日曜日, 5月 10, 2009

講演会の案内

もう夏という感じの沖縄に来ています。8日はローフードの講演会、昨日と今日はガラクタ風水整理術のカレン・キングストンさんのワークショップに参加しています。

そして明日、11日(月)は那覇市で「マシュー君のメッセージ」というタイトルで講演会をしますので、興味ある方はどうぞいらしてください。

以下は今回のオーガナイザーであるマザーシップの中川角司さんがつくってくれたご案内です。

*********************************

本土より森田玄さんをお招きして!

◆◆◆ ゆみも語るよ!森田玄の【マシュー君からのメッセージ】講演会 ◆◆◆

造詣もご縁も深い、玄さんゆみさんのご経験からお伝えいただきます!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本日、県庁前で、沖縄タイムスが新型インフルエンザの「国内初の感染者」という号外を配っていました。

豚インフルエンザについてのタイムリーなメッセージは、先日も掲載しました。

玄さんのブログを見てみてください。

===========================
 ●2009年4月28日の<マシュー君からのメッセージ>
 http://moritagen.blogspot.com/2009/04/blog-post_29.html
===========================

「不安に思わないで、光を見て下さい!」と言ってくれていると感じます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

17歳で亡くなり、地球の進化をサポートする役目についたマシュー君のメッセージは、圧倒的に勇気づけられる、愛溢れる内容です。

かつ、具体的で、オバマ大統領が決まる半年も前に、その就任を言い当てた内容はよく知られています。

そのメッセージには、共感者が増え続け、翻訳している玄さんのブログは、今では毎日1万件ものアクセスがあります。

玄さんは、3月も渡米してマシュー君のお母様に会ってきました。

この打合せで進んだ、第2巻の発刊が待ち遠しいです。

丁度、インフルエンザで動いているタイムリーなこの時期、面白い講演会になるようで、とっても楽しみです!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ★内 容: ゆみも語るよ!『森田玄の【マシュー君からのメッセージ】講演会
 ----------------------------------
 ☆開催日: 5月11日(月)14:00~16:30(受付13:30)
 ☆会場は: 首里 いちゃりばちょーでーセンター
 ☆参加費: 2,000円
 ☆ご定員: 30名限定
 ☆対象者: どなたでもご参加できます!
 ☆申込み: ビビっと来たらメールかお電話下さい!
 ☆問合せ: ご質問は何なりとどうぞ!
 ☆担当者: 中川角司(090-6146-5054 : mothership2012@softbank.ne.jp

  ※いちゃりばちょーでーセンターの場所の詳細は、
   御予約をいただいた方に、別途お伝えいたします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

素敵な講演会になりますよ!

書籍も当日販売いたします!

直感ありましたらお申し込みください!

転送大歓迎です!!

よろしくお願いします!

*********************************

あなたの仕事は幸せになることです!

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

本日参加させて頂いた者です。

マシュー君の最新情報に興味があり参加
致しましたが、こちらのHPや書籍情報の
話が殆どで、物足りなかったです。

この様なワークショップに参加される方は
ある程度の情報を持っているものと思います
ので、又沖縄でワークショップを行われる
際は、是非最新の情報やHP・書籍では公開
出来ない話を中心にして頂ければ幸いです。

ローフードで無農薬の話が出ていましたが、
沖縄でも完全無農薬で作物を作るのは難しい
状況です。
と言いますのは、所謂農地では大量の農薬が
長期間使われており土壌が汚染されています。
土地は繋がっておりますので、無農薬で栽培
したとしても、必ず残量農薬や周辺で使用される
農薬が流れてきて作物が農薬で汚染されて
しまうのです。

8年程前にJAS無農薬野菜の認定を受けようと
試行錯誤しましたが、一般の農地では検査の
際に
農薬が検出されて認定を受けるのは非常に困難でした。

なので、完全無農薬で作物を作る際は、
・周辺の農地よりも高い土地を探す。
・パニス(軽石)等の代替土壌をプランター
 で管理して栽培する。
・農薬汚染が起きにくい住宅地の庭で小規模
 で栽培する。
等の方法が有効です。

話が少しそれますが、沖縄では補助事業で設置
された鉄骨ハウスが放置されているケースが
大変多いですが、それには理由があります。

実は、補助事業で鉄骨ハウスを作る際に「作物指定」
を言う栽培する作物の縛りがされます。

野菜の場合は、3品目の指定となって一度決定
すると変更が出来ません。
勿論、果物の栽培も出来ません。

以前、蘭栽培が盛んになり、補助事業で多くの
蘭ハウスが立てられましたが、その後価格が
下落してしまい放置されております。

その様な放置鉄骨ハウスを借りれないか?
何度も農協や農業委員会に野菜や果物を自由に
栽培できるように縛りを解けないか?掛け合い
ましたが、全く駄目でした。

沖縄では台風の影響を避けて作物を栽培する
為にはどうしても鉄骨ハウスが不可欠なので
すが、この様に放置ハウスを活用できずに
文字通り、放置されております。

まだまだ書き足りませんが、この辺で止めておきます(^^;

今日はありがとうございました。
又、参加させて頂きますね。

Morita Gen さんのコメント...

匿名さん

昨日は参加していただいてありがとうございました。そうですか物足りなかったですか。でも、本にはない非常に大事なメッセージを語ったつもりでしたが、たぶんご期待していたものとは違っていたのでしょうね。そのときはぜひ質問してくださいね。
それから、農業に関する情報ありがとうございます。農薬を使用しているところで無農薬でということの難しい問題はもちろんです。完全無農薬にこだわるならそうでしょう。でも、すこしでも農薬を減らそうという意識があれば、そしてそれを広めようと言う意識があれば、あえてそのような環境でやって、周りの人々に減農薬でもりっぱに育つことをアピールすることも大事ではないでしょうか。自分たちだけが安全な野菜だけを食べればいいのだという考えなら仕方ありませんが。どのお百姓さんも好きで農薬を使っている人など世界にもいません。みんな病気にまでなって使いたくないのです。ただ知らないだけです。
鉄骨ハウスはぜひ再利用すべきですね。その法規制を解く方法が必ずあるはずです。私も考えてみましょう。

zow さんのコメント...

m(._.)m ペコッ 

例によって勝手に動画化

戦争の原因(それはのちの朝鮮カルトや日本の与野党である)
http://ameblo.jp/zowgen/entry-10293677109.html

お、ちょうどマシュー君の22、アップですね?

当方の情報に寄れば
「オバマは悪い人じゃないけれど、イスラムの和解宣言なんて全くの政治的な表明に過ぎず、イルミナティーにがんじがらめで何も出来ませんよ」とのことです。

私は今のところマシュー君のメッセージには何も邪悪な意図は感じず、面白いポイントも多々あるので動画化させていただいてますが、信憑性に関してはイマイチの部分も感じては居ます。