水曜日, 8月 03, 2022

マシュー君のメッセージ(189)

 

202281

 



的確な闇の根絶、これからの事、”パンデミック”、祈りと思い、光の分配、マントラ、前の文明はいつ、どのように滅亡したか、波動エネルギー、気候変動

 

マシューです。この宇宙ステーションにいるすべての魂から心からのご挨拶をします。闇を根絶やしにする光の勢力の取り組みは的確です。いくつかの国で広く報道されている混乱はその一部であり、舞台裏ではウクライナでの戦争の収拾と、イルミナティに支配されている残りの政府を一掃するための議論が進められています。その他、世界経済、環境修復、医療産業の大幅な改善のための企画会議が進行中です。また、担当の国際グループからの招待で、これらの分野の技術的な専門知識を持つ地球外生命体(ET)がアドバイザーとして参加しています。    

 特に、すべての活動が加速モードになっているため、執拗なイルミナティが彼らのネットワークの残骸を取り除かれることに抵抗するので、混乱や不便は避けられないと思います。おそらく彼らはまた、主流メディアの偽の“ニュース”を増やし、恐怖を呼び起こすでしょう。なぜなら、彼らが存続するためにはそのようなエネルギーが必要だからです。これからの状況がどのように見えても、彼らの試みは何も成功しないでしょう・・常に高まっている波動エネルギーは、すべての光の勢力の取り組みが勝利することを保証しているのです。 

親愛なるファミリー、あなたたちはかけがえのないこの貢献者です。あなたたちのほとんどは、いわば現場にはいないのですが、あなたたちの存在そのものが、地球の生命を変容させている高い波動エネルギーを送り出しているのです。あなたたちは、そこに行くことを志願したとき、そのことをわかっていたからこそ、あなたたちは行ったのです・・愛と光のパワーこそが、素晴らしい魂であるあなたたちの真の姿です!

さて、あなたたちが書いてきている問題について、いくつか取り上げてみましょう。まず、 "パンデミック "についてです。イルミナティは、2年以上前に何十億もの人々が集団で死ななかったことを受け入れることができません。彼らは、ウイルスが次々と変異し続け、それぞれにブースターショットや新しいワクチンが必要だと主張することに甘んじるほかないのです。人々がワクチン接種後すぐに死亡した場合、その死因は“コロナ”です。ワクチンで重い副作用を起こした人は“長期コロナ”であり、ワクチン非接種者が接種者と接触して病気になった場合、単に接種していないために“コロナ”にかかったということになります。 このように、“パンデミック”のあらゆる側面でごまかしが続いているのです。闇の連中は、誰もが予防接種を受けなければ、猿痘が大流行すると主張するかもしれません・・彼らがワクチンで大儲けしていることを見落としてはいけません。

ワクチンと偽って呼ばれているものは、DNAを変化させる細胞組織、毒素、病原体、そして5G人工衛星や人々をコントロールするための装置と交信するようにプログラムされたナノチップを含む溶液であることは、繰り返し述べる必要があります。ヘビ毒がすべての溶液に含まれているのか、どれにも含まれていないのか、たまたまそうなったのか、あるいはその混合物の中の別の成分が毒と誤認され、それが憶測の始まりとなったのか、僕たちにはわかりません。いずれにしても、溶液に含まれるすべての毒性は、地球外の特殊部隊の科学者たちによって可能な限り無害化されていますし、さらにチップのプログラミングも消去され、すべての製造ワクチン中の細胞組織の毒性効力も減少しています。 

そうは言っても、僕たちはワクチン接種やマスク、特に子どもたちにはしないように強く勧めています。僕たちのメッセージをよくご存知の方は、僕たちがアドバイスをしないことをご存知でしょう・・つまり提案や時には推奨をすることを。しかし、予防接種を受けた後に死亡したり、深刻な健康被害を受けたりしている人がいるのです。そのほとんどは魂の合意での選択ではありません。ワクチンが赤ちゃんにとって安全であると主張することは、まさに悪です。

闇の人間たちがワクチン接種を義務付けるのは、ワクチン接種では感染から守れず、感染させることを知っているからです。マスクではウイルスを防げないこと・・マスクを義務付けるのは、そうすることで正しい呼吸機能が妨げられので免疫力が低下し、あらゆる種類の病気にかかりやすくなることを知っているからです。子供にマスクさせることは、脳の正常な発達も阻害します・・どうか、大事な若い命にそのようなことを起こさせないでください。        

ですから、僕たちは、仕事を続けるためにワクチンを接種した人や、著名な医療専門家や他の科学者が“ワクチン”の正体を暴露したことを知らない人の恐怖心を和らげたいのです。したがって、これまでのメッセージで言ってきたことを再び言います。光を吸収することで炭素基盤の細胞はクリスタル基盤に変わることで、(ワクチン)溶液の成分のような異物に対する耐性ができます。光を吸収することは、神が「親切にしなさい」と言ったように簡単なことなのです。さらに、広まっている波動エネルギーは光に満ちており、これも細胞の変化にとって良い兆しです。

そうです、愛するファミリー、間違いなくこの“パンデミック”は終わります! 存在する他のすべてのものと同様に、それはエネルギーです。パンデミックに関わる問題に注目していた多くの人々は、今、インフレ、食糧や燃料の不足、天候や農家の苦労、あるいは、明るい面では、休暇のことを考えているのです。つまり、集団的な思考や感情のエネルギーは、もはや“パンデミック”に集中することはなく、一貫して“供給”されない限り、霧散してしまうのです。もう、そのことにはもう何も考えないことが、その終わりを早めることになるでしょう。       

「私の祈りには全く効果がないようです。」 

まず知ってほしいのは、この宇宙の生命を支配する物理学の法則は、人それぞれの固有のエネルギーの特徴を認識しますが、祈りを他の思考と区別することはできないことです。ですから、あなたたちの人生そのものが祈りであると言ってもよいでしょう・・「祈ることには気をつけなさい」というあなたたちの格言には知恵があります。

さて、祈り・・すべての思考に・・に緊迫感や絶望感があると、送り出されるエネルギーが分断されてしまうので、“宇宙のスープ”の中が明瞭にならないのです。その“スープ“から返答がくるのですが、落ち着いていると思考は明瞭に届きます。それでも、その結果はあなたが考えていたものとは違うかもしれません。宇宙は、あなたや他の人にとって最もためになるものを提供し、それは常に魂の合意の選択と一致するのです。 

さらに、惑星地球がバランスを保つために、宇宙のはたらきには、光を最も必要とする場所に向けることが含まれています。もしあなたが特定の状況や場所に光を送ると、宇宙はそれを必要な場所に振り分けられるように、いわば整え直さなければならないのです。僕たちは、地球を金色に輝く光の中にヴィジョンすることを提案しました。なぜなら、エネルギーは最も役に立つことをするところに直接行くからです。そして、意図にはそれ自身のエネルギーがあります。愛があなたの考え、発言、行動のすべての基礎となっているとき、あなたは魂の座であるハートから生きており、その意図は、あなたがただ“存在する”ことによって放射される光を増大します。

