金曜日, 12月 26, 2008

マシュー君のメッセージ(15)

最近、「自分で野菜などを育てて行きたいのですが、どうやったらいいのでしょう」と訊ねる人が増えてきました。驚いたことに、若い女の子に多いのです。うれしいことですが、これもこれから予想される地球の変革を敏感に感じ取っている現れでしょうか。マシュー君も庭に野菜を植えなさいと言っていますね。

今回のメッセージにも、にわかには信じ難いことがたくさん書いてあります。中でも、アセンションにともなって炭素基盤からクリスタル基盤の体に変化するというくだり。からだの基本的な構成要素であるタンパク質、脂質、炭水化物などの基本成分は炭素で、その安定性と反応性からいわば細胞レベルの骨組みを作っています。それがクリスタル(結晶)構造に変わるとは、いったいどういうことなのでしょう?クリスタルはケイ酸で、シリコン(ケイ素)を中心に4つの酸素原子が均等に取り囲んで、正4面体のピラミッド構造を形成しています。そこになにか秘密が隠されている気がします。メタンのように炭化水素の基本的構造は、炭素を中心に4つの水素でできている正四面体のピラミッドですが、たぶん、そこに入る光エネルギーの量が違うのでしょう。

さらに、大昔の人間たちには、病気、死、老化がなかったと言うんですが・・。それが、闇のお陰で、それらのプログラミングをDNAに埋め込まれて以来、脆い体と低いレベルの脳になってしまったそうです。マシュー君は、別の所で、この宇宙には、病気、死、老化などまったくない文明社会があると言っています。そして、この地球でもはるかな昔には、人類は数百年どころか数千年も健康な体と精神と心をもって生きていたそうです。

となると、私たちのこの第三密度世界は、正に地獄のようなものなんですね。

この1年を振り返って、このマシュー君との出会いは、またスピリチュアリティとの真の出会いであったとも言え、私個人にとってもターニングポイントでした。それまでも形而上の概念については、人並みに興味もありそれなりの本も読んでいましたが、これほどにその情報量と哲学的な奥深さで圧倒されたことはありません。どこまでかは分かりませんが、確かに何らかの”気づき”が起きていることは実感できます。

今、世界が、地球が、そして社会が大きなエネルギー渦の流れの中に揺れ動いています。当然私たち個人もその影響で、誰もが人生での何らかの局面に立っていると思います。その時、何を頼りに、何に向かって進んで行けばいいのでしょう?

マシュー君の言葉が、その方向を見出す助けに少しでもなれば幸いです。

****************************************

マシューのJPG

2008年12月21日

希望と楽観の影響、ホリデーシーズンの感情、移転段階の忍耐、経済に取り組む魂レベルの用意、宇宙からの支援の証拠、変換プロセスへの実際の関与、”調和波”、密度のふたつの意味、人間のDNA、”知能レベル低下”の方法、レッテルによる分断化、あらゆる存在の意識、アートの重要性、音楽の影響力、2008年のクリスマス

1. マシューです。この霊界ステーションにいるすべての魂たちからみなさんへの心からのご挨拶とともに、このシーズンの聖なる日々は、かつてなかったようなものであることをお知らせします。あなたたちの記録された歴史の中でも最もダイナミックな年のひとつである、この年の瀬の日々に、世界中の人々の気持ちが向上し、目に見えて起きている変化の証拠を心から歓迎しています。新たな希望の光が、より良い世界が来るんだという確信にさえなって、加わり、地球はそのあるゆる生命を養うのに充分なものを提供することが出来るようになっています。

2.来年は、あなたたちの世界のすべての分野でワクワクするようなことが起きてくるでしょう。それは大きな変化を絶えることなくやっていこうという、”下から上へ”と同時に“上から下へ”とジワジワと浸透していく努力があるからです。いま起きていることは、新しい世界の誕生以外の何ものでもありません。その改革プロセスを実行し、円滑に行うためには時間が必要であることを理解してください。その日のニュースでは進展があるけれど、翌日には後戻りしているように見えるかもしれません。ですから光の中にいて常にしっかりとバランスを取るようにすることです。バランスがあれば、あなたたちは情報に通じた観測者として、マスコミ界の上がったり下がったりする情報に気持ちが動揺されることもありません。

3.過去にあったように、表では見えないところで、計り知れないことが進行していくことでしょう。けれども、何世代に渡るその活動はすべて邪悪なもので、あなたたちを闇の勢力の虜にしておくように謀られていたのです。今、あなたたちの世界をより良いものにしようと、様々な過渡期の段階に向けての努力がされつつあります。しばらくの間、主要メディアの支配が完全に除かれるまでは、不十分な発見や中途半端な進展のために、広く報道される情報が氷山の一角だったり、情報が故意に曲げれることがあるでしょう。それに、他のほとんどのものに比べれば、インターネットがより信頼の置ける情報源であることはしばらく続くでしょうが、今でも真実を隠したり歪曲しようとしている者たちにとっても同等に便利なものです。ですから、情報が信頼できるかどうかしっかり見極めることが大事です。

4.そして、恐怖を呼ぶような予言には、絶対にエネルギーを与えないようにしてください。もしそのことで心が少しでも揺れ動くことがあれば、深呼吸をして静かに目を閉じ、地球が黄金の光を浴びている様子を心に描いてください。そのイメージの持つ高い波動があなたたちのエネルギー系を向上させ、安定させるでしょう。ネガティブ(破壊的)な考えをポジティブなものに変える時にも、同じ原則が使えます。

