土曜日, 11月 13, 2010

マシュー君のメッセージ(38)

以前にも書きましたが、このメッセージはいつも私たちのすることとシンクロしている感じがしてなりません。まさにシンクロニシティ(共時性)です。このメッセージを受け取った日、私たちはNVC(非暴力コミュニーケーション)リトリートの最後の日だったのですが、そこで学び経験していたことがそのままそこに書いてあるように感じてびっくりさせられました。

”どのような場合でも、その究極的な目的はバランスある経験を得ることです。それによって第三密度世界で与えられるすべての学びを完了するのです。”とマシューが言うように、それは対極性の分断から平和的和解による解決に至るプロセスであり、からだと精神とこころ、そしてエネルギーのバランスのプロセスのことを示しているように思えるからです。

NVCでは思考よりも感情をもっと大切にします。いろいろな感情こそ本当の欲求や必要性(ニーズ)から来ていると考えられるからです。逆に言えば、ニーズが満たされないから感情が出て来るのです。ですから感情とニーズはつねにバランスをとろうとしているとも言えるでしょう。たとえば、イライラすることや不安や怒りはニーズを満たすためにこころがバランスをとろうしている反応であって、それがその人にとってその時のベストなプロセスだと思えば、だいぶ気が楽になりませんか。少なくとも罪悪感や批判はなくなると思います。

このように、NVCの理解をさらに深めてくれていると感じています。来年の4月にはサンフランシスコのベイNVC代表のミキ・カシュタンさんが来てくれることになりました。いまからもうワクワクしています。

ところで、今月末にマシュー君のお母さん、スージーさんに会いに行くことになりました。また皆様からマシュー君に訊きたい質問があれば、スージーさんを介してお願いしようと思います。ご希望の方は質問をこのブログに投稿してください。但し、個人的な相談は遠慮ねがいます。またすべての質問ができるとは限りませんのでご承知ください。そして後日、このブログで発表させていただきます。
***************************

マシューのJPG

2010年11月6日

国政選挙、対極性による分断、地球温暖化、急速に訪れる真理と改革、宇宙船の目撃、チリの炭坑夫救出、バランス、女性と男性エネルギー構造と影響、カルマ、二種類の密度/魂の進化と形態、ニルヴァーナの構造と住民たち

1. マシューです。この宇宙領域のすべての魂たちから心からのご挨拶をします。質問にまず答えることからはじめますが、それはあなたたちと地球のアセンションには直接には関係ないように見えるかもしれません。でも、この宇宙でも希有な時期にあなたたちの世界で起きているあらゆることは密接につながっています。そして、この前の僕たちのメッセ-ジで約束したように、アセンションについてまだ” 食べ残し”の質問にも答えましょう。

2. さて、最近数ヶ月にいくつかの国々で国政選挙がありました。それはそれぞれの国の国民だけに深く関わることのように見えますが、より広い視点から見ればその影響はその国の国境を超えてはるか遠くまで及ぼしています。第三密度世界では、政治体制は対極性の温床になっていて、そのエネルギーがあらゆる場所のあらゆる人々に影響を与えています。

3. どの文明社会でも第三密度から抜け出る過程には、対極性を経験すること、それによる分断によって平和な暮らしが妨げられること、そして最終的には共同体や国の中の、そして国際的な違いが平和的に解決されるという本質的な側面があります。そうすることで、人々は第四密度に入るための十分な魂の成長を促進させるのです。強さを増している光がこれを実現させています・・意識の向上とスピリチュアル(霊的)な再生です・・それは世界中の和解によって対極性の最後の痕跡がなくなるまでつづくでしょう。

4. 選挙についてさらに言えば、勝った候補者の支持者たちが大喜びし、対立候補者の支持者たちがみな落胆するのは当然です・・対極性がどのように人々の考えやこころを分断するかという典型的な例です。国民に・・あるいは自分たち自身に・・とって何がもっともよいことなのかについて政党間に合意がないために、恨みがましい論争によって協調しようという試みが不可能になり、あなたたちの世界の深刻な問題への適切な解決が妨げられています。

5. この分断は和解へと進んで行かなければなりません。そして、この星に光がその強度を増すにつれてそうなるでしょう。世界中で選任された人たちが、スピリチュアル(霊的)と道徳的な誠実さをもって賢明な働きをする場合にだけ、市町村から国レベルまで、それぞれの領域でのこれからの道に影響を与えつづけるでしょう。エゴや権力や欲に動かされている人たちは・・往々にして知りながらイルミナティに加担していますが・・光がないために長くは生きられないでしょう。

6. 地球が第三密度から着実に抜け出る過程では、そのような善悪の選別による分離が起こります。地位に留まる指導者たちとその関係者たちは、あなたたちの世界のすべての国の人々のために変化をもたらしたいと願うようになり、またそうするでしょう。あらゆる戦争と紛争と残虐な行為は止み、不正な法律は撤廃されると供に、あらゆる不公正な政策とそのほかのネガティブ(破壊的)な活動も廃止されるでしょう。そして束縛されている人たちに自由がもたらされるでしょう。