瞑想や視覚化(ビジュアリゼーション)がうまくいかず、存在することに加えて、光を生み出す別の方法を提案できないか、と質問された皆さんへ、はい、できますよ。これまでのメッセージで、僕たちは、言葉の力・・話す、書く、考える・・について話してきましたが、すべての言葉は波動エネルギーを発していると言いました。僕たちにとても親しいブロッサム・グッドチャイルド(Blossom Goodchildという魂は、光の宇宙連合(Federation of Lightからマントラを授かりました。「私は光であり、私は愛であり、私は真理であり、あるがままである」。それぞれの言葉は、このマントラに高い波動エネルギーを増し、その変容の意図と相まって、輝きを生み出し、あなたたちの世界へと流れ出します。

(訳注:ブロッサム・グッドチャイルドのサイト:https://www.blossomgoodchild.com/

「マシューは、地球の文明社会はネガティビティ(破壊的エネルギー)によって2度滅びたと言いました。それらはいつ、どのように起こったのでしょうか?アトランティスとレムリアは、そのうちのどちらかで滅んだのでしょうか?聖書のノアの記述は、今日の文明社会の始まりなのでしょうか?」

最初の出来事は、リニアル(線形)時間では数十億年前、巨大な地震で始まり、陸地が劇的に変化し、海域の位置が変わりました・・基本的に平らだった地球の表面が海底と山脈になったのです。この地震は、数十年にわたる地震と火山噴火を引き起こし、山は高くなり、他の山や渓谷、湖、海、川が地球上に形成されたのです。

地殻変動が落ち着き、再び人が住めるようになると、他の宇宙文明社会の人々がやってきて、新しい植物や動物が導入され、再び平和な暮らしが始まりました。しかし、後からやって来た人たちは自分たちの欲望や考えを持ち、意見の相違は戦争にエスカレートし、ネガティブなエネルギーが蓄積され始めました。約10億年前に、それがあまりにも巨大化したため、突然の氷河期ですべての生命体が死滅しました。    

地球に再び生命が宿れるようになるまでには、膨大な年月がかかりました。そして新しい住民にはアトランティスとレムリアに暮らしていた魂たちがいました。彼らは現在の地球文明社会人よりもスピリチュアルに、意識的、技術的にはるかに進んでいましたが、やがて一部の人々がスピリチュアルな気づきを失い、クリスタルを兵器として使用するようになったのです。それがレムリアとその後にアトランティスを滅ぼすことになりました。両大陸の大部分は現在海底に眠っており、残りは大西洋と太平洋に島々を形成しています。地球の他の地域は、この2つの大災害を無事に生き延びました。       

何週間にもわたる豪雨によって広範囲な洪水が発生し、地球の一部が浄化されたのは、ずっとずっと後のことでした。低地の町や村の生物はすべて溺れましたが、高地に住む多くの人々や動物、そして最も丈夫な植物は生き残りました。何世代にもわたって語り継がれる物語には、家族や動物を救うために大きな船を作った男の話も含まれていたかもしれません。あるいは、“神の法”を策定した国や教会の私利私欲の支配者が、キリスト教信者に“神”に従うことの大切さを示すために、ノアと箱舟の物語を書き残したのかもしれません。

この洪水は、あなたたちの現在の文明社会が始まってからずっと後に起こったもので、それはすべての生命が二度滅びた後の再植民と同じように起こったことですが、いくつかの大きな違いがあります。それは、さまざまな宇宙文明社会から来た人々が生き残ったことです。その人々は多種多様な人種、文化、思想を抱く世界を創造し、そして高度に進化した魂たちがクジラとして肉体転生し、闇の及ばない深海に光を係留させたのです。陸上動物は、失敗した実験動物とされた恐竜のような前時代の形態よりもはるかに小さく、より知的であり、海洋のクジラやイルカのように、多くは家族的でした。木星は地球と似た環境で繁栄する動物や植物を開発するのに適していたため、高度な文明社会のメンバーが一時的にその惑星に住み、それらの生命体を地球に輸送する任務を遂行したのです。

最初は、人間も動物も植物も、魂レベルでのつながりを知っていました・・調和して暮らし、テレパシーでコミュニケーションをとり、それぞれが他のものに恵みを与えていたのです。その後、再び闇がやって来ました。闇は一部の動物に凶暴性を、人間に残忍性を植え付けました。闇は魂レベルの知識が意識レベルに届くことを妨げました・・それによって、人がそれぞれ神自身であることに気づくことをなくし、すべての生命体が魂であること、身体には自己治癒力があること、植物には治癒力があること、木には古代の叡智があるという知識をなくしたのです。闇はまた、分離、自分本位、憎しみ、恐れ、貪欲、欺瞞、偏見の概念も植え付けました。

その低い波動エネルギーの状態が数千年続きましたが、100年ほど近く前にガイアが助けを求め、はるか彼方の宇宙文明社会が地球に大量の光を送り、波動エネルギーが上昇しはじめたのです。今では高い波動エネルギーが低い波動エネルギーを大きく上回り、両極端のものは共存できないため、闇が栄える低い波動エネルギーは急速に衰えています。そして、この文明社会が目覚め続けるにつれて、人々は再び自分たちの神性を知り、すべての自然との不可分のつながりを知ることになるでしょう。 

ここは、気候変動に関する質問に答えるのに適切な場所です。気候変動は地球にとって重大な脅威なのでしょうか、それとも自然に起こるサイクルの一部なのでしょうか?政治的、経済的な問題としてサッカーボールのように前後に蹴られる視点からでは、どちらでもありません。しかし、気候変動は実際に起こっており、かなり長い間、自然には起こっていなかったのです。80年ほど前に“気象戦争”として技術が開発されて以来、イルミナティはそれを利用して、記録的な気温、数の増加と深刻さを増す嵐、竜巻、干ばつ、洪水などを引き起こしてきました。そして、石油やガス・・地球の循環系・・が抽出され、化石燃料、ケムトレイル散布、その他の有毒汚染物質が大気・・地球の呼吸器系・・を汚染し、アマゾンの熱帯雨林が何平方マイルも傷つけられたのは、どの過去の周期だったのでしょう? このような環境破壊は、気候変動による異常気象の原因となり、母なる自然の制御を遅らせているのです。  

