木曜日, 12月 04, 2008

マシュー君のメッセージ(14)

知らず知らずの間に、山の色合いが目に鮮やかな季節になりました。ストーブに燃やす薪の手配を案ずる毎日です。晴れの日がちょっと続いたのを幸い、懸案の 小麦の種蒔きがどうにか終わりました。ちょうど近所の酵素風呂屋さんの入れ替えで、おがくず酵素の余りを多量にもらってきたので、鶏糞と一緒にたっぷりと 土に混ぜておきました。今年の春から研修生として我が家に来てもらっている伊藤君が、この酵素と堆肥をたっぷり畑にいれておいてくれたお陰で、見事な大根 やカブが穫れています。

さて、お陰さまで、ブログのマシュー君のメッセージをまとめた本がナチュラルスピリット社から刊行されました。マシューブック特別編「現代社会のスピリチュアルな真相」 というタイトルです。当初は、アメリカの大統領選挙前までに緊急出版しようと小冊子程度のものを予定していたのですが、結局300ページ近いものになって しまいました。これでもずいぶんと割愛したのです。ご尽力いただいたナチュラルスピリット社の方々には、この場を借りてお礼申し上げます。

い ま、メッセージをこうして読み直すと、その内容の幅広いこと、奥深いことに改めて驚かされます。じつはマシューブック(2)"Revelations For A New Era"(仮邦題:新しい時代への啓示)をいま翻訳中ですが、その内容に訳者自身がわくわくしながら翻訳を進めているところです。これも来年早々には出版 したいと思っていますので、乞うご期待。

今回のメッセージは、大統領選挙後ということでやはりバラク・オバマの話題が中心になっています。ところが、今彼がその政権チームに使命している政治家た ちがことごとくタカ派と呼ばれる人たちなので、選挙でオバマを反戦リベラルとして担ぎ上げてきた人たちから”裏切られた”という声さえ上がっています。中 でも驚きは、ライバルのヒラリー・クリントンを国務長官に任命すると発表したことでしょう。さらに、ロバート・ゲイツ(国防長官・留任)、ジェームズ・ ジョーンズ(国家安全保障担当官)、スーザン・ライス(国連大使)、ラーム・エマヌエル(大統領特別補佐官)などすべてイラク戦争を支持したタカ派とされ る面々が、外交政策の要職を占めることになりそうです。これでは、ジョン・マケイン内閣と変わらないと批判されても仕方ありませんね。

本当にオバマが猫をかぶっているのでしょうか?これからが見物です。

さて、”思考形態”という言葉が本文中に出てきますね。このことについての説明が、今翻訳中の"Revelations"の中にあるので、ちょっと紹介しましょう。

エネルギーと思考形態(Thought Form)はあらゆる生命の基本です。思考形態によって宇宙のすべてが創造されました。思考形態はエネルギーを使って物体を造ります。

宇宙にはすでにあらゆる思考形態が知識のプールに存在していて、私たちの思考形態が、そこにある同じイメージの思考形態と繋がることによって、はじめて具現化された思考イメージとして、私たちの脳に記録されるのです。

これでは、なんのことだか分かりにくいですね。そこで、具体的な例が挙げられています。

例えば、あなたがあるお店のショーウィンドーのある花に気づいたとしましょう。その瞬間、あなたの心(意識)には、花の色や全体の感じや美しいという感覚そして花の名前を知っていたらその名前が浮かぶでしょう。このイメージの一連の認識プロセスはとても速いので、気づきませんが、じつは次のようなことが起きているのです。

あなたがその花を最初に見ると、あなたの視覚からの思考形態は、宇宙全体に広がるネバネバした思考形態の塊(プール)に向かって飛んで行きます。そこで、それを花だと認識する同一の思考形態にアクセスします。その二つの思考形態は即座にお互いにくっつきます。そして、その結果としてのイメージを特定の花としてあなたが認識し、それがあなたの脳に記録されるのです。

どうです?わかりましたか?