7. もうひとつの対極性の典型的な例をあげましょう。あなたたちの地球温暖化という論議を呼んでいる問題です。これを自然現象だと信じている人たちは、地球の氷河期を証拠として引き合いに出して、今日の記録的温度や氷河の解凍や極端な気候変動には人類は成す術(すべ)がないと言います。その人たちは、産業活動の抑制や自然エネルギーへの変換は、あまりにも費用が掛かるので必要ないと思っています。そして、科学が気候変動は人為的なものであることを証明していると信じている人たちがいます。その人たちは産業汚染とバイオ(生物)燃料が原因だと指摘し、それらの活動を止めさせないかぎりその代償は全面的な環境破壊になると主張しています。この両者が対立したままなので、変えようという大規模な取り組みはなにもされず、いつもどおりのままです。

8. 本当のところは、両者のどちらにも正当性があります。でも、地球自身が、そのからだが汚されていず健康だったエデンの時代の温暖な気候に戻って行く過程にあることはどちら側も知りません。人間の産物である汚染は、この星とその生命体すべてに危害を与えているので止めなければいけません。最後には地球温暖化問題をめぐるふたつの立場は環境の保護と修復がもっとも大事だということに気づくでしょう。それまでは極端に離れていた意見がお互いに折り合いをつけて、現在の危機的な状況を救う有効的な方法に変わるでしょう。 

9. 第四密度への入口の窓にむかって地球がそのスピードを速めているので、対極性の終焉は極めて急速に起きて来るようです。 し烈な闇の人間たちの執念で、人々に知られるべき真実が隠されています。これらの真実を一般の人々が気づいていないために、本質的な改革への大きな変化が妨げられています。ですから、すべての人々がもっと余裕を持って経験できるように幅をもって徐々に起きるかわりに、奥深い真実とそれによる様々な変化が万華鏡の断片のように起こってきて、お互いが流れ落ちるようにして新しい模様を形成することになるでしょう。

10. この惑星のこの未曾有の時期にその一翼をどうしても担いたいとあなたたちが願ったとき、このようなシナリオになることもあることをあなたたちは知っていました。積み重なる転生によって、あなたたちはこの混乱を恐れずに乗り切る万端の用意があることを知っていました。黄金時代のマスタープランをつくった宇宙最高評議会もそれを承知していました・・だからこそあなたたちが選ばれ、同様に参加したいと願ったほかの多くの人たちは経験不足で選ばれなかったのです。光の中に落ち着いて毅然としているあなたたちのエネルギーが周りの人たちに触れ、その波及効果が地球を覆うでしょう。ですから、このやりがいある仕事を喜んで受け入れてください。闇は完全に根を絶たれ、地球はあなたたちを第四密度に連れて行くためにまっしぐらに目標にむかっています。

11. 数週間前ニューヨーク市上空で宇宙船が正体を現したのは、あなたたちの世界のいろいろな場所で何度も起きているたくさんの似たような出来事の一つにすぎません。母船や大船団が最近のワシントンDCでのイベントの間に姿を現すこともできましたが、それはあまり賢明なことではないでしょう。宇宙文明社会の人たちがあなたたちを支援するためにそばにいるという証拠を示すかわりに、そのように見せつけることは、闇の人間たちの思うつぼにはまることになっていたでしょう。彼らが利用するエンターテインメント(娯楽)によって、人々は宇宙人の存在にはすべて怖れで反応するように教え込まれているからです。ますます多くの人々がほかの知的存在が”外の世界に”いることを信じるようになっていますが、スピリチュアル(霊的)に進化した存在たちだけが近くにいることを知っている人たちは比較的わずかです。それは、いまでは光が強烈になっているのでどの闇に傾いた宇宙人たちでもあなたたちの銀河系領域に近づくことはできないからなのです。

12. けれども、僕たちの宇宙ファミリーの存在が公式に認められるまでは、宇宙船の目撃はさらに頻繁にもっと多くの場所で増えつづけるでしょう。その認められることがあらゆるイルミナティの活動・・そうです、ケムトレイルや遺伝子組み換え食品、そして害虫の侵入といったあなたたちの健全な暮らしを脅かす陰謀です・・を終わらせることになるので、彼らはどんなことをしてもそのような公表を阻止しようとしつづけるでしょう。ですから、宇宙船の目撃についてもっとバカバカしい説明があるだろうと思うのももっともです。それは誇張された邪悪な宇宙人についての”娯楽”や、たぶん最後の手段かもしれませんが、あれこれ方法を使って侵略する勢力を捏造しようとする陰謀です。たとえそのような陰謀が実行されても、大衆の恐怖をもたらし、それを口実に軍隊で支配しようというその目的が果たされる前に、それは潰されるでしょう。

13. 僕たちの宇宙ファミリーがそのテクノロジーを用いて人工の嵐や地震を阻止したとしても、母なる自然はネガティビティー(破壊エネルギー)を解放するために必要であるかぎりそれらを生み出すでしょう。それらの高度のテクノロジーは闇の人間たちが企む大量死と大量破壊を減少させると同時に、それによってネガティビティー(破壊エネルギー)が完全に解放されることを覚えておいてください。

14. チリの閉じ込められた炭坑夫たちの救出劇の重要性は、勇気、耐久力、忍耐そして協力をはるかに超えて、そのあとの成功と歓喜に至るまでのあのハラハラする場面の間、あなたたちの世界全体で深い感情の投資をもたらしました。地球人類のレベルをそのような面で上げることで、この救出劇は地球がアセンションの過程で到達しているより高い波動の影響をおどろくほどに示しています。炭坑の崩壊の瞬間から最後の人が地表に到達するまでの全員による取り組みと感情の反応は、あなたたちの惑星で長い間生命を支配して来た男性エネルギーとバランスをとるために入り始めた女性、あるいは女神エネルギーが入り始めた数年前までには起こり得なかったことです。