地球の起源である高い第5密度への回帰には、地球全体が壮大な庭園であった頃の穏やかな気候に徐々に戻っていくことも入っています。当時の地形とは大きく異なっていますが、これからの変化は、山々に雪が降らなくなるとか、すべての氷河が溶けて海に流れてしまうということではありません。気温がマイナス50度まで下がる地域で温暖化が進み、猛暑の地域が涼しくなるということなのです。破滅的な洪水や干ばつがもうなくなるのです・・適切に分布した雨は砂漠を耕地に変え、湖や川、小川の涸れた底には清透な水が満たされます。そして、闇がネガティビティ(破壊的エネルギー)を生み出すこともなくなれば、地震や激しい嵐、火山噴火などとして、そのエネルギーを放出する必要もなくなります。   

愛する兄弟姉妹たち、この宇宙の全ての光の存在が、黄金時代に向けて前進する地球を助けているあなたたちを称え、無条件の愛であなたたちを支えています。

                                    ______________________ 

 愛と平和を

 

スザンヌ・ワード著

原文:Matthew's Messages

訳文責:森田 玄

 

(転載自由:原典を明記してください) 

 

 

金曜日, 7月 08, 2022

マシュー君のメッセージ(188)

 2022年7月1日 

 

波動エネルギー、進展、アメリカ軍介入の可能性、 加速モード、イルミナティの世界ネットワーク、闇の勢力、宇宙作戦、操り人形

 

 

マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちから、心からのご挨拶をします。不動産に関わる言い回しがあなたたちにありますね・・“場所、場所、すべて場所です”。この宇宙でのあらゆる場所でも、それは波動エネルギー、波動エネルギー、波動エネルギーがすべてなのです。以前のメッセージで伝えたように、あなたたちがただ“存在する”だけで、光の高い波動エネルギーを放っているのです。ですから、あなたたちが支えているいくつかの進展について話しましょう。  

何よりも重要なことは、極めて多くの闇が排除されたことです。これから数週間、そして数ヶ月の間に、さらに多くの闇が根絶される結果、イルミナティの長い支配に終止符が打たれるでしょう。

それまでは、この粘り強い集団は、できるところがあれば、どこでも混乱を引き起こすでしょう。彼らの最大の関心は、アメリカ合衆国内の彼らの支配権力の拠点を維持することです。そこから彼らの世界パワーのほとんどが培われているからです。その国の軍隊が、イルミナティが引き起こすあらゆる行為から市民を守るために出動する可能性もあります。もしそのような介入が必要になると、イルミナティは、それは軍のクーデターだと主張し、抵抗を試みるでしょう、あるいは、エイリアンの地球侵略をホログラフィーで演出してパニックを引き起こそうとするかもしれません。彼らが弱体化している状態では、そのどちらもできそうもありませんが、彼らは自暴自棄になっているので、彼らの計画に不測の事態としてある、そのような可能性を排除することはできません。

あなたたちが、いつ何が起きるのか知りたい気持ちはわかります。でも僕たちにはわかりません。毎日・・実際には、毎分です・・何十億もの思考エネルギーが起こることを決定しているのです。確信を持って言えることは、あらゆるものが加速モードに入っているので、世界中のドミノ倒しが間違いなく始まることです。

僕たちが、世界舞台の幕の背後で進行しているとあなたたちに伝えた進歩の証拠を、あなたたちは辛抱強く待ってきました。地球の光の勢力が、惑星外のファミリーと連携して行う取り組みにはまだ慎重さが必要ですが、達成されたことについての情報が開示できるようになれば、すぐにそうします。

今、波動エネルギーが別の発展をもたらしています。人々は、分断は逆効果であることに気づき、誰もが必要だと考える変化を起こすには、どうすればよいかを話し合うことこそ有益だと考えて、いわば、麦と籾殻を分けているのです。このような草の根レベルの協力的なアプローチは、改革が始まり、上へ上へと進む、文明社会の目覚めへの素晴らしい一歩となります。

もう一つの心強い進展は、イルミナティがあなたたちの不利益になるように使っていたにもかかわらず、有益に使われないように抑圧されていた技術が表に現れてきていることです。

あなたたちの上空にいる宇宙船の乗組員は、彼らの平和的な存在に人々が慣れるように、頻繁にその機体を見えるようにしています。それによって、あなたたちがお互いに、にこやかに出会い、地球にいる地球外特殊部隊が自己紹介できる日を近づけているのです。もしあなたたちが彼らの何人かに強い親近感を覚えたなら、それはあなたたちと彼らが同じ故郷から来たということを魂レベルで認識したことになるでしょう。その日が来たら、あなたたちは傷ついた地球環境を修復し、フリーエネルギーを取り入れるために協力し始めることでしょう。            

そして、高まっている波動エネルギーが、あなたたちと、あなたたち自身の神性さとのつながりをより親密に深めています。地球の人々の気づきを助けることが、あなたたちのミッションです。それが何よりも重要なことですが、あなたたちがそこにいるのはそれだけの理由ではありません。第3密度世界が、あなたたちが離れた世界にはない苦難をもたらしているのは事実ですが、あなたたちの人生は、家族や友人たち、自然の美、生産する喜びや余暇の楽しみによって実りのあるものになるようになっているのです。今は、自分の行動、あるいは行動しないことが、そのような人生の妨げになっていないか、じっと考えるのにふさわしい時期なのです。       

もっと興味のある仕事に自信を持って取り組んだり、大事な人間関係を次のステップに進展させたり、住みたい場所に引っ越したりする代わりに、臆病なまでに空回りしていることに気づくかもしれません。他人の期待に応えようとするのではなく、自分の直観に従った方が、人生をより充実にすることに気づくかもしれません。あるいは、過去のことは過去のこととして、失望感を水に流した方が幸せになれるかもしれません。自分が良いと思う特性をさらに活かし、そうでないところを捨て去りたいなら、波動エネルギーはあなたたちの忠実な味方となるでしょう。     

深く、一定な呼吸をし、十分な睡眠をとり、軽い食事にして、きれいな水をたくさん飲み、できるだけ自然の中で過ごすことで、上昇し続ける波動エネルギーにより簡単に同調することができます。ええ、これまでのメッセージでもお伝えしてきたことですが、忙しさに追われる生活には、リマインダーが必要ですから。 

そして、親愛なる兄弟姉妹たち、自分自身を愛してあげてください。志願したたくさんの魂たちの中から、あなたたちが選ばれて、宇宙の歴史の中で最もダイナミックな世界の変革に参加していることに喜びと感謝の気持ちを感じてください。さらに、あなたたちがしていることは、同時に、全宇宙にも恩恵をもたらしているのです・・それほど、あなたたちはパワフルな存在なのです。

"マシューがイルミナティはディープステートかカバルだと言っている、あなたのニュースレターを送ってきた人が、ディープステートはすべてを支配している新世界秩序(New World Orderだと書いてきました。それから、カザリアンのネオナチが世界を動かしているとも聞きました。これらは別のグループなのでしょうか、それとも同じグループの別の名前なのでしょうか?もし後者なら、メンバーは自分たちを何と呼んでいるのでしょう?また、パペット(操り人形)という言葉も耳にしました。もし彼らがグループの一員なら、誰がパペットの首領なのでしょうか?それとも、操られているのはその人たちなのでしょうか?これらのことは全て非常に混乱していて、正直なところ、それがどのグループや集団にしても、自分たちが何をしなければならないかを他の人々に命令することができるとは到底信じられません。" 