5.愛と平和と調和の世界を望む思いがますます増えるばかりになって、闇の長い時代が終わろうとしていますが、差し迫った日々にそれを喜んで祝おうという気にすべての人がなっているわけではありません。世界中の多くの家族が戦争やそれ以外の暴力、病気、飢え、家や職を失うことで悲しみにあることを見て、私たちは、その人たちの心の重苦しさを感じます。より楽な状況に暮らしている人たちの喜びに決して水を差すつもりはありません・・それに陽気に喜ぶことは魂にとって良いことです。そのように自分の心が高揚することを否定しないでください。むしろ、感謝と陽気な気持ちを持つことです・・そのような気持ちの高い波動は心を浮き浮きさせるだけでなく、それが外に輝くことで、あなたたちが触れるあらゆる人々を幸せな気持ちにさせます。僕が伝えようとしていることは、一年を通してこの季節は、あらゆる感情の点で、それが高まる時ということなのです。喜んでいる人であればだれでも一緒に僕たちも喜びます。また、悲しかったり、心配している人には誰でも、僕たちはこう言います:新しいカレンダーの年になって、ますます強さを増している光で気持ちを高揚させれば、それは個人的な難局を乗り越えようという決意を強固にしてくれるんですから安心してください。

6.もっとも大きな関心は世界経済危機ですが、それはアメリカの状況悪化によるドミノ効果でさらに深刻になるでしょう。この問題が早期に改善するだろうという偽りの期待をあなたたちに持たせるのは決して良いことではありません・・これだけ大規模な状況は急に方向転換できません。ですから、多くの人たちにとっては困難な状況が続くでしょう。金融破綻はイルミナティの陰謀でしたが、その結果は彼らが思い描いたこととは違うことになるでしょう。彼らは、すべての金融と商業、投資手段、課税の支配をさらに強化することで、その巨額の富をさらに増やそうとしていました。その代わりに彼らが目撃していることは、何世紀にも渡って地球の周りをぐるりと囲ってきた鉄条網のような彼らの腐敗した体制の完全な崩壊です。現在の混乱から、誠実なリーダーシップとすべての世界資源の公正な配分を可能にする経済システムが現れてくるでしょう。

7.古いものから新しいものへの転移段階の間は、市レベルから国レベルでの政府の支援があるかもしれませんが、最も頼りになって、持続的で満足いくのは、家族や隣人たち、小さなコミュニティーの中で協力していくことです。そのような協力ができる人たちは、住む家、燃料、電気水道、交通手段を必要としている人たちにお金や場所を分け与えてやってください。そしてそう、これは必ずですが、気候と地形が許せば、庭に野菜を植えてください。そして、食べ物を交換したり、食料生産共同小売店システムに参加するよう他の人たちも誘ってください。

8.肝心なことは、恐れから離れていることです。もう一度思い出してください。あなたたちがこの差し迫った重大な時期に参加することを選んだ時、経済崩壊は改革への必要条件だと受け入れたのです。そしてこの暫定期間をうまく乗り越えて行けるだけの感情的、精神的、知的な心の準備を充分持ってやって来ているんです。あなたたちには魂レベルでの準備がすっかりできていることは分からないかも知れませんが、僕たちには見えるんですよ。分け与えようという気持ちと一体感がかつてないほど明るく活発になっているのが見えます。経済危機が恵みに感謝することへの深い気づきになっています。最低限の生活必需品と自由を奪われている人々に対するより深い同情、物が充分ある家族や友人たちの代わりに、必要としている人たちに分け与えること、そしてすべての人たちの幸福のために働こうと決意している人たちがたくさん増えていることがあります。このような活動に関連するそれぞれの思い、感情、行為ひとつ一つによる光が集合意識に加わり、それが次々に地球上のすべての魂への恩恵になります。

9.このほとばしるような精神がこの伝統的な贈り物のシーズンによるものだとも言えますが、その輝きは前年までのクリスマスシーズンをはるかに超えています。これまでは家族訪問や祝い事が終わればまた個人的なことだけに関心が戻っていきました。強力な勢いの光がさらに多くの人々に届いていき、その人たちを動かして分け与えたり世話をすることに参加するのが僕たちには見えています。この行動による真の精神性・・心から生きること・・が、個人個人はお互いに、そして神から離れた存在だという考えを改めています。

10.忍耐と信念があれば、地球の黄金時代として知られるものを創造するための、今の時点では計画と目的ですが、その素晴らしい変化を見るでしょう。僕たちのいる所からは、その壮大さに溢れた世界が見えます。もしあなたたちを全員ここに連れて来て、それを見てもらうことができたら、僕たちの喜びは言葉に言い表せないほどでしょう。僕たちに出来る最良のことは、あなたたちが期待できる変化を、言葉で詳しく説明することです。それについてはあなたたちの年号で言う2012年についてのメッセージで述べられています。(マシュー君のメッセージ(6)2008年7月2日)

11.他の質問とコメントに移りましょう。誤情報、政治的選り好み、暗殺の脅しが入り混じって、アメリカ大統領に選出されたオバマの身の安全性、真意、”反キリスト”的態度について憶測が起き上がっています。それには、僕は過去のメッセージで言ったことを繰り返すだけです。それは、オバマは霊的に高度に進化した魂で、地球の黄金時代計画(2008年11月21日のメッセージ)の無くてはならない役割を担っています。ですから、あなたたちの惑星上で、キリストの光(訳注:魂の進化のために創造主から与えられているエネルギー)によって最も保護されている個人の一人です。多くの国々の政府が混乱状態にあるこの時期に、どのように心を落ち着かせていけば光をしっかりと堅持できるでしょうか、という質問に対する僕たちのベストのアドバイスは、成り行きをただ見守り、判断を控えるようにすることです。自分の望む世界のビジョンを心にしっかりと描いていくことで、”もし何か”という不安を和らげることができます。一瞬一瞬、光がさらに多くの人々に届いて、ポジティブな方向に進むように気持ちを奮い立てているだけでなく、国の損失になるような仕事をしているように見える政府関係者たちが変化を起こし始めていますが、それが良いことであることを時が示してくれるでしょう。