****************************************

マシューのJPG

2008年11月21日

オバマ選出の意味、地球の黄金時代計画、世界経済の情勢、加速する具現化、ブッシュ・イルミナティの役割・結果・結末

1. このステーション(魂の進化の領域)にいるすべての魂たちから愛を込めてご挨拶します。マシューです、世界におめでとう!この言葉はクリスマスキャロルのホリデーシーズンにはちょっと早すぎるかもしれませんが、地球にはまったく時宣にかなっているんです。

2.選出されたアメリカ大統領については、その写真や記事によって世界中が沸き立っているのがわかります。でも、それらは僕たちが見ていたことをやっと今 になって指摘し始めているにすぎません。地球がちらちらと黄金色に輝く光から、目も眩む輝きに変わっていくのを、あなたたちが想像できれば、選挙の最新情 報が地球を一周する間に僕たちに見えたことをわずかでも垣間みることができるでしょう。

3. その輝きはバラク・オバマと彼の選挙の勝利に歓喜するすべてのひとたちとの心と心が結ばれたことなのです。この惑星の周囲の密度はもう何年も前から軽く なっているのですが、そこの人々のほとんどは、彼らの魂が知っていることをいまだに思い出していません。それは、”類は類を呼ぶ”と心は魂の座であるとい う宇宙の法則です。でもオバマの光を感じる人たちは思い出しています。なぜなら、彼らはオバマの魂の成り立ちとエネルギー的に連携しているからです。そし て、この結合が喜びだけでなく、オバマの勝利がすべての人々と地球自身へのものだという強い感情として意識に昇華しているからです。そうであるからこそ、 僕たちは”地球万歳!”とあなたたちに言ったのです。

4. ええ、誰もがそう感じている訳ではありません。そう感じていない人たちは闇のグループだなんて言っていませんよ・・そのようなことは決してありません。当 然のことですが、他の党の候補を応援した光の魂たちはがっかりしています。引き受けた役をりっぱにこなしたその魂には、僕たちも大いなる尊敬の念を抱いて います。でもこの惑星の至る所にいる闇の連中にくらべたらその落胆さは問題になりません・・彼らは、世界中の希望をもつ人々によって創造されますます強く なっている光を阻止することも、速度を落とそうとすることさえすべて失敗しているんです。闇のパワーをすべて結集させたものよりもさらに強力な希望から生 まれる光が、オバマのホワイトハウスへの止めようのない勢いに貢献したのです。

5.大統領予備選挙の投票が終わってもいない前に、どうやって僕たちがこの結果を知ることができたかですか? この高度に進化した魂の運命を、彼が生まれ る前から僕たちが知っていました。なぜなら、それはコンティニウム(時空連続体)に存在するからです。その中では、リニアル(直線的)時間は存在しませ ん。彫刻家の粘土のようにあらゆる可能性が存在します。彫刻家が彼のビジョンを形にしようと努力するように、導かれたすべてのエネルギーはビジョンを具現 化させるために、どのような可能性をも変化させるのです。

6. あなたたちの記録されている歴史は、コンティニウム(時空連続体)で正確に知ることができるあなたたちの惑星の宇宙の歴史のわずかな部分にすぎません・・ それも非常に不正確な部分です。幾千年間にわたって、闇が地球の人々のこころを支配してきました。その支配から自由になる使命を自から選んで魂たちが地球 に転生を繰り返してきました。しかし、ほんのわずかな者を除いてすべて失敗の連続でした。あらゆる存在が、それ自身神として持っている自己に力を与える能 力を、彼らが失っていたわけではありません。地球外の闇勢力によって創造され、持続され、そして地球上のその手先たちによって利用されてきた恐れがあまり にも広範囲に及んだため、魂レベルの知識が意識にまで到達することを妨げられたからです。

7. その間中、地球の生命力とも言える光はどんどん弱くなって行きました。彼女(地球)の惑星体が、ますます蓄積するネガティビティ(破壊的エネルギー)にも はやこれ以上耐えきれなくなり、その第三密度の深みから上昇することを選んだことと合わせて、天体の配列とその戦略的なエネルギーの方向が、地球の生命を そのように長い間支配して来た闇パワーを消滅させるもうひとつのチャンスを光に与えたのです。今回は歴史は繰り返されません。今回は、地球が必要とし要請 した援助があります。それは他の文明社会人からの大量の光の投入です。それが彼女(地球)を惑星として確実に生き残れるようにするだけでなく、彼女の住人 たち(地球人類)を目覚めさせ、人類が自然と調和して生きる平和で健康な世界という地球のビジョンと一致した選択を意識してできるようになるのです。