これを書いてきた人の混乱と疑惑は、目覚め始めている魂たちの間に広まっているので、明確にしておきましょう。前述の名前は、エリート主義者、一つの世界政府、秘密の政府、影の政府、一つの世界政府、など同じグループを指す名前のうちの4つです。彼らは自分たちの名前を一切呼ばず、正式な会員制でもありません。

ここでは、彼らを単に“闇の人間たち”と呼ぶことにしましょう。彼らはピラミッド型の階層を持つ世界的なネットワークを持っており、トップレベルの個人は、政府や世界中の生活に影響を与えるすべての国内・国際機関や組織で影響力のある地位に就いています。主要メディア、教育、国連、EUNATO、その他すべての同盟組織、連邦準備制度、IMFWEF、株式市場、その他すべての通貨制度、貿易、課税、保険、出版、法律と司法制度、軍隊、インターポール、CIA、その他すべての情報機関、エネルギーシステム、輸送、農業、友愛団体、宗教、WHOCDCFDANIH、その他医療産業のすべての部門、慈善基金、多国籍企業、娯楽分野などです。これらのトップにいる人間たちは、違法な麻薬産業、性的人身売買、小児性愛組織、悪魔崇拝の儀式なども仕切っているのです。    

階層が低ければ低い人たちほど、ピラミッドで何が行われているのか、自分がピラミッドの一部であることさえ知りません。底辺にいる何百万人もの人々は、自分たちの仕事が、戦争、貧困化、有毒汚染、病気によって何十億人もの命を奪うことを目的として、秘密裏に活動している邪悪な集団を支えていることを、まったく知らないのです。 

トップレベルにいる人間たちは、正に操り人形と呼ぶのにふさわしく、操り人形の主人は地球をはるかに超えた強大なフォース(力)なのです。この時点で、この宇宙の仕組みについて簡単に説明しておくのも役に立つでしょう。存在するものはすべて、ある振動数で変動するエネルギーであり、エネルギーは意識であり、それぞれの振動数には無限な範囲の波動エネルギーがあり、それが思考における意識に従って機能しています。ある文明社会のすべての人々の思考は、その集合意識です。

思考はエネルギーの一形態です。エネルギーは消滅させることができず、常に作用している宇宙の引き寄せの法則により、同じ波動エネルギーを発する思考形態は互いに引き合って集まり、クラスターを形成し、同様の形態が結合し続けることでフォースの場に成長します。闇の勢力とは、専横、残忍、貪欲、独占欲、憎悪、欺瞞、権力欲、どんな犠牲を払ってもの名声欲などから発する、最も低い波動エネルギーを持つ形態が集まった巨大なフォースのフィールド(場)です。この広大な境界なきフォースフィールドが宇宙を蛇行しながら、そのような思考形態が集合意識に含まれる文明に引き寄せられるのです。

そのような文明社会の中で、闇の勢力の波動エネルギーと一致する特徴や行動を持つ個人が、彼らの操り人形(パペット)になるのです。闇の虜となった彼らは、良心の呵責を感じなくなります。彼らの残虐行為は、他の人々に恐怖を与え、恐怖の低い波動エネルギーが、操り人形たちの支配を強めるのです。一旦、世界が闇に染まるか、別の文明社会の操り人形たちによって惑星が破壊されると、その両者は闇の勢力をさらに増大させ、その拡大したフィールドは、他の低い波動エネルギーの溜まり場に引き寄せられるまで、宇宙を漂うことになるのです。

そのフォースフィールドと同じくらい強力なのが、愛と同じエネルギーである光です。それはより強力です。そのエネルギーは、この宇宙と宇宙に存在するすべてのものの起源である創造主/ソースの本質です。愛と光のエネルギーは闇の勢力にとって忌まわしいものなので、スピリチュアルと意識レベルに進化した文明社会にとって難攻不落の要塞になっています。

では、地球の操り人形たちについて、そのさまざまな名前の由来を説明しましょう。2世紀半前、バイエルン地方に住む数人の男たちは、自分たちは他の人々よりも優れて賢いと思い、それゆえに指導者になる資格があると考えました。そして、自分たちをイルミナティ、“光に照らされた者たち”と名乗りました。同じ考えを持つ仲間には、ヨーロッパに強大な派閥を築き、さらに遠く離れた帝国を擁する王族たちを取り込んだロスチャイルド家や、同じく強大な派閥をアメリカに持つロックフェラー家などがいます。この2つの派閥が世代を重ね、結婚や事業で合併することで、その数と財産を増やし、世界中にネットワークを広げていったのです。    

しかし、少数の者が大衆を支配できるという考えは、イルミナティよりほぼ十数世紀も前に存在していました。モンゴルの部族指導者たちが西へ移動し始め、途中で征服した人々を自分たちの中に取り込み、ハザリア帝国を築いたのです。歴代の指導者たちはさらにその権力基盤を増し続け、やがてナチスも含み、それにバチカンは第二次世界大戦で協力し、そして現在も協力しているのです。“ネオ”とは、ホロコーストを引き起こした考え方が、今日の闇の人間たちに浸透していることを意味しています。

2000年前、教会や国家の専横的な指導者たちが、歴史の記録を書き換え始めました。次々と資料が除外され、部分が書き替えられ、物語が捏造され、教義が加えられ、その結果出来上がったのが聖書です。その後、メディチ家のような裕福な一族が、ローマ・カトリックの宗教とその信奉者への影響を広めるために、ローマ教皇庁に一族を送り込み、イタリアの銀行制度を確立し、次第に世界経済を支配するまでに成長しました。    

やがて、同じイデオロギーを共有する多くの異質なグループがその“傘”の集団に合体し、人類と地球そのものにとって恐ろしい敵になったのです。過去数十年の間に、世界情勢がどのように牛耳られているかを理解した人々が、人々に何を教え、読み、見、聞くかを支配することによって権力を維持してきた闇の人間たちに、そのような別の名前をつけたのです。

あなたたちの教科書や新聞、テレビ、ラジオ、検閲されたインターネットに、誤った情報や事実の欠落があふれているのはそのためです。映画やゲームが暴力や戦争を賛美するのもそのためです。それらは、闇の人間たちが繁栄し続けるための低い波動エネルギーを発する死や恐怖や破壊を引き起こすだけでなく、彼らの会社は戦争の機械を生産し、彼らの不正な財産を増やしているのです。映画やゲームでも、“エイリアン”は地球を侵略して皆を虐殺し、地球を破壊する恐ろしい怪物のような存在として描かれています。このような陰湿なマインドコントロールによって、疑うことを知らない一般の人々は、闇の勢力が望むように考え、感じ、信じるようにプログラムされているのです。