15. それらのエネルギーについてはもっと話します、でも、魂の進化に極めて重要なバランスについてちょっと話しましょう。バランスは一度到達すれば永久に持続するというものではないことを理解する必要があります・・宇宙は常にバランスをとろうと運動していますし、あらゆる魂も同じです。あなたたちが何とかたった一人になれるような自由な時間がとれ、興味ある本を楽しんでいるとしましょう。するとなにかの勧誘の電話が掛かります。あなたたちはこの邪魔にイライラし、それからの数分間はその侵入への思いと感情を整理して、なんとか本に集中して余暇の楽しみをとり戻そうとします。

16. もちろん、これは大したバランスをとる行為ではありません。でも、あなたたちは意識的に気づいていませんが、いつでも何かの感情的なバランスをとるような運動をしていることをこれはよく示しています。不快な状況や関係に遭遇することが深刻であればあるほど、あなたたちのシステム(体系)を苦悩から解放し、あなたたちのからだと精神とこころの健康の基礎であるバランスを取り戻すことがさらに難しくなります。

17. では、そのような理由と同時に魂の進化のためにもバランスが必要とされるエネルギーの話に戻ります。数千年にわたってあらゆる苦しみを引き起こし持続させてきた闇の人間たちのエネルギーは完全に男性的なものからできています・・強く、頑固で、冷酷、対立的、戦闘的で、何としても成功し、他人を支配し、すべての状況を牛耳ろうとします。女性エネルギーは等しく強力ですがその方法は異なります・・母性的で思いやりがあり、優しく、繊細で、協調的、話し好きで、いわゆる”美的感覚”があり、そして自然と一体化しています。

18. これらの普遍的なエネルギーのふたつのカテゴリーはジェンダー(社会・文化的性)や性的指向とはまったく関係ありません・・男性エネルギーが女性の中に支配的であったり、女性エネルギーが男性に支配的であったりします。このふたつのエネルギーの完全なるバランスである両性具有(アンドロジニー)になることが、あらゆる魂たちの根源(ソース)である創造主の元に戻る旅のゴール(目標)なのです。そしてそのゴールを考慮して、それぞれの肉体を持った転生が生まれる前に選択されるのです。

19. 魂から意識へのメッセージはあなたたちの魂の合意に沿った自由意志の決定を導くためのものですが、そのメッセージを覆い隠したり完全に消し去ってしまうあらゆる外部からの影響を受ける第三密度世界にいったん転生してからそれらの選択を始動させるよりも、霊体での転生のあいだに選択する方がもっと簡単です。しばしば肉体での転生の選択が合意したものよりも大きく異なるのはその理由からです。いったん霊界に戻れば、魂は過去の転生を振り返り、また再びその合意から外れてしまったことに気づき、次の転生で同じ学びを経験することを選択するのです。それは、バランスが達成されるまで第三密度世界での肉体を持った転生を何百回やそれ以上繰り返すことになることもあります。そうして魂は第四密度に進めるのです。

20. 魂の進化で繰り返されるこのプロセスに考えられるもうひとつの方法がカルマです。それはよく誤って理解されています。カルマは報酬でも罰でもありません。それは”神の審判”とか霊界にいるあなたたちの仲間やなにか外部のパワーによって決められるようなものではありません。また、それはポジティブ(肯定的)でもネガティブ(否定的)でもなく、エネルギーのようにカルマは中立です・・このふたつの方向は思考と感情と行為から来ます。そしてそれらが総合的にそれによって導かれる経験を決定します。ですからカルマとは、いわばコインの両側を経験するようなことであり、性格を選ぶ際のポジティブな面の弱点を強化する無限のチャンスなのです。どのような場合でも、その究極的な目的はバランスある経験を得ることです。それによって第三密度世界で与えられるすべての学びを完了するのです。

21. 地球ははるか長い間その密度にいますが、魂たちの進化のために経験し習得する必要がある対極性の要素と状況をもたらすことでは理想的な場所です。けれども、かたちが第三密度の世界で、そこに住んでいる人間たちのスピリチュアル(霊的)と知的な進化レベルがほとんど第三密度にあるのは地球だけではありません。そのようなレベルの世界はほかにもたくさんあります。宇宙でも希有なこの時期はすべての地球住民に並外れた恩恵をもたらすことだけに、あなたたちの中にはそこから戻って来ている人たちもいます。

22. いま意識の向上とスピリチュアル(霊的)な明晰さの助けとして無数の光源から流れ込んでいる光によって、あらゆる人々がそれぞれの選択したカルマを迅速に終了するように助けられています。光を吸収する人たちは全員そのように前進するでしょう。また魂の合意による寿命にしたがって、この惑星と一緒に黄金時代へ向かうか、ニルヴァーナやほかの霊界で魂の進化をつづけるでしょう。光を吸収しない人たちは霊界と肉体界で転生を繰り返す中で光りを吸収する別の機会があるでしょう。それらの世界はすべて人々のスピリチュアルな成長にとって個人的なニーズ(必要性)に見合っているものになるでしょう。