8.このコンティニウム(時空連続体)という時間のない空間の中でのみ、そのビジョンを現実化させるのに必要な数えきれない複雑なことが、細心の注意を もって考慮され、用意できたのです。第一に考慮されたのが宇宙の法則でした。これは、創造主の贈り物である自由意志がそれとは切り離せない顕現パワーとと もに尊重されなければいけないということです。そして、地球が望んだ世界は、彼女の住人たち(地球人類)のために、そしてその住人たちによって共同創造さ れるのですから、それは彼らが心に描いたものに沿っていなけれなりませんでした。
各個人がそれぞれの人生を創造します。それらがすべて一緒に なって世界を造り上げています。ですから充分な数の集合意識が確実に目覚め、触発され、地球のビジョンである黄金時代の創造に貢献できるようになることが 必要でした。最大の重要性が、第三密度カルマを完了することで達成されるバランスに置かれました。それは地球上と宇宙の他の様々な場所での多数の転生の中 で、魂が積み重ねて来たものです。そしてまた、進化の遅れた魂たちの道案内と指導者になるために、霊的にも知的にも高く進化している文明社会からの魂たち がやって来ることが必要でした。

9.アセンションしたいという地球の自由意志を尊重する神の命令を遂行するために、銀河系と銀河系間連合のメンバーたちが宇宙の最高位の存在たち の意見を求め、そのレベルでの協議から、ある計画が立てられました。それは、地球が、闇勢力が支配する第三密度から離れて、闇勢力が存在できない第五密度 まで上昇できるようにするものでした。彼女(地球)のアセンションする過程で、第三密度のカルマをすべて消滅させる必要がありました。そのために、その役 割のほとんどが非常に困難な経験をすることになりました。貧困あるいは過酷で抑圧的な社会体制、戦争で若くして死んでいく命、大量虐殺、餓死、殺人、悲し み、肉体的・精神的疾患や障害、そして、奴隷性、不法行為、家庭内や国内、国家間の争い・・肉体や精神や心を痛めつけるあらゆるものを終わらせ、なくすよ うにしなければいけなかったのです。ある魂たちは、そのような苦しみや困窮、争い、死の要因を造る側の人間になり、大勢の人々がまだ終わっていないカルマ 経験を完了することができるようにしなければならなかったのです。

10.この計画によってどういうことになるのかをすべて知ったうえで、そしてあらゆる魂への無条件の愛が基本になってそれぞれが転生での役割を選ぶ と いう理由から、この惑星に居住可能な数を越える多くの魂たちが、このアセンションの数十年間に参加を希望しました。肉体化することに選ばれなかった者たち は、ほかの重要なやり方で支援することになりました。また選ばれた者たちはその役割をやり遂げることで自分自身を進化させ、それと同時に、他の人たちのス ピリチュアルな成長を手助けすることを楽しみにしているのです。

11.このように、どの宇宙から来たのか、そして現在の文化、年齢、肌の色、宗教、性、人種、居住国にかかわらず、この惑星に今いるすべての人々は生まれ る前から、バラク・オバマとして輪廻転生し、アメリカ合衆国大統領となって国と世界を黄金時代に導くことに喜んで合意した魂を知っていたのです。参加した あらゆる魂たちはこのことを知って生まれてきました。でも、”肉体をもった生活”やそのさまざまな必要性、そしてなによりも、家族や教師、宗教、社会から の教化に適応するうちに、それは忘れられてしまったのです。でもそうなることを彼らは全員知っていました。それは第三密度で肉体化する際には、本来あるこ とだからです。ですから、その計画に従って、地球の人々の意識をその魂レベルの知的意識に合体させるように、宇宙全体の存在たちが、次第に強さを増すよう にして光を送っているのです。

12. ですから、あなたたちの世界で最近の政治的な出来事だと考えられていることは、あなたたちの時間概念で言うはるか昔にその起源があったのです。そしてそれ はオバマの間近い大統領就任よりももっともっと意味あることなのです。このことに”歴史的”という言葉が何回使われているか考えてみてください。それは正 にそうだからなのです。でも、ほとんどの人たちはそれがどんなに歴史的なことなのかさっぱり分かっていません・・その人たちは、僕やほかの情報源が僕たち の受け取り手たちを通して言っていることなど、すでに知っている自分の内の魂レベルの意識にまだ届いていないからです。それは、地球のこの時代はかつてな いもので、今起きている事は宇宙でも未曾有だということです。