12.より良い世界の創造のために地球外(宇宙)からあなたたちへ支援が来ていることの証拠を欲しい人たちに対しては、まず、地球の人たちがやっていることから見てみましょう。それは、嘘ではなく真実を、戦争ではなく平和を、金持ちだけでなくあらゆる人々に健康医療とより高い教育を、貧困撲滅運動の強化、惑星資源の略奪と環境破壊、人権無視の停止を要求していることです。強力な宇宙の存在からの、何十年に渡る強烈な光の照射がなかったら、そのどれも起きていないでしょう。その代わりに、闇の勢力が、彼らの操り人形たちを使ってこの惑星を支配し続けていたでしょう。彼らの抑圧、虚偽、暴力によって恐怖、無視、無関心、精神性の薄暗さが大衆に蔓延り、そして情け容赦ない大量のネガティビティ(破壊的エネルギー)が地球を破壊していたことでしょう。あなたたちの宇宙ファミリーの助けは、彼らが宇宙船から降り立って、袖をまくって仕事に取りかかるまでは証明できないということではありません。彼らの光と進んだテクノロジーは、地球が断末魔の苦しみにあった60年以上前にもうあなたたちを助けることを始めていたのです・・彼女(地球)の惑星体が生きていて、あなたたちがその上で暮らしていることこそその証拠です。

13.あなたたちの中には、惑星外からの助けなど必要ない、人類が必要なパワーを総結集すれば世界の混乱をクリーンアップできると感じている人たちもいます。実際、それに直接関わることはあなたたちの責任なのですから、その限りでは、僕たちはその強い姿勢には拍手を送ります。過去の転生で、あなたたちのほとんどはネガティビティ(破壊的エネルギー)に寄与して地球をほとんど殺しかけました。そして、特にその傷を癒す助けをするために戻ることを求めたのです。けれども、地球を闇の手中から救い出し、何千年に渡る虐殺と欲望を終えるためには、第三密度に深く落ち込んでいる世界で可能なものをはるかに越えるパワーが必要です。そのパワーを光とテクノロジーで持っている宇宙文明人たちの心から愛情籠った支援を心よく受け入れてください。

14.宇宙から発せられる”ハーモニックウェーブ(調和波)”が今始まりそして続いていることについて、その光グリッドの様々な建設段階と地球を囲むエネルギー渦流の再活性化には多くの呼び名がついています。これらの進行中の成果がどう呼ばれようと、簡単に言えば、それらは惑星軌道配列と、あなたたちの思考形態、そしてあなたたちが望むより良い世界のために援助を求めた優しい星々の人たちの思考形態によって向けられているエネルギーの影響です。それはあなたたちの世界なんですから、あなたたちが望む通りにしかなり得ないのです・・でも、あなたたちのビジョンの世界創造に手助けしてくれているその目に見えない魂たちにも、その働きを認めて感謝してくださいね。

15.ちょっと前に戻る必要があります・・地球が望む世界になりたいと願ったのは、あなたたちより前でした。彼女(地球)が、第三密度の闇から離れることができるように他の文明社会人たちの援助を求め、彼らの迅速で絶え間ない助けによって、闇の低い波動が存在できない第五密度へのアセンションが確実に可能になりました。さて、宇宙のこの未曾有の時期に参加したいというあなたたちの願いが聞き入れられたお陰で、今そこに全員いるわけですが、そして、たとえあなたたちの魂の合意の寿命条件によって地球と肉体的に供に出来るとしても、あなたたちは”旅行チケット”が要ります。でもそれは簡単に得ることができるんです。ただ、神聖な生き方を選び、宇宙の真理が明らかになることに心を開いておけばいいのです。

16.”第四次元はどうなったのでしょう?”もっと正しくは(第四)密度という言葉ですが、べつに不思議なことは何もありません。そこが地球が目指すところなので、普通僕たちは地球の第五密度へのアセンションと言っていますが、彼女(地球)はその旅の途中で第四密度も通過します。密度には二つの意味があるので、これを説明することが役に立つでしょう。まず一つは、密度は宇宙のエネルギー組成によって異なります。番号がより大きい密度には、段階的により高い振動波動が行き渡っています・・あなたたちの距離の計算は、リニアル(線形)時間のように、宇宙のコンティニウム(時空連続体)の現実とはまったく関係ありません。もうひとつの密度の意味は、魂が達成したスピリチュアルな成長と関係しています。今の瞬間、地球の住民たちと過去数十年に霊界に移行した人たちのスピリチュアルな成長段階(ステータス)は、それぞれがこの転生で選んでいる、或は、直前の過去の転生で選んだ意識的な選択にしたがって、第一密度から第七密度まであります。第一と第二は退化を示し、第7は進行中のスピリチュアルな再生と世界変革にあなたたちへの支援にやって来ている他の星からの魂たちが到達しているものです。

