたたちの惑星の健康と美が復活し、あらゆる自然と人類の調和した共存世界です。もう地平線の近くに来ていて、コンティニウム(時空連続体)ではすでに創造されているこの素晴らしい地球には、第三密度の世界に蔓延っている怖れ、暴力、慾、偏見やほかの対立を産むものはまったく存在しません。

どちらの世界に住みたいと思うかはあなたたちの自由です。でも僕たちは、あらゆる魂への無条件の愛から、あなたたちが愛と平和の世界を選ぶように祈ります。
________________________________

訳文責: 森田 玄
原文はこのURLにあります。

5 件のコメント:

momo さんのコメント...

読ませていただいてすごく暖かい気持ちになりました
訳していただいてありがとうございます!

2012関係のHPだと 暗い予言などが多い中
マシュー君のメッセージにはとても救われますし
自分の生き方をいろいろ考えさせられます
確かなものを信じられるのはしあわせですね
玄さんのHPに出会えたことに感謝します♪♪

Morita Gen さんのコメント...

momoさんへ

どんなつらい境遇や醜い事件、恐ろしいことが身の回りにあっても、それは結局、それを自分がどう受け止めるかによるようです。ネガティブなことにこころがどう反応するかということですね。嫌だ、怖いと反応した瞬間、こころはその闇に覆われてしまうでしょう。でももし、自分が光を照らす存在だとすると、そのネガティブなものの闇を照らしてあげることができるはずです。もしかしたら、ネガティブなことは、私たちに光をあててもらうために現れてくるのかもしれません。そう考えると気持ちがとても楽になります。

ありがとう。

常冨 さんのコメント...

玄さん
お久しぶりです。
お元気ですか?
常冨です。
10月14日の話を友人にしたところ、知り合いの奥さんが、巨大UFO出現の夢を見たそうだと言ってました。
映画「未知との遭遇」のようですね。

Binka さんのコメント...

はじめまして。
毎回、楽しく読ませていただいています。
マシュー君のメッセージは読むだけで光りを感じられるので信頼して大丈夫だと思います。
大型宇宙船については「ガイア・アセンション」という信頼できるHPにも情報が掲載されていましたので、10月14日か延期しても来年2月1日までの間には現れるそうです。
本当に近い将来ですね。ワクワクします!
地球人も早く911や宇宙文明などの真実を知り、皆が平和で豊かで安心して暮らせる世界にしたいですね。

玄さんのHPに出会えてよかったです。ありがとうございます。

Morita Gen さんのコメント...

常冨さん

はい、ひさしぶりですね。こちらは、相変わらずのドタバタで毎日を過ごしております。さて、14日になにが起こるのか、いやもう起きていると言う人もいますが。地球の大変革だけでなく、宇宙の方もどうやら大きな変化が起きているという話しもあります。でも、大事なのは自分自身の世界ですね。