けれども、誰であっても、その直観、希望、楽観主義、インスピレーション、願望、反応を、彼らはコントロールすることは決してできません。広く行き渡っている波動エネルギーのおかげで、この聖なる内なる光は、遠くの文明社会から送られ、また地球にいるライトワーカーたちによって放射されている光を受け入れるように、多くの人々の心を促しています。

愛するファミリー、この宇宙のあらゆる光の存在たちが、ミッションを堅持しているあなたたちを讃え、比類ない無条件の愛であなたたちを支えています。

                              _____________________________

 

愛と平和を

 

スザンヌ・ワード著

原文:Matthew’s Messages

訳文責:森田 玄

 

(転載自由:原典を明記してください)

 

 

 

土曜日, 6月 04, 2022

マシュー君のメッセージ(187)

 2022年6月2日


闇の影響、地球外生命体の支援、ロシアとウクライナ、低い波動エネルギー、進行中の活動、イーロン・マスク、堕胎

 

 

マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂から心からのご挨拶をします。あなたたちの多くは、今までに何らかの真実が明らかにされることを期待していましたね。では最初に、舞台裏で闇を世界から排除するために活動している国際的なグループは、その活動を公表しないことが賢明な判断であることをまずお伝えします。現在進行中のことはすべて、そこにある闇の痕跡をすべて取り除く方向に向かっているので、安心してください。

 

たとえ小さなスケールの闇であっても、やがてそれが巨大化し、ガイアのすべての生命体を2回も滅ぼし、彼女を深い悲しみに陥れたことを理解するのは難しいことでしょう。ガイアは母なる地球であり、すべての人間、植物、動物の生命は、彼女が愛し、育んでいる彼女の子供たち、感覚を持った共同創造物であると考えるのがふさわしいでしょう。そのような惨状を二度と経験したくない彼女は、再び闇から派生したネガティビティ(破壊的エネルギー)が蓄積された数千年の間、彼女の生命体を生かすために奮闘し続けました。 

 

どこかで起こることは、あらゆる場所の他のすべてに影響します。ガイアの苦難は、この宇宙全体に知れ渡っていました。しかし、“いかなる宇宙文明社会も、要請がない限り、他の文明社会の問題に介入することはできない”という宇宙の法則に従い、無数の光の魂たちは何もすることができなかったのです。光の存在たちはこの法則を尊守し、闇の存在たちはしません。

 

80数年前、ガイアの肉体がバランスを崩して宇宙空間へ飛び出し、全滅の危機に瀕したとき、彼女は助けを求めて叫んだのです。それが、この宇宙における未曾有の時代の始まりでした。神は即座に進化した宇宙文明社会に対して、地球が必要とする膨大な量の光を送り、地軸を安定させ、深い第3密度の死の支配から抜け出し、アセンションを開始させることを認可したのです。 

 

闇の勢力が、ネガティビティを生み出す環境破壊、病気、分断、流血を続けることによって、地球上の彼らの操り人形たちを支配下に置こうとしていることを、宇宙最高評議会は知っていました。長い間、大衆は不正、貧困、戦争、恐怖というすべてネガティビティの低い波動エネルギーを発する世界に住んでいました。彼らは、自分たちにも、その子供たちにも、そのまた子供たちにも、そのような世界は望んでいませんでした。しかし、変えるのも、そのままにするのも自分たちの世界なので、自分たちは、望まないものを変え、望むものを実現することができるパワフルで神聖な主体をもつ魂であることを知る必要があったのです。

 

したがって、地球文明社会を目覚めさせ、自分たちが本来何者であるか、そして自分たちの持つパワーを知るために、地球上にも光が必要だったのです。私たちの宇宙ファミリーである地球のメンバーへの愛から、最初のボランティアグループは、光の勢力と闇の勢力との間で繰り広げられている世界的な戦いに参加するために母国を離れました。親愛なる兄弟姉妹たち、あなたたちの中にはその“最初の救援者”である人もいれば、その後に続いた何百万もの人たちの中にいる人もいます。 

 

 

地球に来て何年になるかにかかわらず、一方は恐怖、他方は欺瞞という諸刃の剣で闇の支配が維持されている世界で生きることは容易でないことは、僕たちと同じようにあなたたちも知っているはずです。しかし、僕たちがしばしばお伝えしているように、あなた方が引き受けた重要な使命は、平和で調和のとれた世界で人々が楽しく繁栄し、自然が健康と美しさを取り戻しているコンティニュウム(時空連続体)において、すでに驚くべき成功を収めているのです。    

 

地球では、戦いはピークを迎えています。イルミナティが特許を取得したコビット19ウイルスは、肉体的、心理的、経済的に人々に悪影響を与えましたが、数十億人を完全に殺すという彼らの目的を達成することはできませんでした。そのために、他の活動を強化する必要がありました。なぜなら、彼らが生き残るために必要な低い波動エネルギーは、他人の恐怖や痛みから来るからです。

 

そこで彼らは、ロシアのいわれのないウクライナ侵攻を報じ、イルミナティの国内工作員や雇われた傭兵が行う残虐行為や無謀な破壊をロシア軍のせいにし、ロシアがウクライナから先を強引に押し通し、他の国々を征服していくだろうという捏造した憶測を伝える主要メディアやソーシャルメディアの宣伝マンを通じて、その剣を凶暴に振るって

 

欺かれた国民は、ロシア軍が光の勢力と協力して、世界のほとんどの人々を根絶やしにすることを意図した生物兵器を破壊するという重要な任務を引き受けたことを知りません。ロシア軍が東欧連合諸国における数十年にわたるイルミナティ支配を根こそぎ破壊し、研究所や貯蔵施設、化学兵器の生産と貯蔵、性売買やマネーロンダリングや世界規模のコンピューターハッキングの本部を排除していることを知りません。その軍隊が、小児性愛者の組織や悪魔の儀式のために、命令された場所に輸送されるまで監禁されていた赤ん坊や小さな子供たちを救出した後、トンネルや施設を爆破させていることを知らないのです。

 

そう、そのことは以前にも話しましたが、そうした活動の多くはいくつかの国で当たり前のように行われているため、繰り返し話す必要があるのです。ウクライナはイルミナティの最も大規模な活動拠点があったかもしれませんが、彼らは他の場所でも秘密活動や工作員を持っており、最も顕著なのはおそらくアメリカであり、ウクライナと同様に、市民や世界の人々が気づくことなく、それが行われているのです。やがてその情報は、その邪悪な国際組織の主犯格の逮捕、裁判、処刑、その他の殺害など、舞台裏で進行中の活動とともに知られるようになるでしょう。     

 