17.そうです。第五密度の中では、あなたたちには肉体があります。”形のない光の存在”にはなりません。これは、あなたたちの今の肉体が地球のアセンションの進行に伴ってどう機能していけるのかはっきりさせるとても良い質問です。魂は、常にあらゆる人々に与えられている光を吸収すると、細胞レベルで炭素基盤の第三密度体から、より高い波動でも生存可能なクリスタル基盤の体に変化します。あなたたちの時間で言うはるかな昔に、闇の息が掛かった魂たちが人間のDNAを変えて体の中の光の量を減らしてしまったのです。そうすることで、彼らは、病気、老化、死という肉体的な弱さを持つ体質を埋め込み、知的能力とスピリチュアルな明晰性を著しく低下させたのです。これらの機能障害は、体が吸収して、その中でどんどん強度を増している光によって回復されつつあります。実際には、あなたたちの”旅行チケット”とは、光を吸収することなんです。それは、神聖な生き方をすれば自動的にやって来るものです。

18.この説明は肉体だけの話で魂とは関係ないことを理解してください。生まれてくる子どもは、その体と脳の機能が完全であろうと、肉体的障害やいわゆる”知的障害”を持っていようと、誰でも光の魂を持って生まれてくるのです。それは、キリストの意識(訳注:神と一体である意識)でもあり、生前の選択を完全に自覚しています。その魂レベルでの気づきは、最も深刻な”知的障害”の人たちにはそのまま残っています。より健康な脳を持つ人たちには、その気づきは、高い密度の体に適応して機能するうちに弱まり、親の教化、仲間からの圧力、教育や宗教の教え、社会的思想といった外的影響によって後退してしまいます。スピリチュアルな成長によって外的影響から自己が解放されています。そして”内に入る”ことで魂からのメッセージが意識まで届くようになっているのです。

19.ここである教育者からの嘆きの声を取り上げるのも良いでしょう。それを要約すると、”学生たちはどうして自分で考えて、判断し、常識を使わないのでしょう?”です。自分のことしか考えない無知蒙昧のくせに、自分たちを“イルミナティ(啓発された者)”と呼んでいる者たちが、教育制度を支配し、教科書や他の教材を作っているのです。彼らは、質問などせずにただ教えられた通り考え行動するロボットを学校や社会に生産してもらいたいと思っています。彼らの支配は、テレビ番組、広告、スポーツ中心でアートは省略、暴力的ゲームと騒々しい”音楽”が入ったポータブルゲーム機、ゲームセンター、インターネットポルノといった様々な分野に及んでいます。これらの闇が企んだ方法が一緒になって、たくさんの若ものたちの“レベル低下”に成功してきました。でも、あなたたちの世界の他の分野では、ポジティブな進展が起きて来ているので、この状況も変わりつつあります。

20.多くの教師たちが”光を見る”ようになって、学生たちに自分自身の心と才能と技術を開発する意欲をかき立てています。クリスタル細胞構造の強化DNAを持つ体の魂たちが生まれつつあります。彼らはその名の通りクリスタルチルドレンと呼ばれているんです。優れた知的能力とスピリチュアルな明晰性と大志を持った他の子どもたちがクリスタルチルドレン以前の2世代を通してやって来ています。彼らはインディゴチルドレンとして知られています。悲しいことに、多くの場合、このような子どもたちは異常だと思われて手荒く扱われ、薬で言うことを聞かせるようにされました・・これもまた、闇の者たちの巧みなごまかしによるもので、疑いを持たないカウンセラーや親たちを、このような変わった子どもたちは”普通”の子どもたちと同化しなければいけないと納得させたのです。クリスタルとインディゴの子どもについての知識が広まるにつれ、大人になった者の中には自分たちの隠れた才能に気づいて、そのような人生を開花しているものもいます。まだ小さい子どもたちの恵まれた才能に気づいた親たちが、賢くそれを育てるようにしています。 並外れて活発な精神の子どもたちを、薬を使って喪心状態にしておくようなことは少なくなっています。そして、優れた音楽の効用が認められていることを示すかのように、青年合唱団やオーケストラの数が増えているんです。

21.クリスタルとインディゴの魂たちを受け入れることにも関連しますが、レッテルを貼ることが差別感をまったく健在にしておくことになることも指摘したいのです。もちろん、名前は識別するためには必要です。でも、類似点に対する相違点、同一に対する差別、平等に対する優位性、協力に対する競争を強調する目的で、社会的地位や政治スタイル、政党、宗教、人種、文化、職業の肩書き、思想にレッテルを貼ることは、あなたたちの中に分断を築き、”あらゆるものがワンネス”という宇宙真理からあなたたちの心を遠ざけようとするもう一つの闇の企みです。

22.ところで、母なる神(マザーゴッド)について話して欲しいと言われています。あなたたちの定義では、”母”は女性で”神”は男性ですが、問題は定義ではなく、宇宙の現実についてなのです。この宇宙の至高の存在は神です。他の宇宙には女神であるところもあります。でもいずれの場合でも、これらの存在は両性具有であり、女性エネルギーと男性エネルギーのバランスがとれた状態です。その統治者を選んだのは創造主/創造です。それはあらゆるエネルギーの源であり,従って、宇宙全体を含む、大宇宙にあるすべての生命力です。純粋なる光と愛である創造主のエッセンスを使って、宇宙の統治者たちは、それぞれの宇宙領域にあるすべてを創造します。ですから、統治者たちもそれから出来ているわけです。これには、さまざまな天体、文明社会人たち、そして植物界、動物界、鉱物界のすべてが含まれ、それぞれが個々の構成要素とその環境の波動に合ったレベルの意識を持っています。このようにして、存在するあらゆるものはあるレベルの意識を持っているのです。そして環境全体がより高い波動世界に昇って行くに従い、その環境内にあるすべての意識能力も同様に増大します。

