水曜日, 4月 29, 2009

マシュー君のメッセージ(20)

今月初めにメキシコで発見されたとされる豚インフルエンザは、あっと言う間に世界中のトップニュースになりました。もうテレビやラジオや新聞も連日この話題でいっぱいの観があります。昨日、じつにタイミングよくこのことに関するマシュー君からのメッセージが届いたのでまずは、読んで下さい。

****************************************

マシューのJPG

2009年4月28日

今日はマシューです。心からのご挨拶をするとともに、短いメッセージがあります。それは、最近のイルミナティの企みである”生物兵器戦争”は、必ず失敗に終るだけでなく、それがあなたたちの世界に依然として残っていた彼らの最後の足掛かりを崩すことになるだろうということです。ジーン・ハドンが、世界的大流行の発生だと騒がれている豚インフルエンザについて僕のコメントを求めて来ました。それで、僕のジーンへの回答を僕の母に頼んで彼女の配信リストに送り、このウイルスについての真実を、一般の人々の反応に対する僕たちの観察についての僕のコメントを加えて、なるべく広く伝えるようにしてもらいました。

また再び、権力ある地位の人間たちに強力な支配を及ぼしている闇の影響を受けた者たちが、その名にぴったりの”断末魔” のあがきに出たのです。

その最新の戦略というのは、実験室で発案され、造られ、放出された豚ウイルスを発注することなのですが、以前と同様に、これもその計画の一部である支配されたマスコミによってけしかけさせて、大流行だと宣言させることなのです。僕たちにも不可解なのは、この闇の連中がSARS菌そしてその後の鳥インフルエンザ騒動の惨めな失敗から何も学んでいないことです。そのどちらも同じような世界的流行が予測されて大きく報道されました。あげくに、その病気で亡くなった人はわずか数人しかいなかったので、その報道は次第に減って行き、ついに線香花火のようにまったく消えてしまいました。

今回の豚ウイルス騒動もおなじ結果になるでしょう。他の星の国々からやってきている僕たちの家族たちのテクノロジーが、ちょうどSARS菌や鳥インフルエンザの流行を防止するためにやったように、この病気を流行させる目的のワクチンをすでに中和してしまいました。

この新しい恐ろしい計画はアメリカ政府指導者の知らない内に実行されました。これは、その政権内の最高幹部たちの承認を得て捏造された以前2回あった世界的流行の謀略とは異なるものです。

この最近の病気発生報道のタイミングを考えてもみてください。ウイルス製造を許可し、それによる世界的恐怖を煽ることに加えて、闇に傾いた人間たちの目的は、人々の高まる平和的解決の交渉を求める声から、その関心を逸らせることなのです。それらは、虐待を許可したアメリカ政府の責任者の追求。”9・11”の真犯人についての真相。世界経済の崩壊をもたらしたもの。数十年にわたる政府の地球外生命体存在の隠ぺい。不正な麻薬産業を支配している者。ケムトレイルと気象操作の真の目的。世界中のシオニスト運動の目的。そして、世界中のテロの背後にある”闇の作戦”があります。

単にこの国がその多くの腐敗と嘘の元になっていて、現在徹底した調査が進行中だからという理由で、アメリカ合衆国市民だけの気持ちを逸らせば充分というわけではありません。

違うのです。それは世界中で起きなければいけないのです。なぜなら、真理を、平和を、再生エネルギーを、医療と教育の改善を、女性の平等のための正しい法制と正当なる承認を、他の各国政府の市民たちが一緒になって声だかに要求し始めているのを、世界中にいる闇の企みを持った人間たちが見てパニックになっているからです。

それらの起きている状況はすべて闇の目指す目標とはまったく反対のことで、それらはすべて闇の人間たちにとってはのろうべきものなのです。でも、世界経済の崩壊によって、だれがそれを操作していたかという真理が明らかにされているように、この豚インフルエンザの企みもイルミナティやその傘下の同じ闇の連中によってしでかされた他の悪巧みを暴露してくれることでしょう。真実を”明るみに出す”ことが進展し、あなたたちの惑星にぐるりと巻き付いて支配していた闇のエネルギーが急速に枯れて行くこの証拠を歓迎しましょう。