親愛なる魂たち、蔓延する闇を終わらせる他の方法があれば、ガイアや他のすべての光の存在たちはそれを切に願うでしょうが、邪悪な活動の深さと広さを考えると、そうはいきません。人口のほとんどを絶滅させ、生存者からハイブリッドロボットの召使いを作り、地球の生命を危険にさらし続けるという目標を達成するために密かに活動している社会の一団とは交渉のしようがないのです。人類に対する非人道的な犯罪にふけることで存在するような密度の悪徳にまで落ち込んだ一団とは、交渉のしようがないのです。

 

ごまかしにどっぷり染まった一般市民は、そのことにまったく気づかず、多くの考えが“ウクライナに兵器を送れ”とか“ロシアを倒せ”になっているのです。そのような思考が暴力を続けさせ、それこそがイルミナティの狙いなのです。彼らは、これが自分たちと光の勢力との戦いであることを知っており、絶望的になっているのです。 

 

コロナやその変異種の過大な症例や死亡の統計が毎日大量に報告され、恐怖を煽るような報道は、人々が制限に疲れ、自分たちの生活をコントロールし始めると、勢いを失っていきました。闇の連中は自分たちの存在を維持するために恐怖のエネルギーを必要とするので、少なくとも一部の民衆に恐怖を与えるような行動を常に取っているのです。今、それは幼児にまもなく利用できるようになる“ワクチン”であり、世界保健機関(WHO)が世界の健康のためには必要だと主張する、あらゆる行動をとるための法的認可であり、さまざまな国でサル痘の事例がいくつか発生していることです。 

 

そのような状況に対する不安を払拭してあげましょう。地球外(ET)の特殊部隊の科学者たちは、毒物を可能な限り無害化し、乳幼児用のワクチンと偽った溶液中のナノチップのプログラムを消去しました。WHOは、地域レベルから国家レベルまで、何十万もの命令の遵守を強制する必要があるだけでなく、その反発は極めて手ごわいものとなるでしょう。そして、地球の潜在的エネルギー場には、サル痘が最新の“パンデミック”になる可能性を示すものはまったくありません。   

 

しかし、人々がウクライナで起こっていることの真実を知らないように、前述の状況についての真実も知らないのです。その結果、それらの事柄に関する人々の集合的な思考が、ネガティビティの低い波動エネルギーを生み出し、それが彼らの集中した関心とスピリチュアルな気づきと意識的な気づきの間に要塞のようなものを作っているのです。このことで地球のアセンションが遅らされているわけではありません・・彼女は着実に高いアストラル次元領域に向かう軌道を進んでいます・・地球の人々の気づきが遅らされているのです。             

 

そこで、あなたたちの多くが質問している、"ただある "ことに加えて、どのように手助けができるかを考えてみましょう。金色の白い光に包まれた地球をビジョンし・・ビジュアリゼーション(視覚化)は強力です!・・そして、思いやり、希望、楽観主義の光を地球のファミリー全員に送ってください。ガイアにも光を送ってください。そうです。ガイアは、現在進行中の惑星浄化によって、長い間蔓延していた悪の支配が終わることを心から喜んでいますが、人々の苦しみ、悲しみ、恐れも感じているので、光の癒しのエネルギーを必要としています。

 

あなたたちの貢献は、世界の変容の癒しと目覚めの側面を超えて、非常に貴重なものであり続けています。あなたたちが送る "ただある "という光は、すべての真実が明るみに出るのを支えるものでもあり、それは浄化のプロセスの不可欠な部分です。

 

 

愛する魂たち、自分自身のためにも何かしてあげてください。忙しさの合間を縫って、深く、ゆっくりと、リズミカルに呼吸をすることで、エネルギーの流れをスムーズにし、身体、マインド、精神のバランスを保ってください。     

 

イーロン・マスクは、光と闇のどちらのためにはたらいているのですか、という質問を受けました。そうですね、彼が一緒に仕事をしているグループについて言えば、“友は近くに、敵はもっと近くに”というのが当てはまるかもしれません。しかし、成功するために、いわば“車輪の再発明”をする必要がないように、彼は光と闇の両方の組織の上部構造にアクセスする必要があると言ったほうがより正確です。第三密度の世界では、お金が成功への道を開くのです。したがって、彼は自分の目的することを達成できるように、お金を十分に供給されており、彼の意図には何の闇も存在しません。

 

イーロンは、スピリチュアルと意識レベルに高度に進化しているだけでなく、技術的にも最も進んだ宇宙文明社会からの数少ないボランティアの一人です。彼は、地球文明社会が“はるかな星を目指し”、多次元宇宙ファミリーの一員として正当な地位を占めるのを助けることを使命とする、輝かしい先見の明の持ち主です。すべての光の存在たちは彼に敬意を表し、彼の進歩と幸福を支えるために光を送っています。    

マシュー、スピリチュアルに進化した魂は、中絶についてどう考えているのですか?

あなたたちの世界に住んでいない人の意見は、そこでは何の信憑性も与えられないでしょう。それでも、受胎は肉体を持つ文明社会の中での潜在的生命への最初のステップであり、生命そのものは新生児が最初の呼吸をするときに始まることを含め、進化した魂が知っていることを伝えましょう。

 

肉体転生することを選択した魂は、潜在的な両親の周りをうろうろし、彼らの感情を知ります。受胎が起こり、両親の魂の合意で選ばれたかもしれない中絶で終わるならば、その魂は移行します。これは、別の魂が胎児に入り、妊娠とその終わりについての両親の感情を吸収する機会を提供します。その経験は、参加している3つの魂だけの領域であり、魂が流産が起こると知っているときも同じです。    

 

例えば、赤ちゃんが生まれたとしましょう。受胎から誕生までの間、“第一の”魂との合意で、他のいくつかの魂が、発達中の胎児の中で交代で、父親がいない場合は母親の、両親が一緒にいる場合は両親の感情を吸収することがあります。その感情が強い幸福感であれ、落胆や恐怖であれ、胎児にいるその短い期間は、肉体転生の一生に相当するものを、それぞれの魂に役立つことができるのです。“第一の”魂は、発達期の数ヶ月間に母親や両親の感情をすでに経験しており、新生児の身体に入り込みます。  

 

さて、両親の魂が、受胎の結果、彼らが強く望んでいた子供が死産することを知っているとしましょう。この場合も、他の魂が胎児の発育の段階で交代で、期待する両親の喜びを経験するかもしれませんが、彼らは魂の合意の中で、自分の子供が死産する悲しみを経験することを選びました。赤ちゃんがほんの少ししか生きられなくても同じことです。         


私たちの知識は、中絶の応援団というわけではありません。しかし、多くの魂に機会を与えることと、第三密度文明社会では受胎が容易であることが、第一に考慮されるべきことです。妊娠は科学と精神(スピリット)の問題であり、それらは同じエネルギーであり、参加する魂にのみ影響を与えるので、彼らの選択は宗教的でも政治的でもありません。第三密度文明が進化し、眠っていたDNA鎖が再活性化すると、受胎は、夫婦が純粋に子供を欲したときにのみ起こるでしょう・・彼らの願望の高い波動エネルギーが妊娠のプロセスを開始させるのです。   