23.これを地球に当てはめてみましょう。あなたたちは石や自動車などの製造物には意識能力があるとは思っていないでしょう。でも、形のあるものはすべて原子で出来ていることを考えれば、あるレベルの知性や意識があるからこそ変化が起きるに違いないことが分かるでしょう。どんぐりから樫の木になること、結晶作用、浸食、さび、腐食、火災、潮の満ち引き・・すべて意識のプロセスなんです。スプーン曲げは、当人のスプーンの形を変えられるという思考から来ています。思考がやろうとしていることに集中できているかぎり、その方向に向けられた思考のエネルギーが、スプーンの分子構造を変化させ、その組成構造を柔軟にさせるのです。その意識の集中が終わると、すぐスプーンはそのままの形で固くなります。ええ、誰も質問したわけではありませんが、これは金属の意識だけでなく思考パワーのよい例ですね。

24.ええ,お母さん。母なる神からだいぶ話が逸れてしまいましたね。この宇宙の統治者はその内にあるすべてですから母や父という存在をはるかに超えた存在だと言いましたが、神はどのような愛のある概念で捉えようとそれを尊重し、どのような名前で呼んでも答えてくれます。

25.月の様子が変わっているように見えるのは、地球の周りのエネルギーとその違いに気づいている人の中のエネルギーの波動が高まっているからです。

26.インドのムンバイでの死、負傷、建物の破壊は、CIAのイルミナティに動かされている分派の仕業です。”闇の作戦”と知られるその事件と他の似たものは、過激分子による程度の小さい破壊活動と同様に、創造主の宇宙”自由意志”法則に則って起きていることで、これにはすべての宇宙の統治者たちも従う義務があります。けれども、”9・11”のようなテロ行為を二度と経験しまいという地球の自由意志を尊重して、神は、そのような謀略を防ぐために地球外生命体(宇宙人)の介入を許したのです。そして、2001年9月11日以来、彼らは12回以上もそれに成功しています。それには、世界的な流行病を蔓延させようという目的で創られた人工ウイルスの中和活動が含まれています。

27.ピラミッドの均一に配分されたエネルギーは、地球内部から大気へ、そしてまた地球に戻っていくエネルギーの流れを可能にしています。それは、呼吸の伸縮運動サイクルによってあなたたちの生命が維持されるようなものです。これらの構造物は惑星生命の維持を助ける目的で第三密度世界に設けられています。ところで、波動がより高い世界ではその波動によって、外的な助けが無くてもエネルギーが継続的に流れています。けれども、エネルギーの”構成要素”部分として、ピラミッド体を実在の形として、あるいは想像上の形として使うことは、いわゆる聖なる形状(配置)と見なすことになります。ですから、エネルギーの変化に敏感な人がピラミッドやそのような形状のものに特に心を引かれるのです。

28.この移行時期にアーティストの役割は何ですかという質問はうれしいですね。後世に残すことですよ。真のアーティスト・・絵描き、彫刻家、詩人、作曲家、ミュージシャン・・は、魂にあるものを表現します。彼らの創造するものは、いろいろと考え練ったものが投影されたというよりは、内側から流れ出るものです。ですから、彼らの制作物は計算して頭で作り出したと言うよりむしろハートからの表現です。”音痴”とか”不器用”だけれどもアートにはとても心が揺さぶられるという人は、アーティストとして生きた転生の細胞レベルの記憶が反応しているのです。あなたたちよりも進化している文明人たちは、あなたたちの”専門家”が”アート”だと呼ぶものすべてがそれに値するとは考えないでしょう。ユニークなアイデアだとか、たぶんうまくいった冗談くらいに思うかも知れませんが、それには心から溢れるような美しさがないことは確かでしょう。やがて、高い波動と調和して、アートがより繊細で審美的な目で選ばれ観賞されるようになると、形状や音の醜さはその時代の気分と態度の多様性の例だと見られるようになるでしょう。

29.音楽があなたたちのエネルギー系と精神性に与える影響の重要性を強調し過ぎることはありません。クリスマスの時期に伝統的に連想する音楽の波動・・特に”くるみ割り人形組曲”とクリスマスキャロルのオーケストラ編曲とコーラス・・は”心の弦”に触れますね。このシーズンに同様にポピュラーな最近の音楽には、そのような高い波動がありませんが、それでも人々を幸福な感じにさせます。現代の音楽ジャンルの大半は、その中でも”ヘビーメタル”の耳障りなサウンドは特に、バランスに必要なスムースなエネルギーの流れを阻害します。

30.クリスマスの別の面の話でこのメッセージを終わらせましょう。商業の重要性が減ることは、さらに経済を悪化させることだとあなたたちは思っているでしょう。でも実際には、それは人類には大きな贈り物なのです。それは、心から分け与える、まだ知らない内部の力に手を伸ばす、これまで当然に思っていたことに感謝するという素晴らしい機会に恵まれたことです。その上、イエスキリストの生誕を祝うクリスマスのこの時期に、人類全体と地球自身にとってさらに素晴らしい贈り物は、宗教の違いを超えてスピリチャリティ(霊性)が開花していることです。宗教信仰ほど、あらゆる魂の中にあるキリスト意識を否定し、あなたたちが真理を知ることを妨げてきたものはありません。それは、あなたたちが神であり、この宇宙の統治者と、その中の他の魂たちすべてと不可分な部分であるという真理です。この贈り物と愛のパワーであなたたちの人生を明るくしてください。

31.では、宇宙の恵みと永遠の愛をもって、僕たちもあなたたちと一緒に2008年にお別れして、期待と楽な気持ちで2009年を迎えましょう。
_________________________

原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄

14 件のコメント:

tumamama さんのコメント...