ジーンからの要請に応えて、僕がこのメッセージを送って以来、一般の人たちがますます製薬会社のトップにいる人間たちの考えていることについて疑いを抱きはじめているという確かな徴候があります。また新たな品種のインフルエンザがこの時期に突然発生して、”偶然にも”ワクチンに生きたウイルスが見つかるなんてことありますか?そうです、確かに恐れもありますが、イルミナティが意図し期待していたにはほど遠いですね。


そのまったく逆です・・これは彼らにとって手痛い大失敗ですよ。人々の反応はその意識が拡大していることを示しています。これは広範囲の怒りを引き起こすことになるでしょう。それはまた何百万人の人々を感染させ世界をパニックにさせようという謀略に対するものだけにはとどまらないでしょう。他の数多くの領域でも光の活動が進んでいますから、あなたたちの世界を長い間締め付けて来た闇の支配もなくしてくれるでしょう。あなたたちの光をしっかりと支えてください。そうすれば、ダイナミックな展開へのもう少しの辛抱が十分に報われることでしょう。
                                              
_______________________________

スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄

        ******************


今日のニュースでは豚インフルエンザによるメキシコでの死亡者が68人になったと報じていました。(でも考えてみると、毎日ガンで亡くなる人は日本だけでも約1000人もいるのです)ほんの少し前までは”海賊”問題で、今回は疫病世界流行問題と、週刊誌の話題に格好のものばかりですね。

マシュー君は今度出版される「マシューブック2」の中で、生物兵器やワクチンについて詳しく述べています。

それによると、本来生命を守る目的で開発されたワクチンが、今日ではあえて問題を起こす目的で造られるケースもあるというのです。ですからこどもの予防接種は要注意ですね。もちろん医療関係者たちはこんなことは知らずに善意でやっているのですから、ことは複雑です。

これはいま地球に蔓延しているウイルスを見れば明らかだと言います。例えば、最も悪質と言われるエイズ菌は、研究室で突然変異ウイルスを交配してできた人工のものだそうです。でもその結果世界中のたくさんの人々が悲惨な苦渋の生活を余儀なくされています。

あまりにも地球人類の苦しみが重なるのを見た地球自身が宇宙からの支援を要請したお陰で、それに続くSARS菌や鳥ウイルスの毒性が彼らの超テクノロジーで中和されたそうです。

ところで、今回のメッセージにもあるケムトレイルがまき散らしている有毒物質はやはり相当なもののようです。それに加え、大気中には劣化ウランなどの低レベル放射能がすでに含まれていて、これらはもう地球人類の科学技術ではどうしようもないレベルの問題なのですが、宇宙からの超テクノロジー支援によってある程度浄化されつつあると言うのです。

この写真は、茨城の彫刻家の安藤栄作さんが最近送ってくれた写真です。自宅の空にこれが半日浮いていたそうです。マシュー君によれば、宇宙人たちが大気をクリアリングするときに、このような巨大な巻き雲が出現するのです。この中で汚染物質がエネルギー渦によって消滅すると言われています。

UFOのJPG

(ちなみに、4/28〜5/10に安藤さんの作品展"Being"が水戸市のART WORKS GALLERYにて開催されます)

15 件のコメント:

N.E. さんのコメント...

偶然ですが、祝日の今朝(29日)、目覚めてからぼんやり窓の外をながめていたら、上下にジグザグ運動しながら西へ流れていくUFOを見ました。5秒ほどですっと消えました。なにか関係があるのでしょうか?東京在住です。いつも翻訳をありがとうございます。

匿名 さんのコメント...

アメリカ在住です。 数週間前にこんな感じの雲が自宅近辺にあり、子供達と「ufo雲だぁ~」と大喜びして眺めていた雲と良く似ています!
お昼位に気が付いて、他の雲は風に流れていましたがこの雲だけ 日が暮れるまで少し大きさを変えながら同じ場所に浮かんでいました。
宇宙人さん達が空気を綺麗にしてくれている雲なんですねぇ。。。 お礼を言わないといけませんね。 
宇宙人の方々、どうもありがとうございます。

玄さん、毎回心温まるメッセージありがとうございます。

run さんのコメント...

アメリカ在住です。 先日、良く似た雲を自宅付近で見て子供達と「ufo雲だぁ~」と大喜びして眺めていました。 お昼ごろに発見して、日が暮れるまで同じ場所で少し大きさを変えながらずっと浮かんでいました。
宇宙人さん達が空気を綺麗にしてくれていたんですねぇ。 感動します!!
お礼を言わないといけませんねっ♪
宇宙人の方々、どうもありがとうございます!!