 

愛するファミリー、この宇宙の全ての光の存在が、地球の人々が気づきを得る助けをするあなたたちの揺るぎないミッションを讃え、無条件の愛であなたたちの旅を支えています。

 

                                          ________________________   

 

 愛と平和を

 

 

スザンヌ・ワード著

原文:Matthew's Messages

訳文責:森田玄

 

(転載自由:原典を明記願います)  


6/7 (火)駒ヶ根:「マシュー君のメッセージ」お話会
https://resast.jp/events/702451

水曜日, 5月 18, 2022

6/7『マシュー君のメッセージ』お話会のご案内

 

『マシュー君のメッセージ』の読者の皆さんへ

 




 

 



6/7 (火)長野県駒ヶ根市にて「マシュー君のメッセージ」お話会を、お母さんのスザンヌ・ワードさんをオンラインでの特別ゲストにお招きして開催します。  

詳細はこちら:

https://resast.jp/events/702451

 
オンラインでも参加できます。


では、当日お会いしましょう。


玄/ゆみ



火曜日, 5月 03, 2022

マシュー君のメッセージ(186)

2022年5月2日

 

ガイアのメッセージ、明らかになる真実、波動エネルギー、ウクライナ、政治、多くの懸念

 

マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちから、心からのご挨拶をします。あなたたちの世界で今起きていることへの不安と、起きていないことへの失望が、最もひたむきなライトワーカーたちにさえも落ち込んだ気持ちにさせています。ガイアはそのような気持ちに気づいていて、あなたたちに話したいと言っています。

            ガイア: 愛するあなたたちへ、ガイアです。神は、マシューの最近のメッセージの中に、数年前に私がスザンヌに伝えたメッセージを入れるようにと言われました。この数年間、あなたたちは非常に多くのことに耐えてきましたが、あなたたち自身のミッションが揺らぐことはありませんでした。地球での生活は決して楽なものではなく、あなたたちが時折落胆する気持ちになるのもわかります。私も、宇宙ファミリーが私の身体に光を注ぎ込み、あなたたちのような愛に溢れたライトワーカーたちが遠い星の祖国からやってきて、私を深い闇の底から救い出してくれるまでは、長い間失意に落ち、絶望していました。          

            あなたたちの愛に満ちた助けのおかげで、私は故郷への旅をしっかりと着実に進めています。そして、私と一緒になれるように、あなたたちが地球の人々に気づきをもたらす助けをしているのを、喜びを持って見守っています。地球上ではまだ進行中のあなたたちのミッションが、すでにコンティニュウム(時空連続体)の中で輝かしい成功を収めていることを知って、どうか心強く感じてください。私の心は、私の黄金時代を実現するために貴重な助けとなってくれた、あなたたちの美しい魂への愛と感謝で溢れています。 

マシュー、話させてもらい、ありがとうございます。

マシュー: ガイア、愛と勇気の言葉をありがとうございます。

では、まだ起きていないこと・・・つまり“パンデミック”に関する真実やこれから明らかになるその他の真実・・・は、これから明らかになるのですから、安心してください。惑星の浄化プロセスの一環として、すべての欺瞞を明るみに出しているのです。地球上の最も知性溢れる人たちと、彼らが宇宙から招いたアドバイザーたちが、たくさんの複雑な世界規模の大きな変化を慎重に計画し、それが最も抵抗が少なく、あなたたちの暮らしへの混乱を最小限に抑えるような形で起きるようにすることを知って、安心してください。

すべての状況は一定の周波数で変動するエネルギーであり、すべての状況は人々の集合的な思考と感情に影響されることを、何よりもあなたたちの念頭に置いていてください。それが好ましい結果への自信と楽観的なものであれば、送り出される高い波動エネルギーはそれに応じて状況の波動エネルギーを上昇させます。その逆もあり得ます・・状況に対する恐れや悲観の低い波動エネルギーは、その状況をネガティブな結果へと導きます。    

何が起こるか、そしてその結果を決定する宇宙の物理学法則の一面についてお話ししましょう・・・ある事柄についての真実を知らなくても、その法則の働きが変わることはありません。そして、真実に対する無知を利用し、時代を超えて、闇の人間たちが大衆を支配してきたのです。 

さて、これをウクライナで起きていることに当てはめてみましょう。主要メディアは、ロシア軍が実際に行っていることを報じていません。イルミナティは、何十年もの間、ウクライナがヨーロッパにおける彼らの支配拠点の中心であったことを人々に知られたくないからです。彼らは、世界から、彼らが“無駄食い者たち“と呼ぶ人々の人口を減らし、生き残った人々を奴隷にするために、恐ろしい生物兵器と化学兵器をこの国で製造し、貯蔵してきたことを知られたくないのです。

イルミナティは、何十年もの間、何千人もの女性、子供、赤ん坊をトンネルや収容所に閉じ込め、その後、性的人身売買、小児性愛、あるいは悪魔の儀式の人身御供として多くの国で使ってきたことを、一般の人々に知られたくないのです。

ロシア軍の仕業とされる残虐行為や一部の建造物破壊がイルミナティに雇われた傭兵によるものであることや、ウクライナで彼らは、違法に築いた資産のマネーロンダリングを行い、世界中のコンピュータシステムに侵入し、インターネット上の真実の情報を取り除いていることを知られたくないのです。   

こうして、一般の人々は、そのようなことを一切知らずに、ロシアに関する“ニュース”を鵜呑みにして、闇の人間たちが自分たちを存続させ、その活動を力強く続けるために必要な低い波動エネルギーを、知らず知らずのうちに発生させているのです。 では、なぜロシア軍は何百ものイルミナティの拠点を破壊し、何千人もの捕虜を救出することに成功したのでしょうか? それは、親愛なる皆さん、その闇を排除することは、地球上でその強度を増し続ける光によって支えられているからです。しかし、ロシアに向けられた低い波動エネルギーの“代償”は、部隊の任務の長期化と多くの無用な死です。    

ここで、スピリチュアルで形而上学的な性質のメッセージは決して政治を含むべきでないという見解に触れたいと思います。僕たちは、この宇宙でも前例のない時代に、惑星地球と個人のアセンションについて長々と話してきました。もし僕たちや他の光のメッセンジャーたちが、地球とその生命体が闇から解放されつつあることをあなたたちに伝えなかったら、なぜそのようなことが起こっているのか、わかったでしょうか?それが二度と起こらないようにするために、もしそれが時代を超えた政治的な決定によるものだと誰も言わなかったら、地球がどのように闇に支配されていったのか、あなたたちはわかったでしょうか?