森田玄さん
マシュー君のメッセージをありがとうございます。なんとなく昨日、マシューママのブログをみましたが、まだアップされていませんでした。翻訳、速攻ですね。
一年の終わりに、マシュー君のメッセージを読めて、穏やかな気持ちになりました。見守ってくれているのだな・・・と。
マシュー君、マシューママ、森田さん、それから地下の地上の宇宙のみ~んなに感謝。

kodemari さんのコメント...

いつも長文のメッセージを翻訳してくださって、本当にありがとうございます。
今回のメッセージは、これから自分自身にも起こるかもしれないことが具体的に書かれているので、とっても差し迫った現実的なことと感じながら読ませていただきました。
自分のブログに記事リンクさせていただきましたm(_ _)m

Silver Ring さんのコメント...

玄さん
いつもありがとう!
すばらしい内容ですね。
本も買いましたよ。

mahana さんのコメント...

mahanaです。

玄さん、こんばんは(こんにちは?)

マシュー君からのメッセージの数々

「マシューブックⅠ」と、こちらで翻訳されている新着メッセージを何度も繰り返して読んでいる途中です。

なんとか理解したくて。何度も読んだり分からない言葉は辞書を引いて勉強しています。

どうしてかというと、私の周りの大切な人たち、苦しんでいる身近な人達に、もっとわかりやすく第三密度の思考で解るように話ができればいいと思ったからです。

とても苦しい試練を耐え忍んでいる人たちに
少しでもマシュー君の話しているアセンションの意味、黄金時代へ入っていくまでに受けるであろう試練。。。
そして神様からの私たちの魂の約束。

いろんな段階をおって話ができればと思います。(それぞれの人格とタイミングをみて)

その中で第四密度と第五密度にこれから移行していくということで、第四密度がどんな世界なのか具体的にまだ理解していません。
ニルバーナの世界が第四密度の世界だと話していましたよね。ニルバーナには闇はなく私たちのいう「天国」なようなところだと。

マシュー君も「僕たちが言いたいことを第三密度にいるあなたたちには理解できない思考だからすべてが理解できることはない」みたいなことを話していましたよね。

この第四密度の意味を伝えるのに、いまいち
ピンとくる言葉がなく、私もまだまだわかりません。

玄さんは理解されてありますか?
もしよければ解りやすく教えていただけませんか?


マシュー君は「怖れないで!」と何度も言ってくれますよね。

怖れてはいません。信じていますから。
だけど私たちは生身で今!生きています。
身近な人に、とても大切な相手から苦しめられていたり、日々の生活に苦しんでいる方、沢山います。

ライトワーカーとして目覚めさせてくれて、魂の約束を知り、数々の人生を生き、(前世)今があるのだと。

宇宙の一員として、身近にいる苦しんでいる人に、ただただ寄り添ってあげたいと思っています。

そうして進んでいきたいだけなのに
それでもどうしてカルマは解消されないのでしょうね。どうして許されないのでしょうね。(カルマの相手から)
生身の私が強いので、とても辛いです、
目覚めてから、今が一番辛いです。

解ったから!私の魂の約束は解ったから!
解っていたから、生まれてからずっと苦しい試練の連続でも、今まで不動な心で、ただ一途に邁進してまいりました。
なのに、どうして苦しいままなんでしょうね。
ある一定の時期まで苦しい時期を耐えなければいけないのは解りました。魂の約束で。
それでもやはり、生身で 今!を生きている私たちは約束を受け入れるには耐えがたいことでもありますね。
だって、人間ですもんね。

なんだか支離滅裂な文章ですみません。

Morita Gen さんのコメント...

mahanaさんへ

コメントありがとう。

『この第四密度の意味を伝えるのに、いまいち
ピンとくる言葉がなく、私もまだまだわかりません。』

これから起きてくることの意味を、正確に理解できている人間はまだ地球上にはひとりもいないと思います。でも、実際に起きている現象をよく観察し、それらが偶然に起きていることではないんだと知れば、自ずとその背景が見えてくるでしょう。マシュー君の言葉を引用しなくても、今世界があらゆるレベルで大変革の中にあることは自明です。そのような未曾有の時期に、もっとも大事なことは、恐れないことだと言っています。

恐れは、私たちの思考能力を挫き、視野を狭くし、その結果として行動を誤らせるからです。

今起きているガザの惨劇は、まさにその例でしょう。

第4密度の世界がどんなようになるのか、想像することさえ困難ですが、ひとつ言えることは、人類の意識エネルギーが高まることで、これまで人々を苦しめて来た物質的な我欲や嫉妬心、憎しみといった仏教で言う煩悩の無意味さが理解できるようになって、ガザの悲劇などが起こることはなくなるでしょう。そして、人間ひとりひとりが自己のパワーと目的に目覚めて、それぞれの人生を歩むようになって行くでしょう。

第4密度は、言い換えれば、気づきの世界とも言えますね。



『なのに、どうして苦しいままなんでしょうね。
ある一定の時期まで苦しい時期を耐えなければいけないのは解りました。魂の約束で。
それでもやはり、生身で 今!を生きている私たちは約束を受け入れるには耐えがたいことでもありますね。
だって、人間ですもんね。』



失礼な言い方でしたら、謝ります・・

もしかしたら、あなたは他人に対する責任を負うことで苦しんでいませんか。それが耐え難い苦しみになっていませんか。

生きるうちで最も大事なことは自分自身に責任をとることです(と私は思っています)。それ以外に何も無理して耐えることなど一切無いです。自分を認めること・・例え、ダメな人間、能力なしだとしても・・受け入れることが絶対条件です。なぜなら、そのように自分でこの転生を選び受け入れたのですから。

おもいっきり自分を褒めて、やりたいことをやってください。私たちに与えられた最大の贈り物は”自由意志”です。ほとんどの人間がそれを忘れて、自分に足枷をはめて、他人や世間の所為にしています。

足枷を外せばいいのです。でも、それはあなただけしかできません。

mahana さんのコメント...

mahanaです。

玄さん こんにちは。

ご丁寧に返答してくださってありがとうござ
います。
10月14日以降、空を眺めては宇宙を感じています☆
雲の変化に気づいたり、月の輝きの違いに気づいたり、そして今年の初日の出!

