金曜日, 3月 18, 2011

宇宙ファミリーにお礼を

今回の大震災で家族や知り合いを亡くされた方々にお悔やみと、今なお困窮の中にいる被災者の方々にお見舞いを申し上げます。みなさんに一刻も早く安全な場所と食料等が供給されること、そして被災地で身を賭して救援活動をしている方々の安全をこころからお祈りします。

いま、福島原発はすでに大災害につながる危機的な状況になっているので、それにふさわしい国家的な緊急措置を講ずるべきだと海外の批判的な主張が相次いでいます。そして諸外国は自国民たちの日本からの緊急退去を勧告しているようです。これに対して、日本政府と東京電力は、福島原発は依然として危機的ではあるけれど、放射能の放出は抑えられていると主張し、お互いに真っ向から対立しているかたちになっています。

たしかに、原発には絶対不可欠な冷却装置が完全に破壊されるという、これだけのかつてない大事故となればまともな科学者や専門家であれば国家の非常事態宣言を政府に勧告するでしょう。

もちろん原発近辺は近づけない高いレベルです。昨日からヘリコプターなどで水をかけていますが、その程度でおさまるとは子どもでも思わないでしょう。

たしかに各地で放射線量の増加が確認されているのは事実ですが、それはまだいますぐ危険というレベルではないのです。

実際、専門家は首を傾げています。「もっと放射線レベルが深刻な値になっているはずだ」と・・

これはマシュー君の言うように、私たちの宇宙ファミリーが、彼らのテクノロジーでいま放射線の影響を中和してくれているとしか理解のしようがありません。

奇跡としか言えないことが現実にいま起きていると思いませんか?

私はマシュー君をはじめ、総指揮をとっている銀河艦隊艦長ハトンと宇宙の光の存在たちにこころから感謝したいと思います。

どうか読者のみなさんも、もしこころに響くものがありましたら、感謝の念を彼らに送ってください。

無条件の愛を彼らは私たちに示してくれているのです。


鴨川の友人がふさわしい詩を送ってくれました。

*******************

今朝、生まれた詩を送ります。



「光の雨」


光の雨を降らせましょう。

みんなで光の雨を降らせましょう。

ただ、心の中でイメージすれば良いのです。

すると、この見えない光の雨が空から降り注ぎ、

破壊された原子力発電所を冷まし、

汚染された水と大地と空気と傷ついた人を癒やします。


それは、本当に降るのです。

だから、みんなでイメージしましょう、
東北地方に、
日本中に、
光の雨が降るイメージを。

キラキラとまぶしく輝く光の雨がこの島に、降り注ぎます。

1人より2人、
2人より3人、
5人より10人、
10人より100人…、
日本中の人がイメージすれば、大量の光の雨が降り注ぎます。


そして、この島は光に包まれ発光し、太陽のように輝き、
みるみる汚染された自然が蘇って行きます。

本当に、自然が蘇って行きます。

奇跡が起こりました。

神はいました。

奇跡を起こした神は、天高く遠いところにいるのではなく、
私たち一人ひとりの心の中にいたのです。


光の雨を降らせましょう。

心の中でイメージすれば、その光の雨は無限に降り注ぎます。

私たちの心は、無限の力を持っています。

光の雨を降らせましょう、私たちの愛する日本に。

光の雨を降らせましょう、私たちの愛する自然に。

光の雨を降らせましょう、私たちの愛する人類家族に。

光の雨を降らせましょう、私たちの愛する地球に。

私たちは、無限の力を持っています。





ありがとうございます。
林良樹

13 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

暖かいお言葉です,私もそう思えました、きっと本当に宇宙の友人達が頑張ってくれている気がしました。
詩も素敵です。
ありがとうございます。

匿名 さんのコメント...

宇宙ファミリー、本当にありがとうございます!メディアによる不安な報道が何度も何度も繰り返される中、とても元気を勇気を光を貰えます。貰ってばかりではなく、ここ宮城から出来る限り無心になって、光の雨をイメージし、地球にそして宇宙ファミリーに届く事を信じています。

Morita Gen さんのコメント...

熱が出たら、肝臓(右のおっぱいの下)と腎臓(背中の腰上の両脇)を湯タオルかペットボトルにお湯を入れて気持ちよい温度で温めれば下がります。丹田(おヘソの下)と足の裏も温めるといいでしょう。熱源が入手できないときは、手当てが効果的です。手をまずこすって温かくしてから、上記の箇所に手を10分ほど当てます。基本的にからだが弱っていたら腰から下を温かくするのが原則です。そうすれば腰から上はどんなに冷えても大丈夫です。

市川ふさこ さんのコメント...