政治とは、簡単に言えば、政府による行政です。何千年もの間、大衆は恐怖、病気、貧困、飢餓の中で暮らし、その一方で指導者たち・・教会と国家のトップ・・は、贅沢に暮らし、宴会を開き、より多くの土地と権力を得るために戦争を繰り返してきました。悲惨さ、怒り、絶望から、そして男たちが戦いに駆り出されることから、人々はお互いに、そして動物たちに対して残忍になったのです。支配者と被支配者に侵入した闇は、惑星地球を高い第5密度から深い第3密度へと降下させ、80年ほど前までそこから動けないようにしてきました。神は、ガイアの命乞いの嘆願を聞き入れ、スピリチュアルに進化した文明社会に、彼女の惑星体が生き残り、アセンションコースを開始できるよう強い光を送る権限を与えました。

あなたたちが第三密度の世界に行くことを志願したとき、どんなことに遭遇するかわかっていたはずです。しかし、宇宙ファミリーである地球のメンバーへの愛から、あなたたちは彼らを助けるために行ったのです。光が闇を根こそぎ破壊する激動の中にあっても、あなたたちが前向きで楽観的に、バランスを失わずにいられるためには、魂のレベルで知っているこの真実があなたたちの意識レベルに届く必要があると、僕たちは述べてきました。あなたたちの一部は、僕たちがこのことで、“一方の側に立っている”と思っています。愛する兄弟姉妹たち、確かに僕たちは光の側にいます。この戦いは決して党派的な政治に関するものではありません・・それは、闇の人間たちが民衆を分断し、欺き、操ってきた方法の1つです。戦いは常に、光対闇だったのです。   

主要メディア、教育システム、宗教は、地球の長い暗黒の歴史の一部であるため、そのことに触れません。真実が明らかになり、人々が混乱し、幻滅し、取り乱し、怒り狂ったとき、あなたたちは彼らを癒し啓発する役となるのです。内戦、国際紛争、世界大戦、著しい不正、飢饉、病気、貧困、際限のない環境破壊を引き起こしてきたのは、“敵国”ではなく、政治指導者たちの闇であることを、人々は知る必要があります。

主要メディアや学校教育では、特定の国が侵略者として、平和で民主的とされている国の敵として描かれることがよくあります。戦争の勝者の目的に叶うようにすり替えられる“黒か白か”という国の分類は、今の時代には当てはまりません。かつて、主にイギリス、スペイン、オランダ、フランス、ポルトガルが先住民を征服し、世界各地に帝国を築いた時代には、そうでした。そして、豊かな資源が発見され、交通手段が発達するにつれて、商業という相互利益が生まれ、さまざまな社会的色合いを持つようになりました。 

それでも、少数の権力者が大衆を虐げ、戦争を当たり前のようにしてきました。そして、大衆は、人々が親切で、正直で、助け合う平和な世界に住むことを望んできました。親愛なるファミリー、あなたたち自身が光であることによって、そのような生き方、そのような世界は、スピリチュアルと意識レベルの気づきと、愛によるつながりからもたらされるということを体現しているのです。この宇宙の真理にハートを開くためのあなたたちの助けは、ガイアが言ったように、“かけがえのない”ものであることに変わりありません。 

あなたたちの中には、中国の意図に疑問を抱いている人もいます。過去数十年間のこの国の発展を列挙したある読者は、こう尋ねました。

「マシューがこのテーマについて少し詳しく、彼やニルヴァーナの魂たちが中国の人々の使命をどのように理解し、彼らが全人類にどのような恩恵をもたらすかを、言ってくれることは可能でしょうか?」

僕たちは、中国の進歩が目覚ましいと言うとき、独裁政治や“再教育プログラム”、“パンデミック”の継続を見過ごしているわけではありません。しかし、この先最も重要なことは、この国の指導者が分裂していることです・・・ある者は、厳しい統治とアフリカでの利己的な拡大を続けようとし、ある者は、すべての暗闇の名残りを終わらせ、世界の全人口を繁栄させ、環境を回復させようと望んでいるのです。

後者の方法は、中国だけでなく、多くの国々で急速に広まっています。イルミナティに支配された指導者たちがワクチン接種を推し進め、世界世論をロシアに対抗させようとしている国々では、この方法は抵抗を強いられています。こうした指導者たちが、世界中で高まっている先見性のある運動と一体となって行動する人物に取って代わられるのは、そう先のことではないでしょう。   

では、他の事項について、あなたたちから寄せられた懸念について簡単にお答えしましょう。核弾頭を搭載したミサイルが誤って発射された場合、そうです、宇宙ファミリーのメンバーがそれを探知して、その起爆を防ぐでしょう。意識と自由意志を、命令に従順な人工知能に置き換えるという闇の計画は、決して日の目を見ることはないでしょう。5Gの普及はしばらく続くでしょう。そのシステムが無害になるまでは、宇宙人たちが脳細胞にダメージを与えるその放電を大幅に削減し続けるでしょう。また、地球の汚染が止まるまで、大気、水、土壌の毒性物質を減らし続けるでしょうし、それはそうなります。長い間抑圧されてきたテクノロジーが解放されますが、すぐには広く利用されることにはならないでしょう。また、輸送や電力にフリーエネルギーを導入するのにもしばらく時間がかかるでしょう・・新しい車や家電製品がすぐに時代遅れになることはないでしょう。デジタル通貨で世界経済を支配しようとするイルミナティの計画は挫折しています。    

深刻な食糧不足に陥った場合、市民団体の寛大な心と慎重な行動により、手に負えなくなることを防ぐことができます。食糧不足の背景には、他のすべての物品コストが上昇しているという事情もありますが、ここでも、賢明な行動と資源を分け与えることで、事態を切り抜けることができます。物不足もインフレも長くは続かないでしょう。 

最終的には、あなたたちの世界のあらゆるものが“愛と至福”になるのです。しかし、その崇高な世界への道程には、混沌とした局面が存在することもお伝えしなければ、私たちは誠実さに欠けることになります。まだ生きているイルミナティは、世界を支配しようという彼らの目的が絶望的であることを受け入れておらず、彼らは不安な状況を引き起こしたり、永続させたりし続けるでしょうが、その努力も長くは続かないでしょう。あなたたちには、そうした困難に対処し、他の人たちも助けるための経験、内なる力、生来の知恵があります。

愛するファミリー、あなたたちの忍耐と光の中での揺るぎない心は、近い将来の歓迎すべき変化と、はるか遠くのたくさんの素晴らしい変化で、十分に報われるでしょう  この宇宙のすべての光の存在たちは、前進するあなたたちを応援し、無条件の愛の比類なきパワーでサポートしています。                 

 

                       ________________________                                    

 

愛と平和を

 

スザンヌ・ワード著

原文:Matthew's Messages

訳文責:森田 玄

 

(転載自由:原典を明記してください)