玄さんは見れましたか?
私の住んでいるところは曇っていたので見れなかったのですが、テレビで富士山の後ろから昇ってくる太陽を生中継で見ました。

とても美しく後光が射しこみましたね。
感動して涙が出ました。

玄さんの仰る、第四密度の世界。
とてもよく解ります。ありがとうございます。
まったく同じような世界のことを友人と話していました。一人一人の目覚めで変わるんですもんね。

>もしかしたら、あなたは他人に対する責任を負うことで苦しんでいませんか。それが耐え難い苦しみになっていませんか。

はい。苦しんでいます。
他人ではなく 母親にです。
私の友人は  娘にです。

二人ともかけがえのない私たちの愛する家族です。
だからそれが個々の責任であろうが
その家族から、受ける仕打ち(互いのカルマによる)日々の攻撃に苦しんでいたのです。
感情がありますので、へこたれます。

私の友人は娘とのカルマの意味をしっかり理解しています。前世の関係も友人は自分で見ました。友人は前世での自分の過ちを反省し、そして自分を許し、相手を許し、
今の娘と和解するためにあらゆることを尽くしてきました。
それでも娘の執着はかなりのもので、獣化しています。
それでも、信じているから強くなれるのです。

カルマはお互いの共同作業だと神様はおっしゃっていましたもんね。
個々の気づきがないと解消されることはないのですね。だから環境によっては耐え忍ぶしかないのかな?って。

自由選択の意味もよく解ります。

それが一番、愛する家族が
まったくもって闇先行中なので、その日々を
一緒に暮らしているのでつらかったのです。

私も自分をもっと知り、褒めて、感謝して、
許す心と、気づきの心 に目覚めていかなければなりません。

玄さん(*^_^*)
ご丁寧にありがとうございました。

足枷ですね!肝に銘じます!!

Morita Gen さんのコメント...

mahanaさん

初日の出は残念ながら寝床にいて見れませんでしたが、翌日家族で近くの霊山と言われる高鶴山に初めて登りました。そして頂上から見た富士山はまさに絶景!そして眼下に広がる太平洋。ありがたい景色をお年玉にもらいました。

ご家族とのトラブルほど辛いことはありませんね。もしよかったらホ・オポノポノをやってみたらどうでしょう。(じつはあなたの問題に関わった瞬間、それは私の問題にもなるのです)。自分に対して(相手や問題にではなく)「ごめんなさい。ありがとう。愛してます。許してください。」と言うのです。声を出す必要も、心をこめる必要もありません。辛くなったとき、苦しいとき、出来れば息を吐きながら心に言うととても楽になります。

「アロハ」とは、本当は「神を前にして」という言葉だそうです。あらゆる存在は聖なる存在で本来完全です。どんなに酷い人、憎らしい人も神的存在です。そうさせないのは、「私」のフィルター(カルマ)ですね。ホ・オポノポノの言葉はそれを「消す」パワーがあるそうです。やってみてください。

以下は、神との対話からの引用です:

『偶然はない。たまたま起こることなどない。あらゆる出来事と冒険はあなた自身によってあなたに引き寄せられている。それは、あなたが本当のあなたを創造し、経験するために起きている。真のマスターはすべてこれを知っている。だから、神秘のマスターは人生の最悪の状況にあってもうろたえることはない。』

mahana さんのコメント...

玄さん こんばんは。

「ホ・オポノポノ」つい最近、私の知人も読んだそうです。ここでまた玄さんからお薦めがあるということは、それもまた導きなのですね。ありがとうございます。

実は、私も少々ハワイと縁がありまして。
数年前、私の精神状態が下がっていた時に
(母とのことで)
「ホ・オポノポノ」を読んだ知人が(母の友人)その頃ハワイへ住んでいまして(今は日本です)私をハワイへ導いてくれました。
ハワイの古代から伝わる「ロミロミ」を習いにハワイへ来てみないか?
その時は「ロミロミ」がどんなもので、どんな意味があるのかもわかりませんでしたが、
なにかにすがる様に「行く」と即答していました。「ロミロミ」とは、マッサージの意味で、ハワイでは3000年もの間、一つの治療法として存在していると言われています。
もともとの方法は地面に敷いたマットに横たわり行われていて、この手法の要素は人間内の外へもららされ、生命を支える土地、体、そしてスピリット間の分離からくるものだと考えられ、私たち自身の中の関係、肉体の状態を保ち、精神を元気にしてくれる重要なもの、感情の力を表すものです。

ハワイアンスピリットはまさに宇宙心ですよね。
ハワイにはたくさんのマスター達がいますもんね。

当時、ハワイへ立つ日は2001年の9月末を予定しておりチケットも手配しロミロミ学校の手続きも済ましてました。
それが、ご承知のとおり旅立つ前に9.11が起こりました。