23. 家族は、アセンションのあいだとそれ以降も一緒にいるのでしょうか?これには不確定要素が関わるので、答えは”多分”としか言えません。考えられることは、家族のメンバーそれぞれの合意にある寿命契約や、宗教的教義についての真理を受け入れるかわりに魂レベルで離れることを選択すること、特定の使命を果たし自分の故郷に戻る進化した宇宙文明社会から来ている人、法的あるいは血縁の関係だけでない強い愛の絆などがあります。

24. 地球が第四密度に到達すると、ニルヴァーナは第四密度に留まるのでしょうか、それとも第五やそれ以上に上昇するのでしょうか、そして地球よりつねにひとつ高い密度にあるのでしょうか?これには、ふたつのタイプの密度について、いわば”点と点を結べば分かる”ような簡潔な説明が必要ですね。僕たちの回答は、これまでのメッセージであなたたちが質問した問題の多くへの答えになるでしょう。

25. 密度は、魂が到達したスピリチュアル(霊的)な進化のレベルと同時に、かたち、肉体、実体をもつあらゆるもののエネルギーレベル、あるいは波動速度を示します。僕たちは、あなたたちが分かりやすいように、より大きな数が進歩を示すようにその様々なレベルを数字で言っています。肉体は、言うなれば、魂が選択した転生経験の目的にもっともかなうように具現化した容器にすぎません。密度という言葉の両方の使い方をあらゆる魂たちとその形態に適応できます。またその次元数は、魂の中の光の度合いとその肉体の密度によって異なります。

26. たとえば、はるか遠い昔のある時点で、あなたたちが地球と呼ぶ魂がある惑星体に宿ることを選びました。彼女と神が共同でそれを第五密度の中に創造しました。彼女の代々つづく文明社会の行為から生み出されるネガティビティ(破壊エネルギー)によって、計り知れない時を通して彼女のからだがその密度を急速に下落させても、彼女の魂はいつでもそこに留まっていました。地球が第三密度に深くはまり込んでいた何千年の間、そこにいたほとんどの人々もスピリチュアル(霊的)にも知的にも第三密度の存在でしたが、その中にはもっと低い密度の人たちと一握りの高い密度の人たちがいました。

27. 過去半世紀そしてそれ以上にわたって、この惑星はネガティビティー(破壊エネルギー)を放出し、また光を吸収することで深い第三密度から抜け出て上昇してきています。この過程の中で、その波動はさらに高くなっています。この惑星が上昇(アセンション)するにつれて、それは光を吸収し、それによってより高い波動速度の中でも生き残れることができるのです。

28. 現在の地球人類には、魂の進化で第七密度から、闇の行為をしたために第二と第一密度まで退化している人たちがあなたたちの中にいます。そして、肉体はすべて形態上の密度ではまったく同じように見えますが、第三密度以上の人たちの肉体にはスピリチュアル(霊的)により多くの光が入っていて、第三密度以下の肉体はスピリチュアルにより少なくなります。けれども、オーラは人々の中に光がたくさんあるか少ないかをはっきり示すので、オーラが見える人たちはその点で誰が誰だかをはっきりと識別できるのです。

29. さて、ニルヴァーナです。あなたたちは、あなたたちの霊界が肉体をもたない住人のいる非物質化した世界・・肉体をもたない魂たちが住む非物質界・・だと思っていますが、ニルヴァーナには形がありますし、その住民たちにはすべて肉体があります。この宇宙全体にあるあらゆるものは何らかの振動、あるいは波動速度で変動しているエネルギーです。そしてより低い密度の形態はより高い密度のものより硬く固形化して見えます。ニルヴァーナの住民たちがあなたたちの第三密度の肉体を見えるのに、あなたたちは彼らの第四密度の肉体が見えないのはそれが理由です。

30. そして、ニルヴァーナの住民たちのスピリチュアル(霊的)な進化の到達レベルは地球の住人たちのレベルと一致しています。地球のための霊界として、その人生が”よい”、”平凡”、”悪い”とにかかわらず、そこが地球の住人たちの肉体死後の一つ目の駅です。一人ひとりの考えや動機そして行いのエネルギーがその人生を通して瞬間瞬間にアカシックレコードに記録されます。その総合エネルギーが、その人の人生のエネルギー記録に対応するニルヴァーナの部分へと自動的にその人を引き寄せます。

31. ニルヴァーナはとりとめのない、自由自在の多重層からなる領域で、魂の進化レベルが第二から第七密度までの地球住民すべてを受け入れられます。第一密度にいる魂たちはニルヴァーナの唯一隔離された部分に行きます。それは小さな球体の領域(オーブ)で、その形態はそこにいる住人たちのスピリチュアル(霊的)な密度と同じ濃さになっています・・彼らの対応するエネルギーは銀河系の中にあるあなたたちの太陽系領域でもっとも密度の濃いものです。光が絶えまなくそれらの魂たちに送られています。もし彼らがそれを受け入れれば、彼らはその小球体領域からニルヴァーナの最下層へと移動します。光は低下層・・様々なレベルのエネルギー記録・・にいる魂たちにも絶えまなく注がれています。そして彼らが光を受け入れると、彼らの必要性(ニーズ)にふさわしい上級の学びが用意されている次のより高い層へと移動するのです。