仙台からです。
宇宙ファミリーに感謝します。
この詩を紹介させていただきます。
ありがとうございます。

匿名 さんのコメント...

 宇宙ファミリーと、作業員さん、消防、自衛隊その他、想像できないほどの皆さんに感謝の気持ちを申し上げます。
 被災地の皆さんのことを思うと、あとは書けなくなりました・・・
光の雨が美しく降り注いでいることを想像しながら、祈ります。 國場さんにも届くように・・・

匿名 さんのコメント...

宇宙ファミリーの皆さん、本当にありがとう!
ありがとう!ありがとう!
何百回言っても足りないぐらいありがとう!

space33 さんのコメント...

玄さんの記事、とても勇気づけられました。
ありがとうございました。
そして宇宙ファミリーに心から感謝の気持ちでいっぱいで涙がでてきました。
もう日本はダメなんだという絶望から立ち直れました。もう何があっても闇には負けない。
本当に光が降り注がれてきました、素敵な詩です。

una さんのコメント...

いわき市のHPを見たのですが、災害対策本部もありますし、避難所の人数も詳細に載っています。
「医者も警察官も逃げてしまいました」とありますが、公的機関が撤退したような状況には思えません。
「水もそこをついてます」とありますが、HPでは30か所以上の給水所が掲載されています。
なにより、なぜ真剣に、緊急の命の救助を求めてる人が、連絡先を明記しないのでしょう。

仏教では、慈悲は、慈父(突き放す愛)と悲母(包み込む愛)のバランスがとれて、はじめて成り立つといいます。
私の知人女性は、ガマンするだけでは夫のDVを助長し、「やめて!」と強く出ることで暴力が無くなったそうです。
相手を加害者にさせない、ということも愛なのです。
そのためには、自分が被害者にならない、という決意も必要なのです。

una さんのコメント...

まことに申し訳ありません。
昨夜投稿した内容は、私の過ちでありました。
ツイッターなどでは、救助要請が多数登ってるようです。
森田さんにも、大変ご迷惑をおかけしました。

やぐちみか さんのコメント...

http://meishacyakan.jugem.jp/?eid=486
こんなイメージワークもあります。


以前、鴨川でのワークショップ参加者のベビーシッターでお邪魔したものです。いつも読ませていただいています。ありがとうございます。

フラワーエッセンスには各ブランドで放射線対応のものもあり、チェルノブイリで汚染された土地の浄化の際に作られたものもあります。そのプロデューサーのひとりとコンタクトをとりながら、エッセンスボトルがなくてもできる、こんなイメージワークを作ってくださった方がいます。

この画像のT1エッセンスは国内在庫なし、入荷待ちだそうですが、どんどん送られてくるよう準備中だそうで、早く被災地に届くことを願っています。

イメージワークは楽しさやユーモアがあるととてもパワフルだと、日本人のまじめさをよく知るアメリカ人のヒーラーさんがおっしゃっているのを聞いたことがありますが
無邪気なイルカの映像にほぐされながら、なんどかワークしています。

光の雨の詩もとってもすてきですね。

いろんな形で、たくさんの光が被災地や今の地上で必要な場所に届きますように。

匿名 さんのコメント...

そうですね。
私もいろんなチャネラーや霊能者の情報があふれる中で、何を信じていいのかわからなくなってしまうのですが、なんにせよ感謝と祈りは今の日本のためにも重要だと思います。
どうもありがとうございました。

精神科医 ぽにょ さんのコメント...

大変ご無沙汰しております。

素敵な詩のご紹介と、とても勇気の出るお話をありがとうございました。

自分のブログで林さんの詩を御紹介させて頂きましたので、ご報告します。

ゆみさんのブログも日々読んで、とても励まされています。

私も、光の雨を降らせたいと思います。

ネ我申 KAGAMI さんのコメント...

初めてコメントさせていただきます。
この度は、素晴らしい詩をありがとうございました。
「光の雨」の詩をブログにて紹介させていただきました。

そして、鮮明な光の雨をイメージできる画像を探し見つける事が出来たと思います。
それは、今回の被災地福島県南相馬市の寺院「円明院」のHPにたくさんの美しい光の画像があります。
是非ご覧下さい。

きっと、イメージがしやすくなると思います。