玄さん、毎回 心温まるメッセージありがとうございます!!

GodChild さんのコメント...

早速の翻訳に感謝します。
今回の「豚インフルエンザ」に関するマシュー君のメッセージには期待したいところです。

関連すると思われるリンク:
http://wiredvision.jp/news/200904/2009043022.html
http://wiredvision.jp/news/200904/2009043023.html

匿名 さんのコメント...

先日ケムトレイルに関するコメントを求めたものです。
この豚フル騒ぎ(死者の方々にはご冥福をお祈りします)により、即座にマシュー君の返答を聞くことができ驚いています。
不思議なことに少なくともここ4ヶ月ほど連日目撃されていたケムトレイルが、豚フル騒ぎ以降、急になりを潜めているます。(それは付随するヘリ騒音の大人しさでもよく分かります。)
先日は久々に本当の青空を見ましたが、その本来の青さに感激したほどです。
―目的を達成したつもりで何か方向変換しているのか、または(騒ぎと関連させられるのを恐れて)目立たなく撒布する方法(昨日・今日など空は異常に白いのです)に切り替えているのだと思いました。
宇宙の方々のテクノロジーが空気を正常化してくださっているのでしたら、大変感謝です。確かにそうでなければ、日本の上空にもこれだけ撒布されている割には、大々的な影響はまだないことが不思議なくらいではありますね。
玄さん、即座に翻訳くださりありがとうございました!

きちー さんのコメント...

玄さん私の書き込みにお返事を下さいましてありがとうございます。

私が気になって仕方なかった、豚と昨日から新型になったのですね、インフルエンザのことが早速マシューくんのメッセージで届けられて驚いています。
早速翻訳していただきありがとうございます。

「今回の豚ウイルス騒動もおなじ結果になるでしょう。他の星の国々からやってきている僕たちの家族たちのテクノロジーが、ちょうどSARS菌や鳥インフルエンザの流行を防止するためにやったように、この病気を流行させる目的のワクチンをすでに中和してしまいました。」
正直このように言われても、連日の感染拡大のニュースの報道を見ていると、にわかに信じられないのが今の気持ちです。
でも、マスコミが不安を煽るような報道をしているような気もするのも事実です。
感染者の数よりも症状や治癒した人の数
の方が知りたいのに、その方は一切報道なし・・。

もしマシュー君の言うことが本当なら、どのくらいでこのインフルエンザの騒動は治まるのでしょうか?
今の正直な気持ちです。
でもここで恐怖や不安な気持ちになってしまったら、だめですよね?
気持ちをしっかりと持って、宇宙人の方々やメッセージを送ってくれているマシュー君、また、お母さんのスザンヌさん、翻訳してくださっている玄さん、その他全てのことに感謝して日々過ごして生きたいと思います。
ありがとうございました

miotai さんのコメント...

はじめまして。

こちらのニュースもご参考までに。

http://wiredvision.jp/archives/200503/2005031002.html
「ブタから人工インフルエンザ・ウイルス発見」の謎

2005年のニュースです。
今回のインフルエンザが人為的なものであるかもしれないと云うことを裏付けるようなニュースです。

匿名 さんのコメント...

昨日ケムトレイルが「なりを潜めた」、とコメントした者です。よく見ると相変わらず大撒布しています。空が白いのはそのせいですね。
こちらは東京ですが、やはり撒き方が変わったようです。高度をかなり高くしていて、ヘリの飛来も少ないです。民間機とあまり区別がつかないようにでしょう。しかし排気にON,OFFを繰り返したり、あんなに尾っぽの長い雲は、民間機にはありえません(笑)
マシュー君のコメントはもちろんありがたいものですが、宇宙の方々に頼りっぱなしにならず、私達もこの現実を自らのこととして、より多くの人々に広める必要があると思います。

匿名 さんのコメント...

 Mr.マシューに質問させて下さい。

1.何故、君達は軍隊(銀河連邦「軍」)なのか?

2.ウィルスは君達が撒いたのではないか?
 (「中和剤」を既に持っているという事は如何なることか?)