32. ニルヴァーナの標準的な住人のほとんどはスピリチュアル(霊的)に第三密度にいます。肉体をもった過去の転生でうまく行かなかったところを自己認識し、それらを乗り越える覚悟ができると、その改善の補習を地球やほかの第三密度世界での新たな転生で実行に移すために魂の合意選択をします。スピリチュアル(霊的)に高く進化している魂たちは速やかに次の目標地へ向かうか、極めて長い間そこに留まって、評議会で働いたり、あるいはマスター教師やヒーラーとして仕えます。

33. ニルヴァーナの上層部には光が満ちています。その類いまれなる美しさと多様性によって、スピリチュアル(霊的)そして形態的に第四密度以上の人々のバケーションスポットになっています。その層はまた、数々の極めて困難な経験を抱え、ニルヴァーナのこころに傷を負った人への特別な介護の評判を知って遠くの文明社会からはるばるやって来る人たちのための避難場所にもなっています。

34. さて、僕たちのメッセージを終えるにあたって、第三密度世界に戻って、もうひとつそれが用意してくれている役に立つ進化のことについて話しましょう。あらゆるものはその中に生存可能な最低水準の世界を持っています。そこでは第一と第二密度の魂たちは梯子を登って戻り始めます。たとえば、地球にいるナメクジやアブラムシ、ハエ、ウジ虫、微小海洋生物やほかの形態の生物は生存本能レベルの意識をもっています。これは魂が人間としての転生で悪事をしてきたことの罰ではありません・・それはそれにつづく転生が何もないきれいな記録と場所で自然のバランスの内に始められるように、すべての細胞レベルの記憶を消してくれる神聖なる恩恵なのです。その領域がどこであろうとも、あらゆる魂は創造主の純粋なるエッセンス(本質)である愛と光の分身です。そして魂の進化のどのような段階にいても、それがまさに必要としているものを与えられているのです。 

35. あなたたちの人生の旅を通してすべての光の魂たちがあなたたちと一緒にいるんですよ。そして永遠にそうあるでしょう。
_____________________

愛と平和を
スザンヌ・ワード著

原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄

(転載自由。出典を明記してくださるとありがたいです。)

24 件のコメント:

TNO さんのコメント...

こんにちは
いつも翻訳ありがとうございます。
チャネリング情報についてですが
イルミナティの中の超能力者の集団がチャネリング情報の中に密かに影響を与えているという話を聞きました。
参照
http://homepage3.nifty.com/gaia-as/qa10h.html#survival

http://homepage3.nifty.com/gaia-as/qa10h.html#MindControl

元のメッセージの質は高いのに歪められているとしたら非常にもったいないと思うのです。
もしよろしければこの件について質問をお願いします。

もうひとつ質問ですが2010年中に
オバマ大統領がUFO・ET情報を公開すると
Dr. Richard Boylan 氏らがHPに書いていますがマシュー君はなんと言っているでしょうか?
以上です。

Morita Gen さんのコメント...

TNOさんへ

最初の質問はどのようなことでしょうか。できれば分かりやすい質問にしていただけると助かります。

TNO さんのコメント...

すいませんでした。
最初のは質問というよりそのような人達から
影響を受けないように気をつけてくださいという私の意見です。
スーザンさんにそのような集団(部隊)があることをマシュー君に訊いて知ってほしいのとその影響を受けない様に対策方法訊いて実践してほしいという意味です。
もし失礼に当たるならまたは分かりにくいなら最初のは無視してください。

Morita Gen さんのコメント...

TNOさん

質問が分かりました。ところで、スーザンさんは特別に宇宙の光の存在たち、そしてもちろんマシューによって守られているようです。そのシールドはオバマ大統領なみだと思いますよ。

矢国 建 さんのコメント...

森田さん、初めまして。
マシュー君のメッセージは掲載当時から拝読しています。自分のブログでも紹介させていただきました。

質問は世界が変わるにはまずアメリカからだと思うのですが、そのアメリカのドルを印刷しているFRBの解体と、世界の金融システム(寡占資本主義)の崩壊はいつごろから始まるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Morita Gen さんのコメント...

矢国さん

ありがとうございます。すでにアメリカの金融システムは実質上崩壊しているとマシューは言っていますが、それがいつ現実になるのか心配ですよね。でも、いつでも起こりうる状況であることは確かでしょう。そのときに備えて最低の準備は、マシューがいつもアドバイスしているように、しておいて方がいいかもしれません。

匿名 さんのコメント...

初めて投稿します。マシューくんのお母さんに会われるとの事で質問をお願いしたいのですが ご検討願います。

個人的でないと思うのですが…

日々エネルギーが地球に降り注いでいるそうですが その影響として 体調不良を訴える人が多いようです。
自分もその一人です。実は 耳鳴りが 日を追う毎に酷くなります。勿論検査で異常なしで病気ではありません。あるアセンション関連の文で見たのですが 耳鳴りは 高周波つまり 高次元エネルギーを感応しているからだとか 高次元の存在からの何らかのアクセスだとか いろいろ言われてました。そういう関連があるのかを お聞きして欲しいのですが…。個人的と言われてしまえばそれまでですが この現象は 結構多いようです
駄目でしたら 諦めます
もし出来たら 宜しくお願いいたします

Morita Gen さんのコメント...

匿名さん

原因不明のからだの異常を訴える方は本当に多いようです。それが日常的であれば深刻ですね。少なくてもその原因が分かれば不安はだいぶ軽減されるでしょう。

yurijun さんのコメント...