13. それでは、”地球レベル”の問題です。まず、オバマが会見したり、任命したりした人たちに関して起き上がっている懸念です。彼を脚光を浴びる存在に押し出 した者たちの思惑通りになることから、彼がそっと抜け出さなければならないばかりか・・彼らのほとんどは生まれる前からの合意通りにやっているのです・・ まだ劇的な変化を起こすための大統領としての権限もありません。それに彼が現在意思決定できる範囲内でやっていることは最終的に決まった訳ではありませ ん。彼の身の安全を案じる代わりに、彼を囲っているキリストの光(訳注:創造主の愛の顕現、魂の進化と闇の勢力からの保護のために常に誰にでも与えられて いる)の保護シールドがあることに感謝してください。それに、そうですよ、あなたたちの祈りの光が本当に彼の安全に貢献するのです。間違いなく光がうまく やっていることを理解して、すべてが明らかになるあいだ、我慢してください。

14.これは世界経済の状況にも当てはまります。それが悪化しつつあるという暗いニュースをどう取り繕うと術はありませんし、僕たちもそんなことはした くありません。けれども、これは最近の僕のメッセージにあることですが、あなたたちがこれを経験することを合意したけれども、それを乗り越えられる生来の 能力があることを思い出してください。でもあなたたちの心は今抱えている課題でいっぱいで、僕たちが安心だと言った事を忘れてしまっています・・お母さ ん、このことで僕が言ったことを捜してコピーしてください。

___________________________________________

2008年10月22日のメッセージの抜粋

今起きていることが、世界的経済危機とついに呼ばれることになったけれど、その影響を世界中の人々がどうやって凌いでいったらいいのでしょう、と訊ねられ ます。それに対しては、地球のほかのどんな状況のときでもそれは同じですよ、と答えるだけです。つまり、完全に中立で、常に作用している宇宙の引き寄せの 法則、あるいは”類は類を呼ぶ”ということが、一人ひとりの個人的な状況に対する見方や反応に合わせて、それぞれに起きてくるということです。自分が悲劇 の犠牲者とみる人たちによって引き起こされるエネルギーは、それぞれの思考と感情とぴったり合う、"宇宙のスープ”の中の同じ思考形態エネルギーに焦点を 充て、それ自身に引き寄せるのです。するとそれらが結合したエネルギーは、その人が”悲劇的犠牲者”として取り組むための状況となって現象化されるので す。与えられるものに心から感謝の気持ちを持つひとには、より感謝するべきものが与えられ、心良く分け与えるエネルギーは同様なポジティブな結果をもたら します。

でも、どんなつらい状況でもそれを乗り越えるための基本的なことは、いつでも、そのことを恐れないことです。恐れのエネルギーが 増大すると、引き寄せの法則がはたらいて恐れている本人に恐れでいっぱいの状況が作り出されてしまうのです。今の混乱から抜け出れば、必ずすべての人たち に豊かさがもたらされることを知って、いつも前向きに、恐れの破壊的なエネルギーを引き込まないようにすれば、志を高く、強固な意志を保つことができるで しょう。恐れはそれ自身をさらに生むだけでなく、人から人に広がって行きます・・ですから自分のエネルギーの流れに決してネガティビティ(破壊的なエネル ギー)を引き込み、すぐ近くにいる最愛の人たちを苦しめないようにしてください。

地球人類は誰でも、飢え死にしないよう充分な食物を得る ための闘いの一生、それはどちらかというと多くの生涯を過去に送って来ました。その細胞には、生存のための強靭な精神と決断力をもたらす本能が記憶されて います。今回の場合、それはこの束の間の経済的混乱を生き抜き、そのトンネルの向こうにある豊かな暮らしに到達するためのものです。
________________________________________