ハワイにいる知人は「今のハワイにはエネルギーがまったくない。人々は皆、生気を失い島全体が沈んでいる。こんなのはハワイではない。この状態で来ても、ハワイで学ぶことはできないから延期しなさい。」と言われ
翌年に延期してハワイへ旅立ったんです。

その延期にも私にはとても意味がありました。また別のマスターと出逢う意味があったのです。予定通り学校へ入ると淡々と過ごしていたかもしれませんが、個人的に教えてくれるマスターを紹介してくださり、そのマスターの下でハワイの歴史からスピリットを学ぶことができました。
そしてたくさんのエネルギーと愛と神を見ました。
ハワイには高いエネルギーが集合してるので偶然ではない、たくさんの奇跡を見せてもらいましたよ。

ハワイが私が一歩前に進むきっかけを作ってくれて(導いてくれた知人も)今の私に至ります。
ハワイだけではなく私の周りには、いつも私を導いてくれた魂がいました。

だけど先日、とてもショッキングなことがあり、思わず玄さんにメールをしてしまいました。
その行動も導きなんでしょうね(*^_^*)
だって、玄さんの穏やかで、温かい言葉に癒されていますもの(ハート)

ありがとうございます。

>自分に対して(相手や問題にではなく)「ごめんなさい。ありがとう。愛してます。許してください。」と言うのです。

言霊ですね。

イスラエルのおばあさんも同じことを言ってました。※「ツキを呼ぶ魔法の言葉」

高次元の魂達は、伝えることが共通していますね。

玄さんから、またハワイアンスピリットを思い出させて頂いて、これも必然ですね。

原点に戻って、見つめなおし!です。

何度もありがとうございました。

GodChild さんのコメント...

こんぱんは。

次のエントリにデービッド・アイクのニューズレターが紹介されていますね。アイクもマシュー君もControversialなところが共通していますから、注意深く読まなくてはならないと思っていますが、アイクが大変な哲人であることは確かで、自信のブログで「愛」について非常に冷徹に語っています。ぐさっと来ます。

http://www.davidicke.jp/blog/nl0133/

Morita Gen さんのコメント...

GodChildさん

デーヴィッド・アイクの愛についての論考を読まさせていただきました。ありがとう。

自己が愛である。そして友情に真の愛が存在するということ、まったく同感です。

恋愛や家族という関係の絆の脆さを指摘していますね。でも、僕はあらゆる関係はひとつの愛ではないかと思っています。例え醜い恋愛や家族の関係にあっても、それを乗り越えるところに愛の意味があるのではないでしょうか。そうでなければわざわざそのような関係に落ち入る意味がありません。偶然に、単に生物学的因縁だけで家族の関係にあるとは考えられませんからね。

すべては魂の学習経験、成長のためだと考えれば納得いきます。

どこかで以前、愛とは単に他人に対する優しさや情だけでなく、あらゆる情感、憎しみさえも、を含有した全体的なものだと書いてありました。

もっとも大事なことは、自己を否定しないことですね。そもそも自己が愛なのですから。

匿名 さんのコメント...

こんにちは 朱鷺です。
恐れから離れなさいというメッセージは危険です。恐れは離れるのではなくてきちんと見つめていかねばなりません。

人類が本当に進歩するためには恐れや不安と立ち向かった時に神が現れるパターンからの脱却が重要です。

せっかく9.11を追求されたのに残念です。貴方は恐らくイルミナティのメッセンジャーにされています。

影響力のある存在ですから、ご自分の愛する家族と農業とそれだけで十分です。

マシュー君はお母さんだけの存在でいいのです。亡くなった方からのメッセージはその肉親にしか届きません。

私の場合はそのメッセージすら届きません。あるのは墓だけです。心の対話はそこから生まれます。

Morita Gen さんのコメント...

朱鷺さん

恐れから離れるというのは、無視するとか逃げるいう意味ではないと思います。恐れに取り込まれて、正常な判断ができなくならないようにしなさいということでしょう。恐れに立ち向かえられる人はそういませんね。だから、日頃から注意して、恐れを抱かせるような他人の言動を見極めることが大事だとマシュー君は言っているのだと思います。

イルミナティのメッセンジャーですか?そうすると、マシュー君もそうなるのかな?彼らは手が込んでいるからやりかねないかもしれませんね???

けんじ さんのコメント...

玄さん                    28番の原文の意味は「本当の芸術家は“a projection of calculated studies"、“expressions from the heart rather than the mind"計算して頭で作り出したと言うよりハートから表現する」と翻訳したほうが分かりやすいと思います。このハートと言う使い方は心臓、胸と言うより、魂を意味しているのだと思います。この「ハート」の使われ方は多くの優れた著作家が人間の最重要な、最深部の感情を伴うしかし、通常の感情ではない所謂、スピリチャルと呼ばれる感情を表すのに使う用語です。要するに、インスピレーションで作るのが本物で偽物は計算して作ると言う意味だと思います。しかし、どれがインスピレーションでどれが、インチキかは論争になるでしょうね。

Morita Gen さんのコメント...

けんじさん

わあ、こんな昔のメッセージを読んでくれているんですね。まずそのことに感動です。そして訳の指摘をありがとうございます。おっしゃるとおりです。
Their creations flow from within rather than coming as a projection of calculated studies, and as such, their productions are expressions from the heart rather than the mind.
「彼らの創造するものは、いろいろと考え練ったものが投影されたというよりは、内側から流れ出るものです。ですから、彼らの制作物は計算して頭で作り出したと言うよりむしろハートからの表現です。」と変えますね。