いつも拝見させていただいてます。ありがとうございます。
質問させていただけるとのことですが、マシュー君だけではなく、他のチャネリングの方々もいわれているように、2012年のアセンションに向けて第3密度から第4密度に移動する際の私たち自身の変化について。説明が今ひとつ、生活している上でなにがどうなるのかの理解困難なのですが。
いったいその第4密度にいけない人はこの世界に残るってことでしょうか?いける人は他界する?私たちの存在がいったいどうなるのでしょうか?物質的にどうなるのか。もし質問できたら、その辺のところを具体的にわかりやすく説明していただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

beeta さんのコメント...

玄さんはじめまして・・・!

もし可能であれば是非質問したいことがあります・・・

宇宙存在は核には介入可能だときいたことがありますが、
どうして広島の原爆の時は不介入だったのでしょうか・・・?

それが知りたいです
どうか宜しくお願いいたします!

Kaz さんのコメント...

こんにちは

マシュー君のメッセージ、いつも楽しみに拝読させていただいてます。

スーザンさんにお会いされるということで
次のような質問をさせていただきたいです。

1.ゴールデンエイジが到来する上で、オバマさんのような高次元のスピリットが転生をして地球の変換を援助しているとのことですが、スピリチャルな面の指導者(キリストのような)が現れるプランはあるのでしょうか?それとも、一人一人の光の力が増して、その光の統合により、人類がより覚醒していくのでしょうか。

2.この時期の特に日本という国と日本人の果たす役割などがあるのでしょうか。日本人はどのように貢献できるのでしょうか。

以上です。質問に値するようでしたら、よろしくお願いします。

Kaz

kanazawa さんのコメント...

こんにちは、
マシュー君はアセンションが第4密度に移行することだとおっしゃっていますが、第5次元に移行する、という考え方もあるようです
密度と次元とは違うのでしょうか?
この違いが、以前からずっと気になっているので、よろしくお願いいたします。

nao さんのコメント...

玄さんいつもありがとうございます。
以前、玄さんと一緒に畑仕事をした夢を見たと話した者です^^。

先月の「マシューメッセージ37」
ハトンさんのメッセージ、とても響きました。
ハトンさんのメッセージに対して“きつい”などという感情はなく、本当に愛そのもののメッセージで何度読んでも涙です。

さて、質問ですが先日のメッセージの玄さん冒頭コメントでハトンさんがお話しされたことを書かれていましたが

>地球にいる闇の人間たちがマインドコントロールしようという人間の頭に透明な小さな板状のチップを埋め込み、その人間を自由に操っているという話でした


このチップというものは、どういった経緯で埋め込まれ、またどのようにコントロールしていくのか詳しく知りたいと思います。

玄さんもこのことについて詳しく書くとは
おっしゃっていましたので
質問枠に入らないかもしれませんが
よろしくお願いいたします。

みのり さんのコメント...

玄さんはこの記事に関してどう思われますか?

「マシュー君」 は悪霊である
http://to-chihiro.blogspot.com/2010/11/blog-post_15.html

匿名 さんのコメント...

玄さん!ブログをいつも拝見し読ませて頂いております
その中でもマシュー君のメッセージは、最初から全て繰り返し読んできました
本も手垢で汚れるほど読ませて貰ってます(マシューブック 特別編)
その暖かいメッセージにいつも感謝しています

私がお聞きしたいのは、民主党前幹事長であった小沢さんの事です

小沢一郎と言う類まれなる政治家の今後の事が気に掛かります
現在闇からの総攻撃に遭いさすがの小沢氏もその政治生命に危険信号が灯っているように見えますがどうなのでしょう?

多くの方が目覚めてきていますが、でもまだまだその数は少ないようです?

目覚めたライトウォーカーがそのあまりにも理不尽な闇の攻撃に、心を突き動かされて立ち上がり魂(光)からの行動を起こされています

目覚めた札幌の一主婦である?HN開拓の杜さんの阿修羅への投稿
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/554.html

きっと私だけではないでしょうが?偉大なる政治家・小沢一郎氏をこのまま黙っていて失いたくはありません

小沢さんの今後は、どのように変化してくのでしょうか?

最後に、先に紹介させて頂いた「開拓の杜」さんの投稿に付いていた感動のコメントをご紹介して終わりにします

引用開始
52. 2010年11月16日 23:20:24: cSzRBQUUZo
 今夜電話の向こうで義妹が
「早く小沢さんに総理大臣をやってもらわなくちゃ」と言いました。
 ついこの夏迄、夫婦して私の意見など鼻の先で笑っていたのに。根気よく話していたこともありますが、それ以上に現政権の頼りなさが、人を覚醒させるのかもしれないと思いました。
 誰かの書いたメモに目を落としたままの要人への挨拶等、尋常な光景とは言えません。常にうつろな目や表情。取り巻きは注意を怠らないほうが良いのではないかと今日夫と話したところです。
 義妹には、2度のデモに参加したこと、名古屋にも喜んで駆けつける事を話しました。
    わたしには夢があります。
   国民の生活が第一を取り戻す夢です。
引用終わり

~私には夢があります~
これは、小沢さんが民主党代表戦の演説の時に話された感動的なフレーズで、小沢さんが好きな方なら誰でも知っている心震える言葉です

でくの坊(Dek)

匿名 さんのコメント...