16.ありがとう、お母さん。トンネルの向こうに行くのにどのくらい掛かるのだろう、今崩壊しつつあるまったく腐敗したシステムから、すべての人々に公平 に役立つ素晴らしいシステムに移行する間は何が起こるのだろう,と思うのももっともです。もし僕たちがあなたたちに予定表をあげることができたらそうしま す。でも、この瞬間には、あらゆる詳細の完了をあなたたちの時間概念で正確に決定することはできません。幾世代に渡って地球とその住民たちが立ち向かって 来た悲惨な状況を造って来た闇勢力を、一夜には無くすことはできません・・それは、第三密度の思考エネルギーでは無理ということです。思考の持つ驚くべき パワーをほとんどの人が知りません。また、世界の変容の規模とスピリチュアルな再生が、このような黄金時代計画の驚くべきスピードと規模でやってくるよう な、かつてなかった変化だということも知りません。どうか心の内に向かって魂の知っていることに手を伸ばしてください。今はいらいらしたり疑っているとき ではありません・・そして特に恐れることなど・・しっかりと希望を持ち、楽な気持ちで、感謝そして愛を持つときです。

17.ここでもうひとつ別のことを繰り返して言っておくのもいいでしょう。地球のアセンションは着実に進んでいます。彼女(地球)と肉体レベルで一緒にア センションするかどうかを決めるのはそれぞれの個人次第です。もしそれがあなたたちの希望であれば、恐れや他のネガティブ(破壊的)な付着エネルギー(訳 注:本来中性であるエネルギーの動きから発生する影響)はあなたたちの味方ではありません。なぜなら、それは目的地へ向かう地球の旅の高い波動エネルギー の中で肉体が生存するために必要な光をブロックしてしまうからです。

18. 光を吸収することは簡単です。あなたたちの魂の座とも言える、心から生きるようにすればいいのです。魂は光エネルギーでできているんですから。なにもスピ リチュアルや形而上学的な学問を勉強したり、いろいろな儀式をやったり、グルやほかの指導者を見つける必要はありません。何年も掛けて捕らえ所の無い光へ の入口を捜すこともありません・・あなたたち自身が光なんですから!それだけ知ってその通りに生きればいいのです。”黄金律”と言われるようになったこと や、聖書の元々の内容と意味が闇の勢力によって変えられているのにもかかわらず、” 自分が他人にしてもらいたいように、他人にしなさい”という言葉が 残ったのは偶然ではありません。黄金律の導きは、その単純さの中にあって、巧妙に練り上げられた計画の一部なのです。それは、コンティニウム(時空連続 体)の中では、すでに地球の黄金時代として具現化されています。

19. ちょっと思考形態の話にもどりましょう。地球は、より高い波動があらゆるものを加速しているエネルギーレベルに到達しています。あなたたちの思考にあるも のはすべてこれまでよりもはるかに早く現実化しているのです・・なにを思考するのか、注意してください!大事なことは、あなたたちの人生と世界に願うこと に気持ちを合わせるだけでなく、仕返しや復讐や人を懲らしめるという考えを避けることです。これらには重いネガティブ(破壊的)なエネルギーの付着がつい ていて、それが何世代にも渡る暴力、残虐、抑圧の元になっているのです。それは最初の側の祖先たちに別の祖先たちがやったことに対し、また一方が報復する というように、そうやってそれらの魂たちが全員負うことになるカルマの上にカルマを重ねてきたのです。ブッシュ大統領や他の者たちがイルミナティの中に あって人類全体に対する罪にも匹敵する行為を犯したことを糾弾したい気持ちは理解できますが、それは司法の手に任せて、それで満足することを勧めます。

20. 黄金時代の計画が立案された時、ブッシュとそれらの他の強力な魂たちは、必要なかぎりそれぞれの役割を演じて、それ以降は光の勢力に合流することに心良く 同意したのです。それらの役割は、その計画の非常に大事な部分でした。そこに第三密度のカルマの完了とその結果として闇と光が、あらゆるものは本来光であ るということから、バランスをとって和解することが含まれていたのです。しかし、彼らは光に合流する時が近づいたことを直感的に気づいていたのですが、権 力の享有とそれを手放すことへのためらいから、彼らの魂の決断がぐらついたために、闇パワーが彼らのこころに忍び込み、良心を破壊し、判断と行動を支配し てしまったのです。その結果、何百万もの多くの魂たちが、その肉体をもった転生が、もともと選んだものよりはるかに困難だったり、途中で短く切られたため に、合意契約の修正を要請して、それが認められたのです。修正された合意契約によって、この惑星の条件下ではそれらの魂たちが受け入れられなかった成長す るチャンスが霊界で得られるようになっています。そうやって彼らは今進化の道を進んでいます。