3.「光」「愛」等の影の部分は如何なっているのか?
 宇宙は「光」より「闇」の部分が多く、「闇」から「光」が
 生まれている。宇宙を論ずるならば、「闇」を先ず、「愛」
 を言うならば、「憎しみ」「憎悪」「妬み」「嫉妬」を先ず
 語らなけれならないと思うが如何がか?

4.「太陽」の傍にブラックホールが出来ているが君達が作ったか?
 そのブラックホール(BH)の影響で地球上にガンマ線が降り
 注いでいるが君達の仕業か?人間が被曝状態になっている
 のを知っているか?

5.君達の言う「楽園」は、「寡頭政治」のファシズムの'園'か?
 ドームハウスに住めるだけの人間の数しか残さず、人口減を
 狙っているのか?

6. 7/2009にNASAを攻撃するのか?

 以上、6点について 7.Mar.2009 までに回答を願いたい。 

匿名 さんのコメント...

今色々な情報が流れていますが、冷静になって見ていく必要があると思っています。

また何かに依存していく事は、自らの気づきを遅らせる事になると思っています。重要な事は今いる私達の場所を大切にしていけなければ、私達の最も重要な事を無視して、先に進むようなものだと思っています。

闇も光も無く、そこから何を学ぶか?が必要だと思っています。この宇宙は全てはバランスだと言う事をキーワードで進みたいですね。

自分と話した彼らは、もっともらしく生きる事だと言っていました。何かを学ぶ事とは知識が役に立ってこそ本物であって、知識だけが先にいっても、それは精神とのバランスに欠けてしまうと、そうなると文明にズレが生じて崩壊に向ってしまう。と言っていました。何も知らなくても清く生きている方が余程人生において大きな価値を見つけられると話されていました。

ma510 さんのコメント...

玄さん初めまして。
ma510です。
最近の空の状態は異常だと思ってまして、ネットサーフィンをしてるうちに「ケムトレイル」というのを知りました。
こんな異常な空を浄化するのに宇宙人の方が活躍していてくれるなんて希望が見えて着ました。
マシュー君のスピリチュアルなメッセージは感動と勇気を与えてくれます。
これからも発信宜しくお願いいたします。

クリーム さんのコメント...

翻訳ありがとうございます!
わ~この雲、ときどき空で見ます!
他の雲は動いていくのに、この雲だけ定まった位置にいるので、いつも不思議に思っていました。宇宙人の浄化雲だったんですね(^^)!

マシュー君のいう、
劇的でダイナミックな変化!

・・一体どんなことが起こるのでしょうね!
あと3年、実質一年半くらいの間に大転換が起こるとは、今の状況からは想像がつかないけれど、それだけに目が離せない感じですね♪
私は地球上に残って、この変化が体験できるのかどうかわかりませんが、楽しみです。

匿名 さんのコメント...

マシュー君のメッセージは過去の二回の政府の許可を得たパンディミックと言うくだりがありそれはアジア風と香港風と思われます。

政府高官しか知らない秘密を知っているマシュー君の正体はベンジャミン氏ブログでコメントに書かれていたようにマシュー君のお母さんの気持を利用したメッセージを配信するプロパガンダだと思われます。

真実から目をそむけることなく森田さん、私たちの手で空を取り戻しましょう。

@@@@@@@@@@@@@

「情報不足なので断定はできないが、人から人への感染が拡大していることが事実である以上、パンデミックが起きることは考えて対応を進めるべきです」

 スペイン風邪のあと、「パンデミック」は2回、記録されている。1957年のアジア風邪(死亡者推定200万人)と、68年の香港風邪(同100万人)だ。ウイルスの構造はそれぞれ「H2N2」と「H3N2」で今回と違うが、10年もしくは40年周期で起きている。となると今年あってもおかしくない

@@@@@@@@@@@
新型ウイルスの最大の特徴は、「感染力」の強さだ。米国で見つかったウイルスの遺伝子構造がメキシコのものと同じであることなどが、それを裏付ける。人から人への感染力がほとんどない鳥インフルエンザ(H5N1)との最大の違いも、ここにある。国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長が指摘する。

zow さんのコメント...

利用させていただきました。by zowgen

フルフォードVSマシュー「豚インフルについて」
http://ameblo.jp/zowgen/entry-10290848183.html

匿名 さんのコメント...

まだ隠してる真実を話してください