いつも、翻訳していただき、感謝しています。
マシュー君へ、お聞きしたい質問です。

アセンションを迎えるにあたり、自分では光を選択しているつもりでも、アセンションできないということは起こりうるのでしょうか。言い換えると、私自身、光を選択しようと心がけてはいても、実際に自分自身の内側とつながった感覚もなかなか持てないし、光の存在につながった経験もまだありません。こういう体験ばかり追い求めてしまうのも、よくないかとは思うのですが、波動の高さが神秘体験につながるのだとしたら、自分はまだまだなのかな、と思ってしまいます。
もし、以前の質問などに重複していたらごめんなさい。
どうかよろしくお願いいたします。

ヨウコより

匿名 さんのコメント...

マシュー君のメッセージを毎月楽しみに読ませてもらってます。
主にアメリカのことを語られていますが、私は日本の将来についてもいろいろ知りたいです。(例えば中国との関係など)

みのり さんのコメント...

玄さん、以下についてどう思われますか?玄さんは神智学やブラバツキー夫人も信じるという事ですか?悪魔学ではないですか?お返事を頂ければ幸いです。

---------------
「マシュー君」 は悪霊である 2
http://to-chihiro.blogspot.com/2010_11_01_archive.html

「マシュー君」と名乗っている 霊 は「アセンデッドマスターズ」や「白色同胞団」を認めるそうです。

(森田玄氏訳)
16. アセンションしたマスターやホワイト・ブラザーフッドとあなたたちが呼ぶ魂たちと、あなたたちが知らないほかの光の勢力のパワーフルなエネルギーが、惑星地球に強度を増して来ています。

しかし、この二つの用語、概念は、どちらもブラバツキーじゃないですか。彼女は「サタンこそ真の創造主である」と言っている人ですよ?「本当にそうかも知れない」と、そのまま信じるんですか?
-------------

Wikipediaより

・グレート・ホワイト・ブラザーフッド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%89

・Ascended master
http://en.wikipedia.org/wiki/Great_White_Brotherhood
・Great White Brotherhood
http://en.wikipedia.org/wiki/Great_White_Brotherhood

Morita Gen さんのコメント...

みのりさん

いろいろな方や存在が現在起きていること、起こるであろうことについて様々な解釈をしているので、確かに何を信じていいのか混乱するのは当然です。その意味で、私はどれもそのまま信じてはいませんし、かと言って、まったく否定しているわけでもありません。大事なことは、今の自分のこころから受け入れられることかどうかということだと思っています。それはひとそれぞれの信念や想いがあってよいのではないでしょうか。そしてまた、それに固執することなく、柔軟なこころでいま世界に起きている事象を受け入れることも大事だと思います。すべてがあらゆるレベルで大きく変化している今の時期にはそのような態度や見方が必要でしょう。

Morita Gen さんのコメント...

投稿いただいた皆様へ

ありがとうございました。今日からスーザンさんのところへ行ってきます。できるだけ皆様から頂いた質問を伝えるようにします。

匿名 さんのコメント...

 気圧が変化したわけでも、強度のストレス下でもないのにキーン、もしくはチーー、とする高音耳鳴りがする場合は、月が行っているチューニングだとあるブログで聞いております。霊的に敏感なタイプは聞こえてしまうようです。

 実は自分も聞こえます。慣れてしまうと「いつもの」として気にならなくなりますが、もしホ・オポノポノあたりの言葉を試したことがないなら、今からでも「ありがとう」や「許す」の言葉が出す波動に自分を慣らしておいた方が良いように思います。
 もし第6感が開いておられないなら、それが開いてしまう前に、身につけておいた方が良いように思われます。

 スージーさん宛てに間に合うでしょうか。

UNA さんのコメント...

こんにちは、森田さん。
UNAです、お久しぶりです。

今回、書き込もうかどうか迷ったのですが、「とりあえずアクションしてみる」というモットーに従ってみます。
自分の書いた文章で、森田さんにはお見せしたいけど、公開向きではない(と思える)ものがあります。
ちょっと、一般感覚から離れすぎているのですね。

もし興味あるなら、メールアドレスを投稿しますので、興味ある場合はこの後に記載する<YESの文章>を、興味ない場合は<NOの文章>を、それぞれ返答として公開して頂けたら、と願います。
ちょっと関わりたくないな、という場合は、この投稿そのものを破棄して下さいませ。

なお私は現在、ネット環境とは縁のないところに住んでいるので、このHPを見て確認するのに、1~2週間かかる場合があります。
返事が遅れましたら、申し訳ありません。
それでは、スーザンさんとの会合が楽しいものとなりますように。


<YESの文章>
お久しぶりです。
今回の、相対性の話は興味深かったです。
対立という図式は、太陽光をプリズムで分離するように、あるものを二つに分断した姿、ということでしょうか。
加害者と被害者という対立も、「私が被害者なのだから、私は変化する必要がない」という姿勢だと、綱引きがずっと続くのかも。
…もしかしたら9.11の問題も?


<NOの文章>
お久しぶりです。
ニルヴァーナについての、細かい説明が興味深かったです。
肉体を持った人間のエネルギー密度の幅は、第一~第七密度までとか。
思ったよりずいぶん幅広くて、驚きながら、なんだか嬉しい気分にもなりました。
生きている間に、それだけ素晴らしい人間に会える可能性がある、ということですから。
もっとも、自分がネガティブだと、そういう人たちとは縁遠くなってしまうのでしょうけども。
素晴らしい人たちと会える招待状を、得られるような生き方をしたいですね。

UNA さんのコメント...