21. ブッシュとほかの仲間たちによって犯された”罪に見合った”とあなたたちが感じている”罰”がなんであれ、彼らは、あなたたちの法制度からでは考えられな いような、想像を絶する過酷な結末を自らに課したということを知ってください。宇宙の法則によれば、肉体死とともに、これらの魂たちは彼らの一生のエネル ギー記録に見合ったエネルギーの領域に引きつけられます。 そしてその過去の一生の復習が強制的にされる中で、彼らは他の人たちに与えたあらゆる感情と苦 痛を経験することになるでしょう。それはあなたたちには理解できない地獄です。でももし理解できたら、あらゆる魂はほかのすべてと、そして神と分けられな い存在だということに気づき、僕たちが感じるのと同じ憐れみの情を彼らに対しても持つでしょう。僕たちが繰り返し繰り返し彼らに光を送るようにと言うの は、その理由からです。

22.この第三密度の終幕の中で、もしあなたたちが魂レベルで人々を知ることができたり、その人たちが合意した役割とその使命を彼らが全うしたのかを知る ことができたら、畏怖の念に打たれるでしょう。でも、意識が高まって行く今の時点では、あなたたちのほとんどは他の人たちをその外面的な態度と行動を通し てのみしか知りえません。ですから、黄金律計画のもう一つの側面は、「裁いてはいけません。そうすれば自分も裁かれません」という言葉です。アメリカで進 行中の変革が地球のすべての国々にも当てはまるように、僕のメッセージにあるこの二つの聖書からの引用は、あらゆる純粋な宗教的教えの一部分です。

23. あなたたちの思いを、平和、愛、自尊心、豊穣、公平、善におきましょう・・それらは、あなたたちが自分自身と世界のために望む人生のあらゆる美しく平和な 側面です・・そして、いつの瞬間でも、あなたたちのそばで愛に溢れて付き添っている数知れない光の存在たちがいます。そして、その中に僕たちがいることを 忘れないでください。
        
____________________________________

原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄

8 件のコメント:

mai さんのコメント...

玄さん
ご無沙汰しております。農大の舞です。
カナダでの生活も7ヶ月目に突入しました。
この本とっても興味あります。23番、読んでたらじーんときました。今いる農場では神様の話がたえません。よかったらこのサイトをみて下さい。(http://www.thepathoftruth.com/)
ここの農場で聞く話と23番でいうようなこととの違いの狭間で自分の中で何が本当なんだろうといった思いがあります。また宗教と神様は別物ということ、神さまの中で生かさせてもらってることはすごく感じます。でもこの農場でいうイエス・キリスト=神 という考えが未だにしっくりきません。
丁度一年前玄さんと話した「すべてがつながっている」「ありがとう ごめんなさい」という言葉、それが今の私の思いの全てな気がしてなりません。本当に「ありがとう」それだけです。

なんだかとりとめないコメントですみません。またゆっくりお話したいです。
ありがとうございます。

mai さんのコメント...

玄さん
ご無沙汰しております。農大の舞です。
カナダでの生活も7ヶ月目に突入しました。
この本とっても興味あります。23番、読んでたらじーんときました。今いる農場では神様の話がたえません。よかったらこのサイトをみて下さい。(http://www.thepathoftruth.com/)
ここの農場で聞く話と23番でいうようなこととの違いの狭間で自分の中で何が本当なんだろうといった思いがあります。また宗教と神様は別物ということ、神さまの中で生かさせてもらってることはすごく感じます。でもこの農場でいうイエス・キリスト=神 という考えが未だにしっくりきません。
丁度一年前玄さんと話した「すべてがつながっている」「ありがとう ごめんなさい」という言葉、それが今の私の思いの全てな気がしてなりません。本当に「ありがとう」それだけです。

なんだかとりとめないコメントですみません。またゆっくりお話したいです。
ありがとうございます。

Morita Gen さんのコメント...