全部載っちゃってるよ!(笑)
ああ、その選択肢を残さないってのは傲慢でしたね…
さて、どうしましょう。
あまり深く考えずに、ただ公開してみましょうか。
加害者と被害者について書いた文章なんですが。
私にバシャールを混ぜて書いてみた文章です。
バシャールというのは、ダリル・アンカという人がチャネリングする存在で、言わば未来の宇宙人です。
私はダリルほど混ざってないので、半分知らないことが分かる程度です。
今回の、相対性のことと関係があるので、お知らせしようと思った次第です。
それでは、以下にコピーペーストします。
~以下コピペ~


香山リカさんなど、スピリチュアルに懸念をしめす人の主張を見てみます。
どうやら、スピリチュアル的考え方が、加害者の社会的責任を免除し、被害者に全て背負いこませる、と思っているようです。

私の概念からすると、それは誤解です。
ネガティブなこと、悲劇が起きたとき、加害者も被害者も責任者なのです。

責任者、という言葉は、「罪がある」という意味ではありません。
「主導権がある」、「選択の余地がある」という意味です。
責任者に罪人という意味を持たせたとき、いろいろと食い違いがおこってきます。

ネガティブな事象を、一枚のコインに例えてみます。
同じコインの表と裏が、加害者であり被害者です。
加害者がいて、被害者がいない場合はコインは成り立ちません。
また、被害者がいて加害者がいない場合も、コインは成り立ちません。
ですから自分が、被害者にならない選択を選んだとき、悲劇という体験をさけることができます。

例をあげます。

過労死、という悲劇が起こったとします。
加害者は企業であり、被害者は労働者であるといえます。
両者が責任者ということは、企業にも、労働者にも、悲劇をさける選択があったということです。

過労死した労働者の外から見てみると、明らかに、会社を休んだり、辞めたりした方が、破滅から脱出できました。
ですが、労働者の主観からすると、休んだり辞めたりした方が、自分の破滅につながるように見えたのです。
この食い違い、ギャップが、労働者側の悲劇を避けられなかった原因なのです。

このギャップ、ボタンのかけ違いを正すことが出来れば、悲劇は回避できました。
そして、そのギャップを埋めることが出来るのは、本人しかいないのです。
たとえ誰かが忠告をしたとしても、本人が受け入れなければ、ギャップは埋まりません。
そして逆に、本人が自分の意識を探求し、ギャップに気付くことができれば、それを正すことができます。
そういう意味で、被害者もまた責任者なのです。

加害者側にも、同様のギャップがあります。
同じコインの裏表ということは、鏡に映った相手同士ということでもあるのです。
企業の側は、「労働者を絞り取るようにこき使わなければ、利益が得られない。生き残れない」という観念に縛られています。
それは、労働者側の、「休むと破滅につながる」という観念と対をなすものです。
両者の同じ波動が、お互いを引き寄せたともいえます。

逆にいえば、自分の波動を変えることができれば、たとえ相手が加害者になろうと行動しても、悲劇は成立しません。
それは皆さんからすると、おとぎ話のように思えるかもしれませんが、宇宙はそのように出来ています。

加害者と被害者は、鏡に映った相手同士、とさきほど言いました。
悲劇が、過労死という決定的なものになる前でも、やっぱり鏡の関係です。
つまり、自分の味わっている苦しさから、「ギャップがあるぞ」というサインを読み取れるということです。
そこに、悲劇をさけるチャンスがあります。

ポジティブとは、“波がそろっている”ということです。
ネガティブとは、“波がそろってない”ということです。
波がそろっていると、スムーズに事が進みます。
波がそろっていないと、抵抗や反発がでてきます。

自分がスムーズで楽な状態でいるのか、抵抗があって苦しいのか、そこを良く見て下さい。
苦しくてしんどい時は、自分の中にギャップがあるときです。
そこに気付いて、ボタンの掛け違いを正すことが出来れば、苦しさに付き合う必要がなくなります。
ギャップに目を向けず、苦しさにずっと付き合っていると、疲れ果ててしまいます。

苦しさから逃れるために、ギャップから目をそらす、突き放す、という分離をします。
振り子運動によって、ギャップが勢いよく戻ってきます。
それによって、ギャップがさらに苦しい形で現れます。
目をそらす、逃げる、という分離を繰り返すことによって、どんどん苦しくなり、疲れ果ててしまうのです。

そして、最終的に物理次元での破壊、という形でギャップを埋めようとします。
ボタンの掛け違いを、ボタンを引きちぎって整合性をもたせようとするのです。

この過労死の場合、これ以上ギャップが広がらないために、肉体の破壊、という選択肢を選びました。
それによって、労働者も、企業も、ともにギャップの拡大、という選択肢から解放されたのです。
また、この悲劇の目撃者、関わった全ての人に悲劇を見せることで、その人(目撃者)の中にあるギャップを見せています。
そうして、その人の中にある分離、ギャップを、統合するチャンスを与えています。

「統合しますか?しませんか?」

そういうメッセージを、当事者、目撃者を問わず、悲劇に関わった全ての人に、投げかけているのです。

UNA さんのコメント...

今夜投稿したコメントが、長すぎて受け付けられなかったのだ、と今気付きました。(汗)
今回はやっぱり、見送った方が良さそうですね。
またタイミングの良い時に投稿しようと思います。