舞さん

お便りありがとう。カナダ(バンクーバー)に来年早々行く予定があったのですが、残念なことにキャンセルになってしまいました。

一昨日もホ・オポノポノとマシュー君の話を横浜でしてきました。僕が実感していることは、いま世界中で気づきが起こりつつあるということです。これまでの概念や通念が、根底からひっくり返っているような気がします。

以前のように、深い知性の学者や啓蒙的な思想家などが世の中の動きを導くという時代は終わって、まったく普通の、それこそ週刊誌とテレビの娯楽番組しか見ないようなお母さんたちが、なんだか自分では分からないけれど、行動を起こしている時代になっているような気がします。明らかに何らかの気づきがあるのでしょう。

これまでの、言わば、左脳の理性的な、あるいは科学的な思考が優先され、尊重されてきた時代から、まさに右脳的な、感情が重視される時代に変わって来ていることかもしれません。あるいは、それらがやっとバランスされるようになったきたとも言えます。

宗教もその意味で大変革の時ですね。

言葉は本来言語脳と言われる左脳の働きですが、ホ・オポノポノの「ありがとう。ごめんなさい」はそれを超えた左脳と右脳を結ぶサインかもしれません。

mai さんのコメント...

早速のコメントありがとうございます。
そしてとてもわかりやすい説明ありがとうございます。

最近はホ・オポノポノのことを友人から聞くこともあります。すてきなメッセージどんどん広がってきているのですね。

「気づき」ですか。
その気づきは何によって起こり始めているのですか。神さまの計画のうちなのでしょうか。

玄さんのおっしゃるように深い学者さんや思想家さんの言葉よりも一般の人の行動が活発的になっているのかなと感じます。また周りの友人(若い世代)も言葉よりも行動をおこしていること、「ありがとう」があふれています。本当に学ばせてもらうことが多いです。

変化に身をまかせて、自分に与えられたできることをしていきたいです。何かこの今に生かさせてもらっていることに、感謝です。

ありがとうございます。

Morita Gen さんのコメント...

舞さんへ

気づきがどうして起きているのか、本当のことは分かりません。マシュー君の言うようにそれがアセンションなのかもしれません。
「バタフライ」という本を読んだ事がありますか。蝶の幼虫である芋虫の中に、ある日、イマジナル細胞という蝶になる細胞ができます。でも、最初の内は芋虫になる細胞に潰されてしまうのですが、やがてだんだんとイマジナル細胞の数が増えて、その数がある線を越えるとあっと言う間に全細胞がイマジナル細胞に変化して、そして蝶になるという話です。でもこれは実際に蝶のからだに起こる現象なんですよ。
気づきはそのように起きて行く感じがしています。

匿名 さんのコメント...

アメリカで進行中の変革が地球のすべての国々にも当てはまるように、僕のメッセージにあるこの二つの聖書からの引用は、あらゆる純粋な宗教的教えの一部分です。

上記の意味をどう捉えているのですか?
米国に今進行中の変革とは北米同盟によるアメーロの発行、カナダとの合併、FEMAによる大量殺戮の可能性があります。オバマになってそれは一旦隠れるかもしれませんが。

彼らがその計画を止めるでしょうか?

ナチスの本質は何だったのでしょうか?

結果的に玄さんやゆみさんが彼らに加担しないように望みます。

なぜマシュー君のメッセージが必要ですか?
なさっていることだけで十分ではないでしょうか?

マシュー君のメッセージは天国から送られてきているのもではありません。

私にも亡くなった人々との長い関係はありますが、彼らは決してメッセージは送ってきません。ただ暖かく見てはくれます。

結果的に彼らに利用されているのではないですか?

居皆亭三百人 さんのコメント...

あれから2カ月経ちました。巨大UFO,来たらいいなと思っていましたが、現在は期待していません。

チャネラーの皆さんが仰るアセンションが起こりつつあるかどうかは、私にはさっぱりわかりませんが、現在起こっていることに対して、無闇に恐れを抱くことがよくないということについては同感です。

ただ、チャネラーに「降りて来る」情報は、多分に操作されている可能性もある、ということを冷静に見ておかなければならないと思います。

↓この方の見方というかスタンスに見習うべき点が多いと思っています。

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

匿名 さんのコメント...

いつも翻訳ありがとうございます。
楽しみにしています。